ピアノ:鍵盤・タッチ感に抵抗 | sora-note 空音 .女性ピアノ調律師.
新型コロナウイルスに関する情報について

sora-note 空音 .女性ピアノ調律師.

お客さまが自然体で接することの出来る環境を作りだすこと.....
技術の向上と共に、私たちが一番大切にしなければいけないことだと考え、日々活動させていただいております。
sora-note[空音]代表:木佐美 聖子(Seiko Kizami)     https://sora-piano.com/

今年はしっかりとした梅雨雨

ジメジメと湿度の高い日が続いています。

気温が高い日も多くなり、蝉の鳴き声も聞こえてきました。太陽がキラキラと輝く暑い暑い夏は、もうすぐそこまで来ていると感じる今日この頃です晴れ

 

さて、

<ピアノの不具合について>

鍵盤を押した奥の所でもたつきがあるように感じる

*お客様からのお問合せです

 

<上記症状改善のためのピアノ部品の修理>

【ピアノの動き】

①鍵盤を弾くとハンマーが弦を叩いて音が出ます

②鍵盤から手を開放すると、全ての部品は元の位置に戻り、音が止まります

 

①-1鍵盤を弾くとハンマーが弦を叩いて音が出ます

②-1鍵盤を押し下げた状態のままにすると、音が鳴り続け減衰します。

*この時、内部の部品は弦を叩いた後、元の位置の途中のポジションで静止しています。弦を叩いた後のハンマー(丸い形の白い部品)は、その背中をバックチェック(長方形の茶色の部品)に支えられて落下することなく静止します。このハンマーとバックチェックはしっかりとした力でお互いを受けとめる必要があり、その力のかかる箇所がすり減ってきます

 

バックチェックの皮がすり減り、ハンマー受けとめ位置に段差が出来たり切れてきています↓

 

 

新しいバックチェックの皮に交換↓

 

 

 

このバックチェックの消耗による不具合は、お客さまからのお問い合わせ内容だけでなく、お弾きになられていて感じる症状は他にもたくさんあります。新しい皮になったことで、ハンマーとバックチェックのしっかりとした関係が復活して不具合がなくなりました。

 

そして…紛れもなく

この消耗はたくさん弾きこんだ証拠です合格合格

 

 

……………………

●新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し以下の通り、昨年2月後半より継続対応を実施致しております。

 

【sora-note空音 感染防止対策内容】

〇うがい・手洗いの徹底

〇外食・会食禁止の徹底

〇外出時のアルコール消毒液の携帯
〇外出時及び勤務中・移動時・ご訪問調律作業中のマスク着用
〇ご訪問直前のアルコール消毒

〇マスク着用徹底のためお茶などのお心遣いは全てご遠慮させていただいております
〇発熱や風邪の症状・だるさ・嗅覚や味覚の異常等がみられる場合はご訪問を控えさせていただきます

 

●皆様の安心・安全確保を目的に対策を徹底して参ります。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

………………………

花キャリア20年の女性ピアノ技術者が、安心の技術を提供させていただきます。お客様の大切なピアノを、女性ピアノ調律師ならではの細やかさで、丁寧にメンテナンス致します。

………………………

花 sora-note 空音  https://sora-piano.com/

花お問合せはこちらより