キヅタ月の始まり☆ | 木製魔術道具作家☆古代神聖文字ルーン&オガム マスター☆そらのともしび Official Blog

木製魔術道具作家☆古代神聖文字ルーン&オガム マスター☆そらのともしび Official Blog

ケルトの神聖文字・オガム文字&ゲルマンの神聖文字ルーンを使ったリーディング、アカシックレコードリーディングのご依頼の他、遠隔ヒーリング、ルーンリーディング&マジック講座やワンド作成ワークショップ、オリジナル木製マジカルグッズをご提供しているサロンです。

本日9月30日より10月27日まで
ケルトの木の暦では『キヅタ月』となりますアイビーきらきら
 


Photo by KENPEI

ケルトの人々が愛した、セイヨウキヅタは

ウコギ科キヅタ属の常緑つる植物。

 

ツタと一言で言っても、

沢山の種類がありますよね。

 

綺麗に紅葉し、冬になると葉が落ちてしまうツタは

ブドウ科ツタ属のつる植物。

日本ではこちらをナツヅタと呼んだそう。

今回まとめるウコギ科キヅタ属のツタを

フユヅタとして、区別していたようです。

 

ウコギ科キヅタ属は常緑なので

冬でもその緑を保っている姿を見て

フユヅタと呼んだのでしょうね。

この月が何故キヅタ月なのかなと思いつつ
セイヨウキヅタについて調べてみたら

9月~11月に掛けて、

花を咲かせることがわかりましたひらめき*

 


 

前のブドウ月でブドウやフランブルを収穫し終わった頃
キヅタが黄色い花をつけ始めていたんでしょうね。
そう想像してみると、本当に自然がカレンダーだったのだなぁと
ちょっとだけ疑似体験できるようです好
 


ガーデニングもどんどん定着して来た昨今

アイビーは街の至る所に植えられていて
結構目にすることがありますし
たま~に、昔からの家屋の壁をツタが覆っている・・・
なんて姿に出くわす事もよくありますが
花が咲いているのを見たことがない気がするんですが

これは...何故なのかな...?

 

家にも観葉植物として

ツタは何種類か育てているのですが

どれも花を咲かせるところを見たことがなく。

まぁ、水栽培のものもあるので

栄養が足りなかったりで咲かない、という事は

あるかもしれません。

 

だけど、家の近所の常緑性のツタでも

見掛けたことがないように思います。

何か条件などあるのでしょうか?

 

こちらはちょっと時間切れで

納得いくまで調べる事が出来なかったので

次回の課題にしたいと思っています。

 

さてさて、ヨーロッパで見掛けるような
もはや木!!みたいなキヅタさんには

この大都会ではなかなか
お目に掛れないと思うのですが......

流石、林試の森公園さんひらめき*
わたしはこちらで初めて

逞し過ぎるキヅタに出逢いました↓2↓コチラ
 



キヅタって、木、なんだなぁと大感動!!!
ムクノキさんに寄り添う・・・というか
包み込むようにしておりましたsao☆ビックリ

『ケルトの植物』の中でシュトルルさんは
キヅタはとても長生きな木で、

400年くらい生きると書いていました。

普段日本在来の種や一般的に

観葉植物として扱われているアイビーを見ると、

『本当かな?』と思ってしまいますが
この写真のキヅタさんを見れは、なるほど納得ですひらめき*

またキヅタはとても古い植物で
古生代の白亜紀の真ん中あたり、古白亜紀
(アプチアン~アルビアン
1億2500万年前~9960万年前)
には既に存在していたようです。

(この古白亜紀は、植物進化の中心と言われているそう。)
 



このように、木々に寄り添うように葉を茂らすキヅタは
友情と信頼のシンボル星でもありました。

それが残っているのか、キヅタの花言葉は
『永遠の愛』『友情』『誠実』とのこと。

そして、時に寄り添う、というより、絡み付いて離れない姿を
女性の執着や束縛を象徴していると見られていましたが
それも花言葉に残っているようで
『死んでも離れない』といったものもありましたsao☆!!
(まぁいい意味で捉えれば、一生添い遂げるってことで、ね汗

 

 

日本でも、『形が美しい事』の他に

『この絡みついて離れずに繁栄する』

といった習性を、紋様(家紋)にして

愛用していたようです。

江戸時代、文化人に大人気だったとか。

 

某円盤レンタルのお店の屋号も

多分この植物のツタと関係ありますよね。

こういう部分もあって、なのでしょうかね?

 

(蔦紋の一例 Wikipediaより)

 

特に、ツタが絡んで茂っているさまを

馴染み客と一生離れないことにかけて

遊女が好んで用いた、という話が残っていて、

『これもナチュラルマジックだ!』と感慨深く、

上に上げた、ヨーロッパの古の言い伝えと

合致している部分に面白さを感じつつも、

同時に、安野モヨコ氏の『さくらん』を思い出して

切なくもなってしまいました...えーん

 

(昨年9月に池袋で行われた、安野モヨコ展にて。

写真撮影OKの太っ腹展覧会!

Amazonのリンクが貼れなかったのでこちらを。)

 

 

さて、ケルトのドルイド達は、

キヅタがこのように絡み付く様を
のようだとらえました。

のちに伝わるキリスト教では

忌み嫌われる蛇ですが
ケルトの人達にとって蛇は
とても重要な意味を持つ動物だったようです。

アイルランドにキリスト教を伝えたという
聖パトリックスは、布教と同時に
アイルランドにいた蛇を追いはらった、

という伝説が残ってますが
これってとっても象徴的な伝説だなぁと

個人的には感じます。

今でもケルティックデザインの

アクセサリーなどには
蛇のモチーフの物が沢山ありますよね。
当時も、ケルトの王様が首などに

着けていたアクセサリーの『トルク』にも

蛇モチーフのものがあったそう。
 

(蛇の物はなかったのですが、

動物モチーフのトルク。wikipediaより。)

蛇は、脱皮して大きくなります。
そんな姿から、

絶えず自分を成長させるものとして、
また冬の間は冬眠し、

春になるとまた目覚めて現れる姿から
不死の生き物に見えたことから
『再生』『永遠の命』の象徴とされました。

こういった事は、世界各地の

古代文明でもみられていて
ウロボロスという図案として残されています。
 

 


蛇が自らの尾を食べるという姿に、

始まりも終わりもない
完全なもの、永遠なもの

また永遠に続く輪ということから
循環して行く生命の原理

表していたようです。

前月のブドウもそうですがツル性の植物は

螺旋という象徴も体現していて
それはそのまま宇宙のサイクル
(太陽と月、その他の天体のサイクル、
自然界の季節のサイクル、

動植物の生と死のサイクル)
を表すものでもありました。

『マギノビオン』第4枝、

『マソーヌイの子マース』に出てくる
アランロド(アリアンロッド)は
ケルト神話(ウェールズ神話)の月の女神ですが
彼女に捧げられた樹木がキヅタでした。

ウェールズ語でアランロドは

『アリアンフロド』というそうですが
これは『銀の輪』『車輪』という意味だそう。
月は暦にも使われるくらい、

サイクルを象徴する天体ですから
キヅタが捧げられたのも頷ける気がします。

また、蛇が原始的な生き物である事、
再生と不死(に見える)の力から
生命力を表しているように思えたことからか
女性の力の象徴としてみられていたとか。

ツタが絡み付く性質を女性の執着とみたことと
蛇が女性の力の象徴ととらえられていた事も
なんだか微妙にリンクしているようにも思えます。

また、キヅタは冬も緑色を保っているので
セイヨウヒイラギやヤドリギと共に
冬至(ユール)の頃に住まいや

神聖な場所を飾りました。


キヅタ月には、

今まで気になっていたことなどについて
深く探求するのに向いている

と言われています。

10月は気候もいいですし連休もありますから
今まで気になっていたけれど
何故か行く機会が持てなかった場所に
思い切って行ってみるのもいいでしょうね電車はっ

そして、オガム文字のキヅタ『ゴート』の

意味にもあるように
『自己の探求』 『悟りへの探求』

などもよいようです。
気になっている事、

勉強して深めていきたい事に
チャレンジしてみるのもいいかも。

アクティブに

何かに取りかかる気持ちになれないな・・・どよーん・汗
という方は、もしかしたら、

自分の内面への探求の時期なのかも・・・!?
この機会に少し意識してみるといいかもしれません。

キヅタの作る螺旋の形は
自分の中の小宇宙やこの世の不思議の魅力に
深くはまりこんで行く集中を誘うかのようにも思えます。
瞑想などもいいかもしれませんねhanemono.キラキラ


キヅタのマジックも調べたのですが
インボルグ(2月2日頃)に行うものだったので
その時にまたご紹介したいと思いますぐぅウフフ

そこで代わりに、イギリスに伝わるSpellをご紹介ひらめき*
TREEお誕生日に樹木と行うSpellTREEです。


まず、御自宅のお庭でも公園でも構いませんので
お気に入りの木を探してその側に行きます。

折角ですので、ケルトの木の暦の
ご自分の対応月の木を探されてもいいかも人差し指キラキラ

(ケルトの木の暦のそれぞれの月に生まれた人は
対応する樹木の神聖な力を受け継いでいると
考えられていました。
日々の生活の中にその樹木を取り入れてみたり
意識すると、自然との繋がりがより感じられたり
新しい視点に気付いたりするかもしれません蝶々淡yellowキラキラ

*********************************************

TREEケルトの木の暦
TREE
(期間と対応樹木には諸説あります。
月の名前をクリックすると、その月の説明にジャンプしますクリックくりっく


シラカバ月 12月24日~1月20日
ナナカマド月 1月21日~2月17日
トネリコ月 2月18日~3月17日
ハンノキ月 3月18日~4月14日
ヤナギ月 4月15日~5月12日
サンザシ月 5月13日~6月9日
ナラ月 6月10日~7月7日
ヒイラギ月 7月8日~8月4日
ハシバミ(リンゴ)月 8月5日~9月1日
ブドウ月 9月2日~9月29日
キヅタ月 9月30日~10月27日
アシ(エニシダ)月 10月28日~11月24日
ニワトコ月 11月25日~12月23日

お誕生日がクォーターディあるいは

クロスクォーターディなどの方は
以下の樹木もご参考に↓1↓コチラ

春分 3月21日頃 ハリエニシダ
夏至 6月21日頃 ヒース (エリカ)
秋分 9月21日頃 ヤマナラシ
冬至 12月21日頃 イチイ

 

インボルグ 2月1日 ナナカマド

ベルテーン 5月1日 サンザシ

ルーナサ 8月1日 ヒイラギ

サウィン 10月31日 リンボク

 

盛り行く半年の始まり 12月23日 パイン (オウシュウアカマツ)

 

**********************************************

木の下に立ったら、上にある枝などよく観察しながら
枝振り、色、木肌などをご自分の言葉で褒め称えますハート

そして、木に手をまわして抱きしめながら、下の呪文を唱えます。
(抱きつけない場合は、そっと葉っぱや枝を触ったり
イメージで抱きしめてみてくださいね。)

『あなたもわたしも、1つ年をとりました。
わたしは人間、あなたは木
男神と女神(あるいは精霊たち)がわたしたちを祝福して
年輪と共に知恵を授けてくれますように
魔女と月キラキラ


お誕生日じゃなくっても
もし出掛けた先で自分のお誕生日の対応樹木に出逢ったら
語りかけてみてもいいかもしれませんねきゃー

素敵なキヅタ月をお過ごしくださいアイビーキラキラ



【参考文献】
『Celtic Divine Ogham ~古代ケルト ドルイドの叡智』
吉田 深保子著
『ケルトの植物』 ヴォルフ=ディーター・シュトルル著
『Voice of the Trees』  Mickie Mueller著
『The Celtic Tree Oracle』  Liz and Colin Murray 著
『願いを叶える魔法のハーブ事典』 スコット・カニンガム著

***********************************************

魔女と月企画展参加のお知らせキラキラ

 

作品をお取り扱いいただいている

世田谷・奥沢にあります不思議かわいい雑貨店

アランデルさまにて、9月1日(金)より開催

『魔法学校の文具店』に参加させていただいております。

 

 

普段文房具類は作品として作っていなかったので

テーマをいただいてから、

『木製表紙のノート、作れないかな?』と

実験を始めました。

 

魔女と月キラキラBook of Shadows風ノート(本革使用)

(中身は市販のシステム手帳リフィルがご使用になれます。)

 

古ぼけたイメージを形にするのが難しく

試行錯誤に時間が掛かってしまいましたが

なんとか完成。

 

ありがたいことに、初日に完売、また追加分も

完売となったそうです。

本当に嬉しい限りですえーん

お求めくださりまして、ありがとうございました!

 

また、新しく『ペンデュラムリーディングセット』

納品しております。

 

 

初めてペンデュラムを扱う方を想定して

使い方解説書をつけました。

白樺・オーク(ナラ)・トネリコ(タモ)の全3種類。

 

そして、『ルーンリーディングチップセット』ですが

今回は『神代タモ』と『サクラ』で制作しております。

(こちらも完売しておりますが、『神代タモ』

『イチイ』の素材で近日納品予定です。)

 

 

神代木というのは、1000年以上土に埋まっていた

木の事を指すのだそうです。

大体、工事などで地面を掘る事で発見されるそう。

土に埋まっていたので、灰色掛かっているのが

特徴です。

 

この他、ミニワンド、白樺の箒なども納品しております。

 

 

 

企画展には錚々たる作家さまが参加しており

わたしも近々お邪魔しようと計画中です。

(そんな作家さまの末席に加えていただけまして

緊張しつつもありがたさを噛みしめている今日この頃。)

 

自由ヶ丘、奥沢方面にお立ち寄りの際は

是非足をお運びくださいませ。

 

どうぞよろしくお願いいたします虹

 

****************************************

魔女と月講座・WSのお知らせキラキラ

 

トリケトラ パープルルーンリーディング講座@川崎・溝の口

 

2017年 11月以降開催予定 

13時~18時ごろ 【定員4名】

 



ルーン文字の意味・解釈の他

文字の起源など歴史の部分も

重点的にお伝えしています。

また、占い全般を行う上での心構えや

準備の方法もお伝えしていますので

占いが全く初めての方でもご参加OKハート櫻井さんOK


オーク ルーンオリジナル

    ルーンリーディングテキスト 2種類

ルーン文字 ガーヒノキ製ルーンチップ

    (オーガンジーポーチ)付き
 

平日(月・火・木・金)でしたら
ご都合に合わせて開催可能です。
第3希望までお日にちをお書きの上
こちらのフォームから

お問合せくださいませクリックくりっく

基本的には2名さま以上で開催とさせて
いただいております。
お日にちが決定次第、募集を掛けさせていただきます。

おひとり開催も可能です。(女性限定・要相談)
土日開催ご希望の場合は、
改めてその旨ご相談くださいませ。

 

大変申し訳ございませんが、

男性の方でご参加ご希望の方は、ご紹介、また

女性の方とお二人でのご参加のお願いをしております。

ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。


★詳しくはこちらをご覧くださいませクリックくりっく

★お申し込み・お問い合わせはこちらメールくりっく

 


トリケトラ パープルワンド作成ワークショップ@川崎・溝の口

 

2017年 11月以降開催予定 

10時~16時半ごろ 【定員3名】

 


平日(月・火・木・金)でしたら
ご都合に合わせて開催可能です。
第3希望までお日にちをお書きの上
こちらのフォームから

お問合せくださいませクリックくりっく

基本的には2名さま以上で開催とさせて
いただいております。
お日にちが決定次第、募集を掛けさせていただきます。

おひとり開催も可能です。(女性限定・要相談)
土日開催ご希望の場合は、
改めてその旨ご相談くださいませ。

 

大変申し訳ございませんが、

男性の方でご参加ご希望の方は、ご紹介、また

女性の方とお二人でのご参加のお願いをしております。

ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。


どうぞよろしくお願いいたしますぺこりぺこり