ブドウ月の始まり☆ | 木製魔術道具作家☆古代神聖文字ルーン&オガム マスター☆そらのともしび Official Blog

木製魔術道具作家☆古代神聖文字ルーン&オガム マスター☆そらのともしび Official Blog

ケルトの神聖文字・オガム文字&ゲルマンの神聖文字ルーンを使ったリーディング、アカシックレコードリーディングのご依頼の他、遠隔ヒーリング、ルーンリーディング&マジック講座やワンド作成ワークショップ、オリジナル木製マジカルグッズをご提供しているサロンです。

今日、9月2日~9月29日までは
ケルトの木の暦では『ブドウ月』ですぶどう



Photo by def110


木の暦のことは以前もちょっと書きましたが

★過去記事矢印『自然の表す文字~ケルトの木の暦について~』

後世の人々が想像してまとめたものもあれば
地域的な問題によって、一部違った解釈のものがあったりします。

例えば、オガム文字の順番から行くと
この期間は『リンゴ月』となり、『リンゴ月』としている暦もあります。
これは、もともとアイルランドなど北の方ではブドウは
寒過ぎて育たず、固有の種がなかったから、なのかもしれません。

また、別の捉え方では、リンゴ月はこの前の月
『ハシバミ月』と同様の期間と考えられてもいるようですが
ここでは『ブドウ月』でみて行きたいと思います。

(もしお近くにリンゴの木、ブドウの木がある方は側へ行って
それぞれ体感してみても面白いかもしれませんねぐぅウフフ

北の方に住んでいた人達がブドウを知ったのは
ローマ人がブリテン島に侵略してきた時、と考えられているようです。
イタリア、といったら今でもワインを思い浮かべる人が多いように
ローマが栄えていた時代も盛んに作られていて
きっとワインも携えて海を渡ったのではないでしょうか?
今現在は、アイルランドの南部にごく僅かだけれど
ワイナリーも存在しているそうです。

ですので、その当時ブドウととらえられていたのは
ブラックベリー(ブランブル)だったとか。
そのまま実を食べる事も出来ますが、ワインを作るのにも使われます。


実はこのドルイド薬草カードのイラストには
ムイン(ブドウ)を示す文字が刻まれています。
(やや左寄りにある、石に刻まれています。)

現在でも、この文字はブドウなのかブランブルなのか!?
研究者によっては論争が繰り広げられているとかsao☆!!

オガム文字にはつる植物が3つ登場します。
ブドウ・ツタ・スイカズラです。

ケルト芸術の特徴である螺旋模様は、『意識』と『無意識』
絡まり合った姿を象っているものでもあります。
また、永遠に続く命の連鎖の象徴とも言われています。
つる植物が木の幹に螺旋状に絡まり合って行く姿は
それらになぞらえられ、神聖な木と見られていました。

ですから、のちに知られるようになり
ヨーロッパでは欠かせないものとなったワインを作るブドウにも
同じように当てはめて受け入れたのではないかと思われます。

3つの植物はそれぞれ違った意味があるのですが
共通するメッセージがあります。
それは、『自分を縛るものから解き放たれる』ということ。

つる植物は、他の木々に巻き付いて大きく成長していきます。
時には、木々を覆う程になって、陽の光をさえぎり
木を枯らせてしまうこともあるとか。

そういった特徴が象徴するように
知らず知らずに、自分が窮屈だと思う場所に留まってしまったり
エゴによって、こうした方がいいと思い込んでしてしまっているような
自分に自分で絡み付かせたつるを解き放って
リラックスする事、自分の想いを外に出すこと、などの
メッセージを持っているのです。

ブランブルはバラ科キイチゴ属の植物。
ブランブルは半常緑低木なのでツルはありませんが
バラ科ですので、ツル性の仲間達もありますよね。

それに、ブランブルの意味の特徴はなんといっても『棘』

そう言った意味では、ルーン文字の棘を意味する『ソーン』とも
同じような意味があったりもしますが
正位置では『定着』とか『粘り強さ(しつこさ)』だったり
逆位置では『窒息』なんて意味もあったりしてsao☆ビックリ
どことなくブドウなどのつる植物の意味と重なるところも伺えます。

そんないわれのあるブドウ月。
世界各地の気候によっても大分差はありますが
フランスなどはワイン用の葡萄の収穫時期は9月頃

ブランブルにも実は、収穫する時期が決められていて
秋分の祝祭時期に全てを摘んでしまわなくてはならない
とされていました。

(これにはちゃんと根拠があって
実が取れる時期は6月頃から9月とのことですが
秋分を大分過ぎ、9月下旬ごろになってくると
その実にタンニンが増えていて、苦くて美味しくなくなって
しまったから、このように伝わっている、ということのようです。

やっぱりちゃんと、季節が示してくれている
植物の一番象徴的な時期を暦にしているんだなぁ・・・と
感激しちゃいますきゃーキャー

この時期は、収穫の時期を終え、ほっと一息ついていい時。
ちょうど夏の疲れも出易い時期ですよね。
元気だからとバリバリ動かずに、ちょっとした時間を見つけて
意識的にリラックス出来ることをしてみるといいかも。
それがのちに、次の原動力や機動力となって行くので
ちょうど夜が長くなっていく季節
ゆったりと過されるといいのではないかと思いますhanemono.キラキラ*

最近はバスオイルやバスソルトなども沢山出ていますので
お気に入りの香りを選んで入ってみたり
どうせだったらこの機会に『ワイン風呂』なんていいかもすまいるキラキラ
最近はスーパーなどでも、お安いボトルを見掛けますしね。

そう言えば、かの有名な箱根の温泉施設
ユネッサンにはワイン風呂がありますよねワインボトルはっ
ちょうどボジョレーヌーボー解禁の時に出掛けたことがありました。
時間になると、惜しげもなくボトルに入ったワインを
入れてくれるサービスがあるんです。
(もしかしたら、お風呂用になってたかもしれませんがどよーん・汗

ワイン風呂、なかなか好かったですよ!!
ボジョレーの解禁日は11月の第3木曜日。
確か標高が高い所為もあって
凄く寒かった気がしましたが、確かに温まったかも。
香りも好くてお湯の色も綺麗ニコニコ
(アルコールが香って酔っぱらう・・・ってことはありませんでしたが
それはわたしが呑んべぇだからでしょうか・・・ゆるキャラ汗

効果を調べてみたら、『美肌』『血行促進』とありました。
作り方は、ワインをボトル1/2~1本、お湯に入れてかき混ぜるだけ。

ゆったりリラックスして、夏の日差しで疲れた肌も癒して
新たなスタートに向けて充電するのも好さそうですね。
そうそう、ワインを使ったマジックを探していたら
恋のおまじないがずらりと出て来ました。
(未成年なので、『ブドウジュースでもいいですか・・・』
なんて質問もsippai;*

意中の男性をゲットしたい方、自分にピッタリの人を探したい方は
調べてみてもいいかもしれませんひらめき*

それでは、素敵なブドウ月をお過ごしくださいねはあと