『 愛 』とは

 

例えて言うなら…

花が、しおれそうになっていたら、水をあげたくなるようなものです。

 

好きな花、あまり好きじゃない花… そこに分け隔てなく

水をあげたくなるようなものです。

それが…どこの花であろうとも、

友人宅の花であろうとも、見知らぬ家の庭先だろうとも

誰の所有であろうとも、

水を与えたくなることです。

 

枯れそうにもなっていないのに

水を与えることは、愛ではありません。

 

 

 

私たちは、なぜ…

花には等しく想いを表現できるのに

人には好きな人にしか水を与えないのでしょうか

 

なぜ、求められた時だけに水を与えようとするのでしょうか。

 

なぜ、求めていないのに水を与えようとするのでしょうか。

 

根を腐らせてしまったら、もう…元気を取り戻すことは

難しいというのに…。

 

 

だからといって…

求めていないのだから与えなくていい…とか

求めていても甘やかす必要は無いとか

 

自分の人生は、自分で選択できるはずだ

選択できないのは本人の責任だ…そういって

自分を正当化し

愛から目をそらす言い訳に… しませんように。

 

 

 

あなたは、知らないのでしょう。

 

あなたの見ているその人は、

まったく…その人ではない。ということを。

 

あなたは、何も観えていないということを。

 

 

 

行為を行うか行わないかが、愛ではありません。

 

相手を知っているか、知っていないか…が、愛でもありません。

 

相手を否定しないことも、愛ではありません。

 

あなたが受け入れることも、愛ではありません。

 

 

あなたが、道ばたの花であろうとも意識を向けること。

 

知ろうとすること。

 

知ることができなくても、想うこと。

 

 

いつもいつも…

想いの上にたって、相手を想うことができますように。

 

相手の人生の選択を、愉しみに感じることができますように。

 

 

 

 

あなたの想いは、どこにありますか。

 

 

 

 

無条件の愛・無償の愛…そのような言葉を聞いたときに

 

『平等に分け隔て無く…』

 

そういう『平等』という印象を感じる方も多いことでしょう。

 

けれども、1人1人の人生に必要な事は違い

個性として必要性を感じるかどうか、

ほんとうに必要としているかどうか…

それがバラバラである以上、

平等を求めた先に答えなどあるはずもありません。

 

だからといって共通項を探し、最低限の衣食住という

社会を基準とした必要な事…

それを与えることで満足することでもありません。

 

そのことで、その方は自分らしい人生を生きられる訳でもありませんし

生まれてきてほんとうに良かった… そう感じてくれるわけでもありません。

 

最低限しか与えないという制限が愛であるはずもありません。

 

自立という、正当化が、人生なのではありませんから。

 

 

そういう整えることや与えることとは

全く違うところに、

生まれてきた意味はあるのですから。

 

 

 

 

それならば、

行為をしたり与えたりすることに意味は無いのか!

結果を求めることが幸せだ!そう思っては行けないのか!

・・・そう極端に答えを探すものでもありません。

 

そういうことではなく

あなたの想いが常に動いているかどうか…なのですから。

 

 

あなたの想いは結果とは別のところに動いているはずです

 

 

 

 

全ての方に愛ある行為をする

その正しさで

時に、自分のものまで相手に与えることを

美徳のように感じる方もいることでしょう。

 

 

自分を大切にするという正しさ

他者よりも自分に興味を持ち

自分のメリットを求める方もいるでしょう。

 

どちらにも無関心で自分を感じられない方もいらっしゃいます。

 

そのすべては、

愛からは遠ざかります。

 

 

 

 

自分の中に足りないものはないことに気がついているからこそ

愛にフォーカスできるのですから。

 

相手に足りないものはないことに気がついているからこそ

愛にフォーカスできるのですから。

 

足りているか足りていないか…そのような計算ではないところに動くものが

愛なのですから。

 

 

 

 

「所有しないことが愛」なのでもありません。

 

「欲を消すことが愛」なのでもないのです。

 

「全ての方に平等に行う」ことが愛でもなく

 

「自分のものを与える」ことも愛ではありません。

 

「欲求」も「好き嫌い」も…

 

愛とは別の所に動いているということです。

 

 

 

 

感情を穏やかにすることも

何かを否定して消す必要も

何かに向きあう必要も… ありません。

 

自分を愛したら、自分を好きになれる… はずもありません。

 

「全ての方」でも、「平等」でも、「所有したものを手放す」ことでも

「与える」ことでも… ありません。

 

 

与えようとしている方が

自分にはこれ以上必要がない… 必要なものはない…

そのことを知っていたならば

自分のものを与えているという感覚などありません。

 

自分は欠けているそう感じている方からは

自分の物まで与えているように見えることでしょう

 

 

 

 

 

自分自身に特別に何かをしてあげる必要がなくなれば

他者のためにと動く方向しかありません。

 

(そういう姿で見える多くは、

 節約や足(たる)を知るや平等や所有欲に向きあうこと

 その正しさで行っている場合が多いですから

 行動では見分けることはできません)

 

 

 

 

「無条件の愛」というものを

無条件に与えなければならない…という行為に結びつけて

否定したり、探し求めたり、比べることで苦しみを生みませんように。

 

 

 

 

愛は行為ではありません

 

常に在り続ける想いです

 

 

あなたの中に必ずあるものです

 

 

 

 

 

愛は始まったり終わったりするものではありません

 

それは好き嫌いです

 

 

 

 

 

ほんとうは、「無条件の愛」も「無償の愛」も存在しません。

 

条件付けなどあるはずもありません。

 

無条件の愛」です。

 

 

 

愛に種類があるはずもありません。

 

愛に形があるはずもありません。

 

愛に善し悪しがあるはずもありません。

 

 

 

正しくいようとすることなく

あなたが想っているかどうかです

 

 

 

 

 

私たちは、行為を責めてきました。

 

私たちは、行為を求めてきました。

 

私たちは、正しい行為に愛を見ようとしてきました。

 

 

 

 

 

相手の行為、自分自身の行為…

行為ができない不甲斐なさ…を訂正しても向きあっても

そこには… 愛はないのだというのに。

 

 

 

 

 

行為に囚われることを手放してください。

 

 

人生を観ようとしてください。

 

 

そして、それぞれの人生を愉しんでください。

 

 

愛は、あなたオリジナルなものです。

 

 

愛とは完全にオリジナルなあなた自身です。

 

 

あなたの本質が愛と言えるものです

 

 

 

行為や正しさに囚われることなく

想いの中に居られた時

あなたの本質は感じられます。

 

 

 

 

自分の人生を愉しむだけでなく

他者の人生も愉しみにしてあげてください。

 

あなたが選択しないことを選択しようとしている相手を

応援してあげてください。

 

 

あなたとは全く違う相手の本質が選択をしているのですから

 

あなたが、絶対に選択できない人生を選択し

相手は相手の人生を歩むのですから。

 

 

それを愉しみに感じ続けてください。

 

そして想い続けてください。

 

 

あなたの人生も、その中にあります。

 

 

私たちの人生は織りなしているのですから

 

 

 

 

違いを知った先に愛はあります

 

そこに、

ほんとうのあなたも 必ずいます

 

 

そら

 

 

 

 

 

そして…愛は

あなたの中にすでに動いています。

安心してください。

どのような人も常に動いています。

 

そのことに気がつくことに…

時間がかかることもありません。

向きあう厳しさを感じる必要もありません。

 

私たちは、「好き嫌い」を『』だと信じようとしすぎました。

好き嫌い」を穏やかにしようと制限をかけすぎました。

 

好き嫌いという感情」に向き合うことを行い続け

諦めてしまいました。

 

 

 

あなたが、好き嫌いと愛の違い

全く違う形で動いていることをを知り

好き嫌いを好き嫌いと知った上で、愉しめるかどうかです。

 

愛を知ろうとする必要はありません。

愛は、どのような人にも…すでに動いているのですから。

 

好き嫌いを、好き嫌いだと知ればいいのです。

 

 

そして…

正しいものがないことを知った上で

それでも

相手を想い、あなたが関わろうとするかどうか…なのです。

 

行為をするかどうか…できるかどうか…ではありません。

相手の人生は、相手の人生として

常に動き続けるのですから。

 

 

      


本質的な叡智のバトン@東京

8月16日まで、出入り自由で続きます。

 

      *

 

私は、お一人の求めで全国を動きます。
必要を感じていただける方に届きますように。

 

全国ツアースケジュール【更新】

https://ameblo.jp/sora-ni/entry-12383117590.html

出雲 → 東京 → 新潟 → 浜松 → 出雲 → 兵庫 →

◎東京 → 兵庫 →  出雲 → 

 

 

 

 

image

 

 

* 寄せられた言葉 vol.1 *
http://ameblo.jp/sora-ni/entry-12292740244.html

* 寄せられた言葉 vol.2 *
https://ameblo.jp/sora-ni/entry-12347660024.html

 

 

私の活動について、本質的な叡智のバトンについて

https://ameblo.jp/sora-ni/entry-12372375405.html

 

 

* お時間があるときに *

 

* 笑顔の先に *

https://ameblo.jp/sora-ni/entry-12339974517.html

 

あなたがほんとうに… 人生を変えたいならば
https://ameblo.jp/sora-ni/entry-12325920318.html

 

 

《 本質的な叡智のバトン 》:全国開催

https://sora-ni.amebaownd.com/posts/3055772

https://ameblo.jp/sora-ni/entry-12333906148.html

 

8e3ef75629ac8f1a4f62c52b6b6785d8_6560cb1161a0605

 

*私の活動について、何かご質問があれば

 お気軽にメールでお問い合わせください*

 

メールアドレス:

healing.sora@gmail.com

 

私:そら について*お読みいただければ幸いです

https://sora-ni.amebaownd.com

 

《 facebookページ 》

https://www.facebook.com/hiroshi.s.yamamoto.1