あなたがもし…今
八方塞がり…なように感じたり
大きな変化を人生に求められているように感じていたならば
彼らに逢ってみることを、私はお勧めする。
 
また、今の社会での成功はもちろんのこと
その成功を、〈一時的な結果〉としての喜びではなく
本質的に歓べる人生を歩みたいと願うならば
彼らは、何を観て人生の瞬間瞬間を愉しんでいるのかを
問いかけてみてほしい。

 

そら

 

      ***

 

化学者だった時の「まるた博士(稲田宏:まるちゃん)」は、人として今と違っていただろうか?
 
 
小さい頃に見た「ヨウ素デンプン反応」がマジックみたいで面白いと
そこから始まった、彼の化学者人生。
 
彼は、化学者としての【成功】を望んで
その道に入ったたわけではない。
ただ興味を覚えたものをやり続け、
その先の結果として実績を残し成功があった。
 
奇跡に導かれるようにして化学者になったが、病に倒れ、科学の道から退くしかなかった。
 
成功したら人生が安定するというのは、本当だろうか?
 
病に倒れるという大変なことが起こったら、人生の転機なのだろうか?
 
彼は生まれてから化学者として生きてきたときも、
病に倒れ、その後カウンセラーとして動き出してからも、
彼は彼だった。
 
そのことに気がついたから、彼はこれからも変わらずにいてくれる。
 
 
働けなくなり社会ではドロップアウトする人もいるだろう。
彼もその一人ということになる。
 
しかし、彼は人生からドロップアウトすることはなかった。
一瞬たりとも。
生まれてから今というときまで、彼らしく生きている。
 
それは、自分のことよりも『他者を想える』という幸せを毎瞬感じているからだ。
 
 
今、彼は最高に幸せだと感じながら人と向きあう日々を送っている。
想いの中で選択した先に、人生が、
全国を回るカウンセラーとしての活動に彼を導いた。
 
 
ここで言えることは、何かの障害があっても影響を受けないのは
 
『相手を想うことが優先だからに他ならない』
 
「想いの選択が、人生を創ってくれる」
「想いの選択が、幸せな人生を導いてくれる」
ということ。
 
 
いつもどんな時も、稲田宏として稲田宏らしく生きている。
それを、感じられる私も本当に幸せです。
 
あなたがもし、相手のことなど想えない。
相手を大切にできない。
自分のこれからが不安で仕方がない。…そう思うなら
彼に会ってみてほしい。
 
想いというものが、あなたが思っているものとはまったく違うことを教えてくれるだろう。
 
そして、あなたも想いに気がつくことができるかもしれない。
 
若林ケイ

 

 

* 下記もお読みいただけたなら幸いです *