本気のフットボールジグ その4 | Rord to BEST

Rord to BEST

釣りが好きなわけではない
キッカケなんて思い出せない

ただ、バス釣りだけは
自分を表現する数少ない手段であり
人生かなって、そう思ってる

フットボールジグにおけるタックルに関して

 

 

 

まず竿に関してだけども

竿はティップが硬く曲がり辛い竿が適してると思う

というか、ジグならば基本スモラバだろうがフットボールだろうがカバージグだろうが

ティップが硬めのいわゆる棒ロッドの方が良いと私は思ってる

 

小さく鋭くしっかりルアーを動かしてやろうと思ったら

最近流行ってるようなしなやかなティップセクションだと

やっぱりモタいダルいなど使い辛さが出てくる

 

ただ、ルアーを操作することを除けば竿というのは曲がってくれた方がいろいろ都合が良いのもまた事実

竿は曲がることで投げやすく、乗せやすく、やり取りしやすく、ラインも切れ辛くなる

 

 

ぶっちゃけ言えば好み

 

 

 

もちろんキレのある動きを出したいのならばティップは硬い竿の方が良いのは間違いない

ただ、フォール&着底、ズル引き、ステイ

ならば、別に硬いティップがどうしても必要になるというわけでもない

掛け感も乏しくなるだろうが、それでも使えないなんてことはない

 

 

実際某ジグ番長の使うジグロッドは比較的ティップが柔らかい傾向がある

逆に某大先生の使うジグロッドは棒感強め

 

 

なんで、結局は自分の感覚と相談してみて決めるのが一番だと思う

 

私は棒ロッドの方がジグには良いと思ってるタイプ

 

 

 

長さは何でもいい

基本的に片手で操作することが多いから

短い竿の方が操作性は良い

軽いし

6フィートから6.6フィートぐらいが使い易いと思う

 

ただ別に長い竿でもいい

操作性は落ちるし、ルアーを操るのも雑になるけども

例えばストロークの幅をとり易かったりとか遠距離での使い易さは向上する

長くて都合の良いことも多いので

この辺も好み

 

 

 

リール

何でも良し

別に飛距離も精度も強度も特別求められる釣りじゃないのでありもんでいいと思う

ただあえて言うなら

ローギアよりかはある程度ハイギアの方が都合が良いだろうし

右利きの人が右手で竿を扱うならば、左ハンドルの方が使い易いかなとは思う

 

それぐらい

 

 

 

 

 

 

 

ラインについてだけども

フットボールジグを扱う時はどうも世間一般的には

比較的細めのフロロラインを使うのがさも当然かのように語られるふしがある

 

別にそれで都合が悪いわけではないのだが……

 

 

少しラインの話をすると

フットボールやジャークベイトなどの

しっかりルアーを動かうタイプの釣りをする時に

割かし多くの人間が気になるのは

いわゆる水切り音だと思う

 

 

だけども、その手のルアーを使っていくうえで極端に水切り音を気にしてルアーのアクションが死んでしまうくらいなら

もうそのルアーを使う意味はないんじゃないかなと私は思ってる

 

なので水切り音は気にせずルアーをきっちり動かすことを念頭に置いて使ってもらうと良いと思うのだが……

 

それでも気になるものは気になる水切り音

 

 

 

 

この水切り音も

実はラインの素材によっていろいろ変わってきたりする

 

 

一番影響が出てくるのはPEライン

PEラインは水に馴染まない糸ですぱっと水を切り裂いちゃうという特徴がある

この水を切り裂く音が人間的な感覚で言えば

黒板を引っ掻く音に近いのかなと私は考えてるので

まぁあまり良くはないのかなと

 

 

モノフィラメントは水に馴染むのでPEほど不快感が出ることはないのだろうが

これもナイロンとフロロでは差が出てくる

 

というのもフロロカーボンラインとかは

素材自体が硬いので、シェイク等でラインを動かした時にそのラインがガイドや竿にぶつかって発生した音が水中に伝わるわけだが

その音が非常に硬質で金属的

シャンシャンシャンシャンという高周波の音が出るので……

以前話したように高周波の音は自然界に少ないので魚を寄せやすい反面

デカバスやプレッシャーの掛かった魚には警戒されやすい……

なんて側面がある

 

ラインの音で魚を誘う……

なんてこともできるがその逆も起こりえるということ

 

 

ナイロンは低音で例えるならばゴムみたいな音が出る

非常にナチュラルでナーバスな魚もスプークさせ辛い特徴がある

 

 

デカい魚を狙っていくときは

ナイロンが最も有効であることを知ってる人間はあまりいない

次点でPE

ただしフットボールとかだと話が変わってくるけども……

 

フロロは実は一番釣れる魚が小さくなる……

 

 

 

そんなことを考えていくと

フットボールジグにナイロンを使うのも全然有りだと私は思ってる

 

まぁ伸びの問題を考えるとあまり細い糸は使い辛いだろうが……

 

 

ラインの太さもフットボールだから細くする必要はなく

シャローでカバー周りで使うなら20lbとか22lb全然有り

ディープだと水圧の関係である程度細い方が使い易いが……

 

 

 

 

 

まぁそんな感じ 

 

フロロなら

私は12か14lbを基準にする

ナイロンなら16か20かな

PEはあんまり使わん

腰が無いせいで特にフォール&着底のアタリを取れるかがわからん

使うならファイヤーラインみたいな硬いPEの方がいいかもしれない

太さはフロロ基準

もっと細くてもいいかも

 

 

 

 

 

 

 

ジグ本体に関してだけども

私はカルティバの黒豆ヘッドにシリコンラバー巻いて使ってる

別に黒豆ヘッドがすごい良いとは思ってるわけじゃないが(バランス的にはそこまで安定してないし)

どこの釣具屋行っても基本置いてる入手のしやすさが最大のメリットかなと

 

それに塗装が既にされてる点もいい

 

 

現状全ての要素を妥協点レベルまで持ってこれてるのはこれかな

 

 

ジグとして完成されてるタイプの物は基本買わない

普通のカバージグもスモラバも

完成された市販品ってかなりぼったくり価格だと思わない?

あんなん買ってられません

 

ってことでジグヘッドにラバー巻くくらい自分でします

もうちょっと拘ればモールドから作って鉛流して作ります

現状そこまでやるほどではないと思ってるし、黒豆ヘッドで良いかなってなってるので

黒豆ヘッド

 

 

ウエイトは

いわゆるミニチュアフットボール的な使い方するなら

3/16ozか1/4oz

1/8ozはちょっと軽すぎかな……

ある意味では1/8oz専用タックルが必要になってくる可能性もあるので

個人的には3/16ozから

 

もっと言えばジグヘッド自体を変えるのもあり

デコイのタンクヘッドとかが個人的には良いと思ってる

が、あんまり売ってない……

 

 

 

重たい方のウエイトである3/8ozと1/2ozならば

もう9:1ぐらいで1/2oz

 

まぁフットボール自体がある程度重たいウエイトの方が良いという理由もあるけども

黒豆ヘッドで言えばフックの問題で1/2oz

 

3/8ozと1/2ozではフックの番手が違っていて(当然1/2ozの方が大きい)

フックの強度が全然違う

3/8ozのフックは結構細くて簡単に伸びちゃう

1/2ozのフックはそこそこしっかりしててストレスになりにくいかな

 

って使ってみて思った

フッキングに関しては1/2ozでも全然スパッと刺さるので問題なし

3/8ozはちょっと細すぎるかなー

 

出来上がったらこんな感じ(これはラバー巻き過ぎかな)

実はアイの部分にちょい拘りのアクセサリーが……

見えるかな?

解説をする予定は今のところなし!