【引退ブログ】#4 中村春咲

テーマ:
引退ブログに何を書こうかずっと迷っていましたが、応援団への思いを4年間振り返って率直に書こうと思います。


大学4年間、何に捧げるかは本当に自由です。
アルバイトをするのも良いし、
学生団体を立ち上げるのも良いし、
インターンで色んなことを経験したり、、、

就職活動を始めていろんな尊敬できる大学生に会って
こんなことしてみたかったな〜
と、他の人が少し羨ましくなったことが
何度かありました。

ですが、応援団で過ごしたこの4年間を経て
『上智大学の応援団に入って本当に良かった』と胸を張って言えます。

なぜなら応援団でしか味わえなかった最高の瞬間が何度もあったから、そして最高の仲間と出会えたからです。


私にとって応援団でしか味わえない最高の瞬間とは、
必死に応援し勝利に携わることが出来た瞬間でした。

勝ってほしい、
力を出し切ってほしい、
笑顔になってほしい、
選手に届いてほしい、
そんな思いが声となって、枯れるまで声を出す。
時には、思いが募るばかりに涙が溢れることもありました。

{EF71DFC7-DC00-418A-9742-483F65ACDB69}

そんなに熱くなれること、そんなに強く思える存在が
あったことがとても幸せだと感じています。


勝利を祈り、信じ続け
お腹の底から必死に声を出して
一つの勝利に涙が止まらない程喜べること
そんなことって、大学を卒業してからは無いんじゃないかと思います。


自分が応援係をやっていた時の
試合はやっぱりとても思い入れがあり、

神宮球場で見た、
入れ替え戦勝利の時の野球部さんの笑顔。
日本体育大学で見た、
入れ替え戦に勝利し、試合終了のホイッスルと同時に泣き崩れていたハンドボール部さんの姿。
農業工業大学で見た、
9回表で5-0で負けていたのに、9回裏で6点をいれる準硬さんの気持ちの強さが表れた逆転劇。
大井競技場で見た、
入れ替え戦勝利のために気持ちが一つになっていた女ラクさんの姿。

1年以上も前の話ですが、昨日のことのように鮮明に覚えています。
選手たちは私たちに、一生忘れるのことない感動をくれました。

{1308917E-C8D9-4E01-8E14-81AFF20A61A3}





{51E38D9B-DFFC-4DBF-8488-5AC23C4FDE9F}

『人の力になることができる本当の喜び』
を知ったそんな応援団生活でした。




もう一つ、応援団に入って本当に良かったと思える理由は、最高の仲間と出会えたからです。

先輩方-
1年生でAチームだった時何もわからずとにかく練習したかった私にどんなに忙しくても練習に付き合って下さった先輩方がいたからこそ、今の自分があると思います。先輩方からもらった手紙を読み返しては、期待をしてくださる先輩方に「恩返しをしなくては」と自分に喝をいれています。
本当にありがとうございました。

後輩-
チアを真っ直ぐ一生懸命に頑張る後輩に何度勇気をもらったか分かりません。わたしは正直なところ、今まで「後輩が可愛い」という気持ちがよく分かりませんでしたが、いま後輩が可愛くてたまりません。自分がどんなに苦しんでも、嫌な役に回っても1.2.3年生には部活を楽しんでほしいし、ずっと笑顔でいてもらいたいです。そんなふうに思える後輩をもてたことが本当に本当に幸せです。ありがとう。


そして同期-
わたしたちの同期は「応援団をより良くするためにどうしたら良いか」を人一倍考えてきたと思います。

部員数を増やすためのフレマン施策
年間10数回から50回まで増やした応援活動
荒鷲の来場者数を500人にすること
応援団を知ってもらうための広報活動、、、

小さいことから大きなことまで、
変えたことを挙げていったらキリがないんじゃないかと思います。

私たちが伸び伸びやりたいようにやれたのも
支えてきてくださった先輩方や
どんな事にもついてきてくれた後輩がいたからです。


でも最後は、
私はこの同期だからこそ、ここまで頑張れたと思うし、同期がみんなで本当に良かったと思っています。

{B77DBC72-2839-48F3-8BAC-27302F4D5FC7}

団長、長田
ぶっ飛びすぎててびっくりする時も多いけど、長田はいつでも応援団のことを1番考えてくれてたよね。長田がいなかったら、今の応援団は無いと思う。長田が応援団に入ってくれて、私たちの同期で、団長になってくれて本当に良かったです。

いつも冷静で客観的に私たちを見てくれていて、同期からとても頼られている、まっつん。

吹奏楽部を盛り上げて、さとを泣かせる演奏をしてくれるともくん。

謎も多いけど、陰ながら応援団がうまく回るように支えてくれてる、とよっしー。



同期大好きとかいうキャラじゃないサバサバ同期。そんなサバサバ同期でも、私は荒鷲の幹部演技の前にみんなで舞台袖で号泣した事が1番の思い出です。
不器用ながらもいろんなことをみんなで一緒に乗り越えてきたからこそあんなに涙が止まらなかったんだと思います。
みんなと過ごした4年間はかけがえのない宝物です。

{479ACB24-05FD-4125-A342-03EEA2645E97}



{3D29C9E6-3682-4380-BA86-F3FC74ABF7F0}

負の感情を一切外に出さない、慣れてしまってるけど実際すごい事だと思う。いつも元気をくれるもも。

不仲説濃厚だけど、3.4年生でやっと距離が近くなって私は嬉しいよ。一番辛い瞬間に人の支えになってる姿を見ていつも尊敬しているもえか。

何事にも熱くて、真っ直ぐで、同じポジションとしていつも刺激をもらっていたもえこ。

一緒にたくさんディズニー行ったり、1年生の時2人だけ同じチームでずーーーーーーーーっと一緒にいた天使のように優しいさおりん。

チアで人一倍苦労したからこそ、みんなの痛みがわかって全てを包み込んでくれるみずほ。

時に厳しく、時に優しく。私たちを支えてくれた、誰よりも人のことを思えるゆうこ。

一番チームのことを考えて、一番苦労して、一番泣いていたさとぽん。一生懸命、チームを引っ張ってくれてありがとう。

{925BCD31-0122-4665-90E2-C18D21861A94}

みんながいたから、かけがえのない4年間になりました。

言いたいことがたくさんあって全然まとまっていないのですが、
応援団へ、支えてくれた全ての人へ感謝を込めて、
引退まで残り5日全力でがんばります!



チアリーディング部4年団員 中村春咲