パンプキンプディング

 

その昔、野菜がお菓子になるなんて信じていなかった私

ましてやそれにお金を出すなんてー!と思っていたのですが、その「常識」をあっさり覆してくれたのが、横浜に住んでいた時に通い詰めたケーキ屋さんでした。

 

 

お店のケーキをあらかた食べ尽くし、残ったのがパンプキンプディング、恐る々々口にしてみた時のあの衝撃は未だに忘れられません。

 

そうこうしているうちに実家は東京へと移動し、私も豪州へ。

あの幻のパンプキンプディングの再現を試みたレシピがこちらです。20年近く作り続けている、私の大好きなレシピです

 

パンプキンプディング🎃

 

 

材料

かぼちゃ(実だけ) 400g

牛乳 (もしくは豆乳) 600cc

卵(Mサイズ) 5個

砂糖 (できれば三温糖) 100g

ラム酒 少々

生クリーム 50cc

 

カラメル用材料

★ 砂糖 (できれば三温糖) 100g

★ 水 大さじ2

 

作り方

1. キャラメル用の★三温糖100gをフライパンに広げ、中火にかける。砂糖が溶けてキャラメル色になったら、水を加えて蓋をする。

2. フライパンの火を止めて、一混ぜし、かぼちゃプリンの容器にキャラメルを流し入れる。

(鍋にこびりついたキャラメルは捨てないでください。次回リサイクル料理を紹介しますラブラブ)

 

↓ここからパンプキンプディングの作り方です。

3. かぼちゃを大まかにカットして耐熱容器に入れてラップをし、7〜8分レンチンする (この時、完全に火を通す必要はありません)

4. 3の皮を取り除き(この時点で実が400gあるのが理想)、小さめにカットして、小鍋で牛乳半量(300cc)と一緒に煮る。

5. 4のかぼちゃが柔らかくなったら、ハンドブレンダーをに鍋に突っ込み、マッシュする。ポテトマッシャーでもokです。

6. オーブンを140度で余熱開始。湯煎用のお湯もあらかじめ準備しておきます。

7. 大きめのボウルに卵を割り入れて砂糖を加え、菜箸でよく溶く (プリンにスが入らぬよう、菜箸がお勧め)。

8. 残りの牛乳半量(300cc)を人肌程度に温めて、かぼちゃのマッシュに加えた後、7の卵液と合わせる。

9. 7で出来たプリン液を一度濾し、生クリームとラム酒を入れて泡だてないように菜箸で混ぜ合わせる。味見をして、甘みが足りないようなら、はちみつかメープルシロップをたし、容器に流し入れる。

10. 湯煎用の湯を沸かし、140度のオーブンで湯煎焼きを45分する。ココットを使う場合は30分の焼き時間で大丈夫。

焼き上がりの目安はオーブンから取り出した時に真ん中だけが少し揺れる状態であること。ラックで冷まし、冷えたら冷蔵庫へしまって完成。

 

キャラメルが余った場合、皆さんはどうされていますか?私はキャラメルナッツを作ったり、キャラメルコーヒーを淹れたりして、無駄なく使います。

今日は長くなってしまったので、この話はまた明日。

 

明日の醤油キャラメルナッツ、こんな感じで出来てますウシシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

「みんなでわいわい♪ハロウィンパーティーレシピ」コーナーにレシピを掲載中!