昨日は、なんと東京都産業労働局創業支援課からのお声がけで、

 

弊社の運営元である「株式会社子育て研究所」代表取締役佐藤理香

 

小池百合子東京都知事との座談会に出席し、

 

私も随行員として一緒に行ってまいりました。

今回の座談会、非常に驚きましたが

 

4名の起業家(うち1名が弊社の佐藤)が、

 

小池都知事を囲んで話すというすごいシチュエーションでした。

もちろんプレスもたくさん入りました。

 

この座談会では都庁の特別応接室に入らせていただきましたが、

 

ご案内してくださいました産業労働局の担当の方も

 

「私も都庁に務めてウン十年ですが、初めて入ります」

 

と仰っていました。

(左から)東出風馬さん、弊社の代表・佐藤理香、小池百合子東京都知事、町井恵理さん、岡野菜摘さん

 

約1時間弱の座談会は終始なごやかで、

 

最後に佐藤が小池都知事からお名刺をいただいたそうですビックリマーク

 

そして、最後は都庁記者クラブのぶら下がり取材を受ける佐藤でした。

 

今回お声をかけていただき出席したのは、


東京発・世界を変える起業家とビジネスを輩出するスタートアップコンテスト

 

『TOKYO STARTUP GATEWAY


の最優秀賞・優秀賞受賞者4名でした。
 
(佐藤は平成27年度優秀賞を受賞しております)
 
 
 
ここで、一人だけ若い男子学生に気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、
 
実はすごい人ですビックリマーク
 
高校2年生でTSGで優秀賞を受賞し、
 
株式会社Yokiの代表取締役を設立、
 
現在やさしい情報端末を目指し、カスタマイズ性の高いロボット開発を
 
しているという東出風馬さん(慶應義塾大学在学中)。
 
謙虚で、思わず応援したくなるお人柄でした。
 
でもね、もしかして…もしかしてですよ…
 
数年後会社がすごい規模になったら、
 
女優さんと付き合ったりして、ねウインク
 
 
 
 
 

 

 

 

今までさんざん書き尽くされている『ママ起業』。

弊社でも、そのテーマでどれだけ書いてきたことか。

結婚・出産したママが、

育児も落ち着いてきたところで

復帰を考えたり、セカンドキャリアを考えることが

いかに厳しいかは、女性にはよーく身にしみるところですよね。

 

そこで、『ママ起業』も選択の一つなのですが、

ネックなのが収入の低さ・収入の不安定さ

 

家でできること、組織に帰属しなくてもクライアントをゲットして

収入を上げるのって、実に大変です。

 

子どもも可愛いし、そばにいたい気持ちもあるし、

でも収入もキャリアもほしいしで、

世のママのジレンマは一筋縄ではいきませんよね。

ママ起業してもやっぱりうまくいかなくて

再び会社に戻ったり、パートをはじめる人も多いのはそのためです。

 

ジレンマを1周回ったあたりでは、まだまだ見えないし、成果も出ない。

でも2周回ったあたりからジワジワとくるんですね、成果。

 

『ものかき』でも、稼げるママライターがどんどん成長してきています。

ますますオールラウンドに

ますますフレキシブルに

 

今やっていることを1周目であきらめないで

2周目まで続けられたら…

ママ起業の本当のメリットが体感できるんだな、と実感です。

 

 

 

 

 

ブログのヘッダーに「女性を応援~」うんたらと書いていますが、

実は「ものかき」にはパパライターさんもいるんです。

パパライターさん達も、すでに育児・教育系メディアにたくさん書いてくれてます。

「パパ目線でこんな見方もあるのね~」

「パパのゆるいコラムも、ほっこりする」

等、上々の評価をいただいております。

 

とはいえ、パパさん達は普段のご自身のキャリアを活かしたものを書いてくれたり

没頭した趣味・特技を発揮して書いてくれたりと、

 

ママライター中心の「ものかき」も

パパライターのスパイスによって楽しい集団となってきています。

ぜひご用命くださいませ!

 

 

作業の外注で「働き方改革」を実現!

ちょっとした資料作成も「ものかき」が対応いたします

ライティング・資料・HP作成

ものかき

 

 

最近、という訳ではないですが、コンスタントに受注を受けるのが、

◆「パワポで作った資料をもっと魅力的に作り替えてほしい」

◆「wordで作った文書をブラッシュアップしてほしい」

◆「コンペに出すので、入賞を狙えるようにしてほしい」

等々のご依頼です。(これらは一例です)

 

ぜひ、「ものかき」を使って業務短縮してくださいね。

 

 

記事の受注増!

テーマ:

ものかきでは、先月からのお問合せ・受注が急増しています。

ときには、受注、受注、受注の「おまつり状態」になってしまうことも。

今月まではそれでもライター間で回ってきたのですが、

7月~8月は「夏休み」が入るので、もしまたラッシュが来たらどうしよう…

こんな花火のように。

来るときは来るんですよね。

本当にありがたいことです。

夏休みの体制を考えるとドキドキする今日この頃です。

とりあえず、グアムの海の写真で癒されるとしましょう。

いつか、ママライター軍団で行けたら絶対に楽しいですよね音譜