2019年4月1日AM11:30に
 

248番目、新元号が「令和」と発表されました。

実際には、11:40にそれは告げられました。

令和のスタートは、5月1日AM0:00

 

数秘的考察の前に、発表内容についてと個人的考察。
数秘だけ観たい方は、2枚目の写真まで飛んでくださりませ🐬

 


<発表直後の空>

 

 


    Photo by. 細川卓也san  Special Thanks✨


・今まで中国の古典から元号からだったのが
初めて日本の古典からの出典とした。

(中国の詩文集「文選」では?の声もあるけど
ここでは政府と皇太子様の意図を尊重します)


日本最古の和歌集

万葉集巻五「梅花歌三十二首」の序文より。
 

「初春の月(れいげつ)にして、気淑(よ)く

(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、

蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」

 

 

・首相からの全文は末尾に記します。

一部をご紹介
「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」

「明日への希望と共に、それぞれの花を大きく咲かせることができる」

・・・

 

万葉集は、階層関係なく、天皇から農民までが
詠んだ歌を一緒にしたものであること。


「令」に関して、”ひざまずいて神意を聞く”
このことに二極化がみえますが個人的見解を。


令和の出典である「令月」は、麗月、めでたい月。
「令」自体には、命令や組織の長などもありますが、
この月にかかる「令」は、美しい、立派となります。


風和みは、穏やかな様であること
穏やかは、静かで落ち着いている、安らか、平穏無事・・



古き戦いの中にいる方、恐れの中にある方は、
戦争含め体験や現政権の在り方から、
和も昭和と繋がり、
”ひざまずく神意”も恐れや不満となりやすいかもしれません。

また、街頭インタビューで
若き世代の方々は、字と音の印象のみで
平和と捉えた方が多いのも印象的でした。


何にせよ、万葉集を用いたことも含め
現政権とはマッチしていなくても
時代は、民意が平和を創っていく事へと
舵をとることになったことは事実だと思います。



20年位前に、偶然に天皇陛下のスピリットからの
メッセージを受け取る機会がありました。
私は天皇家に詳しくないし、失礼ながら
興味も乏しいので驚いたのですが・・


その内容は、
”今まで一人で国を守るため、
そして国民のために祈り続けてきた。
けれど、この先は、一人一人の祈りが
大切になり、それが国の力になる。
それを覚えていてほしい。”との事でした。

頭の片隅にあった事で確信しました。

ブログでも時流をお伝えしてる中で、
神聖な自己と繋がる時がきた、
みんなで手をとり平和を共同創造する、
というメッセージを受け取っていた事と
「令和」と掲げられた事は、個と社会の合致でした。

私にとっては、本当にその時代が
全体とひとつに到来して
ここから創っていく祝福に感じました。

みなさんはどう感じるでしょうか?

恐れを感じてしまう方もいる中で、
今、戦争を知らないわたしたちが
できることは、何でしょうか?

 

 

その方たちが安心できるように、
そして
平和を望む子供たちのために、
わたしたちの心を平和にし、
実際に平和を成していくこと。


平成と令和を足した時、
麗しい(令)平和を成すと詠むこともできます。


ひざまずいて聞く神意・・
外にあるものではありませんね。
何かを拠り所にし、誰かに幸せや豊かさを
願うのではなく、自立し、内なる声から実践することへ。


わたしたち一人一人にある神意識、神聖さ。
魂であり、高次の自己(ハイアーセルフ)、
源とひとつの神聖な自己(ディバインセルフ)の声。

 

わたしたちは、誰もが唯一無二のキャラクターの
色と光をもつ、神・女神であり、
地上に降りたマスターです。


まず自分をマスターし、
神意にたどりつくために、
心意→深意→真意と旅を続けています。


令を命令としても、平和を使命とするなら
それを既に決めてきた魂にとっては

和への命令なら、喜びなのではないかなって思います。

 

 

何者にもひれ伏すことなく、
誰かを打ち負かすことなく、
個々が、本来の姿で愛と光を存分に輝かせ、
存在の豊かさと共に生きる感謝と歓びの世界へ。


みんな違うからこそ素晴らしい
自由でありながら、同じ目的に向かって
共同創造していける幸せの中へ。


そのコミットを忘れずその道へ一歩踏み出せば
大きな移行の時、どんな事が起こっても
心穏やかに、軸ぶれせず、軽やかに
この地球と人生を舞い踊れるのではないでしょうか?

<追記> kenさんより教えていただきました

やまと言葉の言霊は、
「れ」は、いずる おでまし
「い」は、光
「わ」は、皆がなごみ、平和である様





おまたせしました。
数秘とカラーで、出てくる数字を
ぜ~んぶ観ていきます。

①まず、「令和」は「Reiwa」
 数秘の算術では、11になります。

(ペルソナ5+ハート6=使命11)


   photo by. 数秘&カラー®
 

 

数秘&カラー®ではインディゴ

内なる宇宙に繋がる神秘の鍵の色。
11は、次なるオープンゲート

 




            Bottle photo by.OAU
 

オーラソーマでは、B11 花の鎖

上層:クリア 下層:ピンク
「内なる魂を愛する心の明晰さ」

ありのままの自分を愛し、
思考とフィーリングに責任をもつ自立した同士は、
花のような繊細さをもちながらも
力で繋ぐのでなく、愛で柔らかに繋がっていく。

困難と出会っても成長の機会と受け取れる。



②248番目の元号=24+8 or 6(2+4)+8= 14/5

 


まず24を様々に観ていきます。
フィットするところをどうぞ。





B24 新たなメッセージ

上層:ヴァイオレット 下層:ターコイズ
「スピリットのハートレベルでのコミュニケーション」

調和と平和を望み、奉仕の気持ちを持ち、
ハートで他者とコミュニケートする。

令は、0、霊(スピリット)も浮かびます。


 2と4からなる6を数秘&カラーでも。



4グリーンはハートの真実、自然、成長、グラウンディング、土台、構築。。
2オレンジはパートナーシップ、あたたかな繋がり、バランス、友好。。

 

 



6ブルー&ピンク
 愛と美と調和、あらゆる創造、奉仕、ハーモニー。。


この6は、Reiwaのハート数。

 

次に24(6)に足される8

 

 

8ゴールド
豊かさ、叡智、至福、わかちあい、栄光、達成、拡大。。


2+4+8→14

 



 

B14 新しい時代の叡智

上層:クリア 下層:ゴールド
「叡智へのクリアなチャネル(回路)になる」

ゴールドにある内なる太陽
天の愛を受け取り、地の鼓動を繋ぐ所
生まれる時、既にもってきた叡智

 

合計一桁の5は、後程

 

③万葉集巻五=5

 「梅花歌三十二首」=32/5

 

 

 

 

B32 ソフィア

上層:ロイヤルブルー 下層:ゴールド
「良い知らせが届くというメッセージ」

内側に存在する叡智に関する明快さ。

経験からの学びを理解し、新たな智恵を獲得する。
瞬間瞬間に生きる。

女神ソフィアとも関連
・星の女神 ・原初の女性性
・シリウス、地球などの創生の女神

合計一桁の5は後程


④2019年4月1日AM11:30予定→11:40発表

年=3 (個人的に111の年とも観ています)
月日=5
年月日の合計=8

(予定時間合計=5) ⇒ 発表時間合計=6
*時間にも11(時)が含まれていますね。

(年月日と時間の合計(予定)=13/4(1111)

年月日と時間の合計(発表)=14/5(11111)



248番目の元号と、発表時間の合計は
14/5で合致。


発表日時は、
111(年)+11(5(月日)+6(時間)
とも観れるので、まだ紹介していない111



Picture by veronica. sp-thanks!

B111大天使ダニエル

上層:ロイヤルブルー 下層:オリーブ
「内側と外側の間にある

関係性のバランスを回復する」

銀河間のタイムトラベルの構築

今のこの時に人間界が、

地球のビーイング&エネルギーと
調和しながら、ホリスティックで
平安な生き方をするように励まします。

もたらすものは多岐にわたる大天使。
・慈愛・関係性・浄化・パートナーシップ
・守護&保護 ・コミュニケーションなど

今年のエネルギーでもあり、
おうし座天王星時代を司る
金星とも関連しているので、
ボトル創始の詳細メッセージも
最善な時にチェックしてみてください。

参照サイトは、こちら


美と愛と豊かさ・叡智が溢れ、
新たな扉が開かれる数字とカラー。


集約されたのは5
②~④までの個々の合計が全て5です。
①Reiwaではペルソナ数(外への数)が5.




5ターコイズ

自由、平和、遊び心、変化、ヴィジョン、進歩。。

ターコイズは時空間を超える鍵

ハートの創造的コミュニケーション
個性化のプロセス
内なるマスターとの繋がり
次元上昇
個人的な能力と人類愛的な自立を併せ持つ



さて、平成最後の1ヶ月どう過ごしましょうか

 

<おすすめアファメーション>
・・オーラソーマより
 

B11
”私はありのままの自分を愛します”

B32
”私という存在に明晰さをもたらす
深い歓びと平和に開いていきます”

B5
”私は人生の歓びに自分を開きます”


B8
”私は内なる叡智と平和を
歓びの中で人々に伝えます”

”この瞬間、今、ここで
私は変化の可能性に開きます”



その先から始まる世界は・・
 

 

⑤2019年5月1日AM0:00スタート

年=3 (個人的に111の年とも観ています)
月日=6
年月日と(時間)の合計=18/9 or 4(1111)+5=9


3-6-9と続きます。

みなで創る弥勒の時代

3△の自己創造から、
6✡の愛で天地を結び、完全調和の中で
新たな神聖な△が生まれます。

4のハート真実と5の変化、拡大によって
9となる方も。

また、18の大きな節目を迎え癒す方も。

18の学びは去年から終え、
次に進む方のために。

18が成熟したボトルをご紹介します。






B96 大天使ラファエル

上下層:ロイヤルブルー
「より高いマインドの機能と滋養」

鮮明な知覚と共に創造的可能性を形にする。
高次のエネルギーの質への明晰性。
深い平和を他者とわかちあう。
周囲に振り回されず集中する。

生命の樹の中心に座しています。


令和のスタートのエネルギー  一桁は





9オリーブ

世界平和、博愛、理想、全地球的愛
新しい時代、統合、解放、浄化、包容力。。


あなたは令和にどんな世界を描き
時代の架け橋となりますか?

あなたの美しき色と光が
愛と共に輝き放たれますようにラブラブ






<安部首相の会見全文>

本日、平成を改める元号を改める政令を閣議決定いたしました。
新しい元号は『令和』です。

これは、万葉集にある「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」との文言から引用したものであります。
そして、この『令和』には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められています。

万葉集は、1200年前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで幅広い階層の人が詠んだ歌がおさめられ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいきます。

厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望と共に、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定いたしました。

文化をはぐくみ、自然の美しさを愛でることができる平和の日々に心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ちあふれた新しい時代を国民の皆さまと共に切り開いていく。
新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。

5月1日に皇太子殿下がご即位され、その日以降この新しい元号が用いられることとなりますが、国民各位のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
政府としても、ほぼ200年ぶりとなる歴史的な皇位の継承がつつがなく行われ、国民こぞって寿ぐことができるよう、その準備に万全を期してまいります。

元号は、皇室の長い伝統と国家の安泰と国民の幸福への深い願いと共に、1400年近くに渡る我が国の歴史を紡いできました。
日本人の心情に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものとなっています。
この新しい元号も広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根差していくことを心から願っています。