【市村のレース展望】2018年12月23日 | 市村の戯言

市村の戯言

不定期更新中

今年も有馬記念の日とホープフルSの開催日を残すだけとなりました。

 

 

 

今年は昨年よりも馬券を購入する機会は少なかったように感じる。しかし的中率も下がっており

これでは意味がない。

 

 

 

昨日は阪神カップのほか、久しぶりに障害レースに手を出す。

 

 

 

阪神カップは過去に同レースを勝っているシュウジと

重賞では足りないと思ったが先週時点で出来上がっていたスターオブペルシャから馬連で。

 

 

 

結果はスターオブペルシャが3着ではずれ。仕方ない。

 

 

 

中山大障害はアップトゥデイト絡みでは全く利益が出ないので外して買う。

また8歳世代にそろそろ陰りがくるのではないかと推測して、マイネルプロンプトから。

 

 

 

結果は的中。





ただ、4コーナーの時点では前の3頭が抜けており、なかばあきらめていたが

カメラの映像が切り替わると脚が残っていたのか突っ込んできたのである。






 

 

 

アップトゥデイトが来ていたらやはり安いのだろう。

 

 

 

【中山11R】有馬記念

平成最後の大一番。この記事を書いているときにはすでに馬券を買ってしまっているが

中山競馬場の馬場状態はこの時点でやや重である。さてどうなるかな。

 

 

中心は秋の天皇賞を快勝したレイデオロ。ジャパンカップには鞍上の都合もあったのか、使わなかった。

そのため余力はありあまっていると判断。中山での競馬も4戦3勝と得意。負けた1戦でも5着、長期休養明けの皐月賞である。

死角らしい死角もなく本命。

 

 

上位人気で買わないのはオジュウチョウサン、キセキ、ブラストワンピース。

オジュウチョウサンは単純に力が足りないだろう。キセキは秋4戦目、前走はレコード決着の2着とすべてを出し切った感がある。

ブラストワンピースに関しては個人的に左回りのほうが得意なのではないか?結局のところ同世代のクラシックは好走止まり。なので強いとは思えなかった。