市村の戯言

市村の戯言

不定期更新中

不定期に更新しております。

※記事、画像に問題あったら教えて下さい。


市村◎Twitterアカウント:ichimuranomaru
https://twitter.com/ichimuranomaru

これまたメモ代わり。。。

2018年産に出資したのでご紹介。

 

 

【レッドエルザ2018/牡1/藤沢和厩舎】

スピルバーグ×レッドエルザ(Smart Strike)

一つ上のヴィクトワールピサの牝駒はデビュー前でわからないがその上の二頭はディープインパクト産駒だからかもしれないが順調。

祖母の系統から北米で活躍しており日本のスピード競馬にも対応できるのではないかな。

父のスピルバーグは個人的に好きな馬でエンジンの掛かりが遅くても勝ち切った新馬戦、同じく最後の最後に届いた秋の天皇賞等鮮明に覚えている。

そんな父を手がけた名伯楽、藤沢和雄調教師に預託するならなら買わない理由はない。

 

 

19.10.31 : ノーザンファーム空港

キャンター2500m、週2回坂路(F17秒)。480キロ。
現在はちょうどリフレッシュに入っていますが、それまでは坂路のペースも上げて順調に乗っていました。

性格が穏やかで兄弟のような繊細なところを見せないので扱いやすく、ここまで特に問題はないですね。

まだ体重の割に非力な面はありますが、この時期なので仕方ないでしょう。

早熟タイプではないと思いますし、じっくり力をつけていければと思っています。

 

 

坂路調教のタイムからして順調に進んでるのではないでしょうか。(早来より空港の方がペースが早いって話も聞いたことはあるが)

このままケガ無くいってほしい。

 

 

 

【カメリアローズⅡ2018/牡1/藤沢和厩舎】

キズナ×カメリアローズⅡ(Oratorio)

今年の二歳馬戦線、キズナ産駒が調子良さそう。しかも非ノーザンファーム育成の馬も活躍している。

去年投資したツキニカリも腰高だったけどこの馬もそんな感じ。

母系は欧州での活躍が多そうだがデインヒルなんかは日本の短距離にマッチしてるイメージがあるし、Galileoとデインヒルの配合って最近トレンドっぽいし良さげ。

個人的にSadler's Wellsが濃いとイマイチだけどこれならね。

日高の馬だし名伯楽、藤沢和雄調教師もやりたいようにできるのではと思っている。

そこに期待したい。

 

 

19.11.01:パカパカファーム

現在は腹帯をつけてのロンジングやドライビングでハミ受けの訓練を行っております。

特にハミ受けについてはこの後の調教に大きく影響しますので、ここでの作業は地道で急な進捗はありませんが、調教というストレスに徐々に慣らしていく段階でもありますのでコツコツと進めております。

かなり寒くなってきましたが、放牧地の青草があるうちはしっかり食べさせております。

馬たちの良い息抜きにもなっており、スクスクと成長しております。

[体高cm / 体重kg] :157cm/ 489kg

 

 

遅い生まれの馬にしては大きそう。

馴致から育成のタイミングでファンタストクラブに移動かな。(カタログに無い為推測)

ケガ無くいってほしい。

 

 

【メジロトンキニーズ2018/牝1/奥村武厩舎】

スクリーンヒーロー×メジロトンキニーズ(ダンスインザダーク)

兄弟馬にトリオンフのいる本馬。

遡れば長距離の活躍馬がごろごろ。

父のスクリーンヒーローはセントライト記念、母のメジロトンキニーズはダイヤモンドステークスで馬券の軸馬にしており鮮明に覚えている。

牝駒なので字面通りの長距離馬になるかはわからないところだが。。。

 

 


19.11.01:ノーザンファーム空港
体力が付いてきたことから先月よりも更にペースを上げて、ハロン17秒まで脚を伸ばしました。移動してきた当初から馬格が有ってどっしりと構えており、乗っていると大人しくて扱い易い馬ですね。

調教を進めてもケロッとしているくらいです。

ただ、馬房の中では少し煩い面を見せていますから、そこは注意しないといけないでしょう。

また、脚元や飼い葉食い等に問題はありませんし、毛艶も良好で状態面に気になるところはありません。

これから更に負荷を掛けていきますが、動きを見ている感じですと、難なく対応してくれると思いますよ。馬体重521kg

 

 

9月に見に行った時も思ったけど大きな馬だね。

脚元は大丈夫なのかって感じだけど怪我無くいってほしい。

 

 

※東京サラブレッドクラブ、ワラウカド、シルク・ホースクラブ掲載の情報であり、転載許可を得ております。

今日は土曜日ながら会社関係で外出予定。


競馬の予想だけしようか。




【東京4R 2歳未勝利】
◎ゼノヴァース
前走は展開に恵まれていなかったが上がり最速、今回は頭数も手頃で突き抜けるハズ。


もう一頭の人気馬ヴィズサクセスは新馬戦かつ渋い馬場が得意なシユーニ産駒、今回は割引きと判断。


【東京7R 3歳以上2勝クラス】
◎ジョディー
前走は古馬の重賞へ挑戦も逃げる事が出来ずに大敗。今回も同型との兼ね合いにはなるがこのメンバーならやれて不思議はない。日曜日の特別戦を蹴ってミディオーサが強敵。

タイトルも適当。メモだなメモ。。。

前回の更新が春だったのでまた記録しておこうと思う。

 

 

【レッドアーサー/牡5/戸田厩舎/1勝クラス-障害未勝利】

10/20:新潟4R 障害3歳以上未勝利

2019.10.20 : 10月20日レース後コメント
戸田調教師「東京にいたので画面で見ていましたが、左前が完全に折れてしまったということでそのまま安楽死となってしまいました。

あそこまではいい競馬ができていただけに可哀想なことになり、本当に申し訳ございません。

ここまで頑張ってくれただけに申し訳ない気持ちで一杯です」
草野騎手「ゲート裏では落ち着きましたし、スタートはもう一つだったものの中団までは押し上げられました。

今までよりは飛越でスピードも落ちなかったですし、この馬なりに抜くところもあって上手に走っていましたよ。

最終コーナーからやめそうになりながらも頑張っていたのですが、もう結構苦しかったので前の馬の落馬を交わし切ることができず内に突っ込んでしまいました。

そのときに怪我してしまったようです。これなら着はあるなと思っていたのですが、このようなことになり申し訳ございません。

やっとよくなってきたところだけに残念ですしすみません」

 

 

残念ながら安楽死の処置がとられたそうです。

この馬より前に何度も落馬しそうな馬が居て案の定落馬したところに突っ込んでしまったような感じでした。

新馬戦では横の馬を噛みつきに行って伸び負け、勝ち上がったときは根性で差し返したり、気性が割と荒かったのでしょうか。

それもあってか去勢行き。

芝の短いところならもう1勝くらいできたかな?そんな印象です。

ご冥福をお祈りします。

 

 

【グランデストラーダ/牝3/上村厩舎/1勝クラス】

11/6:栗東トレセン

2019.11.06: 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:6日にCWコースで追い切り
次走予定:京都11月23日 芝2,000m

上村洋行調教師「6日にCWコースで追い切りました。

追走し、最後の直線で併せに掛かりましたが、スッと切れる感じではなかったものの、最後まで長く良い脚を使ってくれましたよ。

自ら感触を確かめてみましたが、息づかいは悪くないですし、順調に仕上がってきていると思います。

来週もう一度負荷を掛けてみて、その動きが悪くなければ11月23日の京都・芝2,000mに出走させたいと考えています。

まだ成長している段階で、これから更に良くなってくるでしょうから、今の状態でどのような競馬をしてくれるのか確かめたいと思います」

 

 

この夏から秋にかけて動きがあり、友道厩舎から上村厩舎へ転厩となりました。

友道厩舎も個人馬主をはじめ有力な馬が多く馬房の回転が困難なのでしょう。

調教師も経営者ですから強いもしくは強そうな馬や顧客を優先するのはわからなくもないです。

新天地で頑張ってもらいましょう。

まっすぐ走るようになればもう一つくらい勝てないかな?

 

 

【ジュピターズライト/牡3/金成厩舎/1勝クラス】

11/8:ノーザンファーム早来

2019.11.08: 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日はトレッドミルでキャンター
次走予定:未定

担当者「動きに関しては悪くないのですが、なかなか馬体が絞れてきませんね。元々大型馬では無いので、見た目はそこまで太く映らないものの、中身が出来ていません。

脚元の状態を見ながらにはなりますが、更に負荷を掛けていくことも検討しています。馬体重は477kgです」

 

 

6月の出走予定から一転、全治6か月の骨折が判明して北海道へ。

中身ができていない以上は乗り込んでもらいましょう。

斤量のメリットがあるうちにもう一つくらい勝ってほしかったですが時間が掛かりそうです。

 

 

【ツキニカリ/牡2/菊沢厩舎/新馬】

11/8:美浦トレセン

2019.11.06 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:ゲート練習/ダートコースで軽めのキャンター

菊沢隆徳調教師「この中間も北馬場でのゲート練習を中心に調教を行っています。

先週お伝えさせていただいた通り、ゲートの中で震えるような仕草を見せているので、先週一杯は駐立に慣らすことを重点に置いて進めました。

まだ少し震えるようなところは見られますが、徐々に慣れてはきている様子なので、今後は発馬の練習へと段々と移行していければと思います」

 

 

本日現在ゲート試験も受かっているので在厩か天栄へ放牧かわかりませんが怪我さえなければデビューできそうですね。

調教師のコメントからはまだわかりませんが芝でしょうかダートでしょうか。

 

 

※東京サラブレッドクラブホームページ、シルク・ホースクラブ掲載の情報であり、転載許可を得ております。