わかってくれない義妹

テーマ:
(これは過去の話です。忘れたくて心の奥にしまっていたけど、吐き出すことにします。)






体外受精で陽性が出たばかりの
妊娠初期。



義妹家族が泊まりに来る流れに
なってしまった。



姑からは
“よろしくね”と言われ、

主人は“どうしようね?”
と他人事。




意を決して、
自分で直接義妹に電話した。




「実はいま妊娠していて、初期なので
皆さんが泊まりに来ても十分なおもてなしが
出来ないと思うの。申し訳ないけど・・」




義妹「母親から聞いて知ってるよ。
おめでとう。良かったね。
でも大丈夫だよ。気にしないで。
迷惑かけないし、泊めて貰うだけだから。」




「そうは言っても、やっぱり今は
安静にしたいなと思うし・・・」




義妹「大丈夫、大丈夫。
ずっと寝ててくれていいから。
私達は寝に行くだけだし。
本当に気にしなくていいからね。」





「でも6人も来られるとやっぱり大変だし、
お食事くらいは準備しなきゃだし。」





義妹「だからいいってば。それに旦那も私も
もう仕事の休みをとったから。」





「・・・。」






何を言ってもダメでした。








“迷惑だから来ないでよ!”


何度も喉まで出かかったけど、
それを言ったらおしまいだな、
と思って堪えた。




義妹はこのまま押しきるつもりだ。





4人も子供がいる義妹は、
やっとやっとやっとやっと
妊娠出来た私の気持ちなんて
わからないんだと思った。




妊娠して当たり前、


妊娠したら生まれるのが当たり前、



そう思っていたのでしょう。
それが普通だとわかってるけど、
わかってもらえないことが辛かった。





だけど私も引き下がれない。

出来ないと思うことを
引き受ける訳にはいかない。




これ以上話しても
険悪になりそうだったので

一度電話を切って
メールを送ることにした。