Wakiya一笑美茶樓[ワキヤ イチエミチャロウ] | タンポポとおねしょ

タンポポとおねしょ

感動するって幸せですね☆

・・・というわけで、”心を動かされた事”綴ります。


テーマ:
 今日は久しぶりに夫婦で食事に出かけました。

 場所は赤坂の中華料理店 ”Wakiya一笑美茶樓” TV等で有名な ”脇屋友詞”氏のお店です。
私ども夫婦、西洋料理はよく行くのですが和食、中華の高級店は縁遠く、期待いっぱいで向かったのです。
 駅出口を昇り、赤坂通りを一つはさんだ静かな裏通り。
サービスの男性がテラス席の水撒きをしているところに到着。 趣あるエントランスを通り店内へ。
一歩そこへ足を踏み入れると、お香?お茶?落ち着いた良い匂い。 そしてフロアです。
 席に案内され着席。 確かにアジアンな内装ですが、周りを見渡せばスタッフはスーツだったり、シャンパンのボトルにグラス。。。 アジアンテイストな西洋料理店もあるわけですから、高級店ほど内装、料理共にボーダーレスになるのでしょうか?

 先ずは冷たいものを飲みたく、私はスパークリングワイン、妻はそれを使ったカクテル(スイカでした)。
スイカの方はまり良くなかった。 少し古い果汁を思わせる香り、残念です、フレッシュじゃなかった。。。
 続いて料理のオーダーを。 
・・・忘れてましたが私どもランチにお邪魔しております。 
 メニューはコースのみ。 3,990円/6,300円/12,600円の3コース。
今回は2人仲良く”6,300円”のコースに北京ダックを2人分(1人、¥630)足してオーダー。
ちなみに今回のコース内容です。

 前菜      アワビ、からすみと夏野菜の冷製、中華ジュレのせ
 温菜      生ウニののった茶碗むし
 一品料理   鮎のコンフィ
 魚料理    ラングスティーヌ
 肉料理    ジャンボマッシュルームと幻の中華豚、トリュフ風味のソース
 〆の麺もの  冷製中華麺、または香辣担々麺
 デザート   盛り合わせ
 中国茶

なかなかの品数。 ちなみにコース内容はサービスの方の説明と私どもの認識です、ご了承ください。

前菜
蓮の葉にのって登場。 一皿目、見た目も重要です。
アワビ、柔らかく美味しい。 茄子、とうもろこし、枝豆、酸味の利いたジュレと共に夏にピッタリ! からすみも嬉しいなぁ。 まんぞく。

温菜
卵型の小器に乗って登場。 サービスの方がふたを開けると綺麗なウニの登場。 スプーンで一口。
・・・生暖かいウニ。。。 ちょっと苦手。 卵部分とあわせて食すと悪くないですが、新鮮なウニ。 冷たい状態で食べたかったのが2人の感想。 でもいい食材が続きますね☆

一品料理
川魚、嬉しいです。 しかもコンフィ。 全部食べられて良い、美味しい! 中華の香辛料がアクセント。
ただ途中でケンタッキーのフレバーに似てると気付きました。 けれども上手い。

魚料理
ラングスティーヌ。揚げて割ったのでしょうか? 身がふっくら、甘いです。旨い! ソースはねぎ醤油な感じですがバジル添え。 和、洋、中が愉しめ完成度が高い! 非常に満足です。
 
肉料理
あまり想像が出来ていなかった料理。 見た目地味である。 しかし旨い! 豚の旨味、ソースの味。 このとき私はシラー種の赤を飲んでいたのですが合性抜群。 やっぱり満足。

〆の麺
一種類づつオーダー。 妻は辛味が苦手な為、私が香辣担々麺。 辛~い!っでも美味しい。 丁寧に作ってます。 乱暴な辛さとは違う、身体に良いのも感じる、逸品です。 冷やし麺の方は普通でした。 それまでが高得点の為、おきな開きがありました。

・・・・とはいえ、今日ほど料理で満足する日は、なかなか無いものです。
 有名店だろうが、お金を今日の倍以上払おうが、満足どころか、記憶から消したい店もありました。 
稀な優良レストランでした。 厨房に賛辞を贈りたい!

 ただ、残念な点もあったので何点か。 

1・ 嫌いなものは?と聞かれたので妻が何点か伝えた。 ・・・しかしそれが入っていた。
2・ 私自身忘れていたのですが、北京ダックが出てこなかった。(妻がきづいた。) キャンセルしました。
3・ トリュフソースが残っていたので妻がパンを追加。 かなり経ってから届く(催促後)。 時間説明無し。
4. ドリンク担当の女性が店舗良くオーダーをとりに来るが、料理に関してほぼ把握していない。 その状態でお酒を薦めていた。 信頼性に欠けた。

 全てホールスタッフの問題だと思います。 料理が素晴らしかったので腹も立ちませんでしたし、サービスが料理を補う事も暫しあります。 ただ今日はホールが足を引っ張りました。 改めて上記に並べると酷い内容だと思います。 
 素晴らしい店なのです、今日のミスも店舗全体で把握し改善して欲しい。
明日起こるかもしれない厨房のミスをその時はサービスが補って欲しい。
そうでなければ減点が増えるばかりでつまらない店になってしまいそうですから。

 とはいえさすがに良店です。 サービスのフォローは上手かったのです。 短気な私が怒らなかったのがその証拠です。 結局、気持ち良く退店してしまいました。 この術も良店の必須条件ですね。  

 久々の食事。 初めての高級中華で大当たり。 とてもいい一日になりました。
”Wakiya一笑美茶樓[ワキヤ イチエミチャロウ]”の皆さんありがとうございました。
 また必ず伺わせていただきます!!!

Shinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス