年次有給休暇の付与日数(261) | おつな社労士、おおつじつよしの、つれづれブログ

おつな社労士、おおつじつよしの、つれづれブログ

42歳で脱サラ。サムライ業として独立。
独立して初めて会社に守られていた事を痛感。
まさに、親の心を知らない子供でした。
ヒトの事で悩む経営者と従業員を助けたい。
そんな
おおつじ社労士オフィス 大辻剛
のつれづれなるままのブログです。(ジローの二男)

年次有給休暇の付与日数は、

入社してからの月数で決まります。
(この場では、出勤率は無視します)



覚える必要はありませんが、

覚える必要に迫られたときには

次のようにすると便利です。

 

1.正規の従業員の日数だけを覚える

  まず、10は覚えてね。

  次に、10、11、12と、1ずつ増えて、

  13はイヤ(不吉だから?)なので、飛ばして14、
  あとは偶数で20まで。
 

2.正規でない人(週30時間未満で週4日以下の人)については、計算する

  正規の日数を5.2で割って、週の日数をかけて、出た数字の小数を切り捨てます。

  おしまい。

 

ほら、簡単。

 

可能な限り、

覚える量を減らしましょうね。

 

今回は、この辺で。