宵闇の詩

宵闇の詩

夜が更けてゆく喜びを、仄暗い言葉にのせて――――

詩を綴ります。
読んでいただけたらうれしいです

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス