SongBook & More ~小説と詩と~

SongBook & More ~小説と詩と~

音楽をモチーフに書いたシリーズ「SongBook」などの小説連載、徒然に描いた詩などを掲載しています。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
何のブログだか分からなくならないように、定期的にあげますw
目次の目次です。
更新:2014/12/03


SongBook 90's 前編 Sentimental Side 目次
感傷的な恋愛ものの楽曲や物語が多い10編10曲。
<曲目リスト>
1 少年
落ちぶれた男と寄る辺ない女が繋がって離れてまた繋がるまでの十数年。
どうしようもないと分かっていても、離れられない、離れたくない。
後編9「一途な恋」、前編5「Love Train」と繋がる話。

2 恋心
アルバイト先の気になる社員さんは私のイトコのお兄さんだった?
イトコのお兄さんを通じて伝え聞く、謎めいた伯母さんの彷徨える半生。
後編6「トラブルメーカー」と繋がる話。

3 COSMIC RUNAWAY
田舎町、貧しい少女と救われない少年が再会する。閉塞感を打破し、
互いに抱き続けていた淡い恋心を成就させようとするけれど・・・・・・
後編3「LEVEL 4」と繋がる話。
4 Do you crash?
何かがぷっつりと切れてしまった大学一年生の冬休み。
自由と孤独のなかでふわふわとたゆたいながら時間が流れる。

5 Love Train
家庭にも仕事にも行き詰まったミュージシャンは、寝台列車に乗って
東京から札幌へと旅に出た。でも思い出すのは妻のことばかりで・・・・・・
前編1「少年」と繋がる話。

6 鉄道員
父親とうまくいっていない女性は、入院中の祖母を見舞いに帰省する。
でも、いざ帰ってみると、両親の様子が今までとは少しだけ変わっていて・・・・・・

7 fate
高校二年生のバンドのヴォーカリストの少年は、ひょんなことから
同じバンドのベーシストの少年のことが気になって。苦悩と青春のひと夏。

8 Perfume of love
ある日突然、恋人が自殺して、全てのものを失ってしまう女。
何もかもなくしたとき、最後に残っていたのは・・・・・・
前編5「Love Train」と繋がる話。

9 
大学一年生の青年は同い年の女性と出会い、惹かれ合う。
でも、ある過去から、相手を信じ抜くことができなくて、心の糸がもつれだす。
後編7「いいわけ」と繋がる話。

10 Hello,my friend
天才F1ドライバー、アイルトン・セナが亡くなって二十年目の正月。仲間達が
F1カフェに集い、あの頃のF1や贔屓のドライバーのよもやま話に花が咲く。


SongBook 90's 後編 Emotional Side 目次
情熱的だったり、夢を追う楽曲や物語が多い10編10曲。
<曲目リスト>
1  少年
暴力的な教師、理不尽な父親、学内ではびこるいじめ。
救いのない環境で、中学二年生の少年は怒り、もがくけれど・・・・・・

2  
TOO SHY SHY BOY!
モデルのスカウトを受けている音大の三年生、進路に迷っている最中。
恋愛も実感が伴わないなか、彼女の人生を変える出会いがやって来た。
前編8「Perfume of love」と繋がる話。

3  LEVEL 4
何事にも惰性で生きている、札幌・すすきので働くジゴロのホスト。
だけど、ひとりの伝説のホステスとの再会に、平穏な日常は揺さぶられ・・・・・・
前編4「COSMIC RUNAWAY」と繋がる話。

4  FACES PLACES
とある人気バンドを解散してプロデューサーとして活躍する男が半生を振り返る。
音楽との出会い、仲間との出会い、バンドの始まりから終わり、そして新しい始まり。
後編2「TOO SHY SHY BOY!」と繋がる話。

5  シーラカンス
引きこもりで統合失調症の男子のもとにボランティアで訪れた女子は、
アスペルガー症候群の当事者だった。互いの苦しみはいつしか交錯し・・・・・・
6  トラブルメーカー
祖父が亡くなって、実家に帰ってみると、「あの」伯母さんが亡くなっていたことが
わかった。母、叔母さん、そしてイトコへと続く、謎解きのような通夜の一夜。
前編2「恋心」と繋がる話。

7  いいわけ
地方の実力者の「妾の子」として生まれた少年と、その実子の少年。
ふたりは友情で結ばれるが、高校一年生になったとき、ある事件に引き裂かれる。
前編9「心」と繋がる話。

8  In the future
祖父母のうたごえバーで育った少女のもとへ、突然、母の再婚相手が、
血の繋がらない弟を連れてやってきた。今までにない感情を知った少女は・・・・・・
後編4「FACES PLACES」と繋がる話。

9  一途な恋
落ちぶれ果てたかつてのロックヴォーカリストの男が、ファミレスでの一夜、
次々と出会う「ドリーマー」たち。彼らは、男の内面を少しずつ動かしていく。
後編8「In the futurre」、前編1「少年」と繋がる話。

10 ゆずれない願い
夢見がちな少女が、ひとつめの夢、ふたつめの夢に全力で向かい、
夢破れ、やがてみっつめの夢を見つけ、朝伊ミチルと名乗るまでの半自伝。

another side
この世界の果てで
行き詰まった男女。一途だが本音をみせない若い女は、愛する年上の男に
「さいはての場所へ連れてって」と乞い、北海道への小さな旅が幕を開ける。
前編1「少年」、後編9「一途な恋」と繋がる話。


興味のあるタイトルやあらすじや曲からでも、もし可能なら最初から最後まででも、
(一部、ストーリーが前編から後編まで曲順にリンクしている、シリーズものなので)
読んでみてくださいませ!
そして、よろしければぜひ、具体的で忌憚ない感想などもお願いします。


読者登録してね

ペタしてね

フォローしてね

テーマ:
SongBook 90's another side「この世界の果てで」の目次です。お役立てください。

楽しんでいっていただけると光栄です。

読者登録してね

・本編の関連作品はこちら→
                  少年 目次(前編1話目)
                  一途な恋 目次(後編9話目)

テーマ:
この世界の果てで
Inspired by this song:LUNA SEA「この世界の果てで」


9 東京 2001年6月

 南田が、あるいは彼のスタッフが、月に1度ふたりの居を訪れて、40万を封筒に包んで、奈緒実に「生活費です」と渡す。
 そして、大概は玄関口だけの短い滞在で帰っていく。
 今日も南田がやって来た。奈緒実ちゃん元気かい、西島はちゃんとやってるかい、などと当たり障りのない問いを投げかけながら。
 南田を玄関口で送り届けた奈緒実は、封筒を持って、ワイン片手に映画を観ている浩史の肩を叩き、彼と同じ目線から話しかける。
 「どうせ税金対策なんだから、気兼ねなく使っちゃいましょう」
 単発のラジオや舞台、年に1~2回の売れないシングルリリースと深夜枠の音楽番組での宣伝出演。
 どれも雀の涙ほどの収入で、ほかに稼ぎはなく、奈緒実は変わらず浩史のもとで、南田からの『生活費』と浩史の僅かな稼ぎで、相変わらず暮らしている。

 しかし、実際のところは少し違っている。
 南田が寄越すお金の内実は、札幌で浩史がふたりのスタッフを買収した、あのカードに入っていた中身を、ゆっくりと返済しているだけだ。
 だから、それまでの『給料』でなく、『生活費』と南田は呼称を変えて区別しているのだ。
 全額をこのペースで返してもらっていたら、ふたりはあと5年は働かず暮らせるだろう。
 奈緒実は、宗谷岬で頭部を強く打ち、1ヶ月も意識不明の状態にあった。
 幸い、今は元気になって退院しているが、前年の浩史との旅の記憶が丸々すとんと抜け落ちており、思い出させようとすると、強い頭痛を訴える。

 浩史はひとり胸のなかで、長い間、孤独感と罪悪感とを募らせた。
 甘い夜も、つまらない喧嘩も、ふたりで見たさいはての地も、浩史が打ち明けた過去も、奈緒実がやっと見せたあけすけの感情も、深く繋がったふたつの心も、葬り去られた。
 奈緒実は以前のような、一途だが本心の見えない笑顔と献身とを無条件に与える、ロボットみたいな女に戻ってしまった。
 結局自分のせいで奈緒実を振り回し、こんな目に遭わせてしまった。
 奈緒実のひたむきさや無垢さに、今にも窒息しそうだ。
 やっと、あの日々、気を遣わずに付き合えるようになったというのに。

 こうして、浩史は、奈緒実につれなく接し、日常的に他の女とつるみ、もう仕事をしゃにむに探すこともなく、退廃的な生活に身をやつしていく。
 奈緒実はそんな浩史に絶望し、それでも彼を引き留めようと、笑顔を作り、献身的に尽くし続ける。


 ふたりはいつでも、孤独という名の、さいはての地に立っている。
 かつて奈緒実が懇願した「さいはて」は、今まさに、奈緒実と浩史が暮らす、ふたりきりのマンションの部屋のなかにある。
 奈緒実は「さいはての場所」に辿り着き、浩史は奈緒実の願いを叶えた。
 この世界の果て。
 ふたりは今日もまた、すれ違いながら、手探りで、覚束ない足取りで歩いていく。


 (完)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス