ジギング備忘録

ジギング備忘録

ぼちぼちと



テーマ:

焼津小川港 橋安丸乗船

 

前回の予告通り、購入したばかりのグラップラープレミアムを持って

タチウオジギングに行ってきました!

 

今回乗船するのはタチウオジギングではいつもお世話になっている

焼津小川港の橋安丸さん。深夜2時出船と通常のジギングでは考えられない

出船時間ですが、うだるような酷暑が続く昨今、暑さをしのげる夜間のほうが

体力的にもありがたいです。あまり睡眠時間が取れないのが難点ですが。

 

 

そんなこんなで出船。眠い…。早めに予約したためか、釣り座は左の大ドモでした。

 

今回のタックルですが、タナ50mまでの浅場用・50~80mまでの中深場用・

100m以上の深場用の3タックルを持ち込みました。

グラップラーは使用機会の多さを考えて中深場用のロッドに装着しています。

・・・が、我慢できず明るくなる前のタナが浅いうちから使うことに(笑)

 

港を出て最初のポイントは指示タナ40mとのことなので、とりあえずジグは

アンチョビメタルタイプ2の130gから使ってみることにします。

リールのカウンターを0セットしてワクワクしながら投入!

早速フォールレバーを弄りながらフォールさせてみます。

ん?思ったよりフォールスピードの表示の変化が激しいな…。

使用前の印象では、例えばフォールスピードを6に設定すれば

ずっとそのスピードが表示されたままなのかと思っていましたが、どうやらスプールの

回転スピードでフォールスピードを計算しているようで、一定のスピードで

フォールさせているつもりでも、潮や風の影響で表示されているフォールスピードが

ちょくちょく変わります。これはあんまり表示されている数字を過信しないで

あくまで目安として考えたほうが良さそう。

 

いきなりネガティブなことを書いてしまいましたが、カウンターの表示はひとまず置いていて、

フォールレバー1つで自在にフォールスピードを変えられるのは

単純に便利で楽しいです。

いろいろ弄っているうちに1匹目のタチウオがかかりましたが、残念

フォールではなく上げでのヒットでした。しかもむっちゃ小さいシラガサイズ。

指2本あるかないか。

場所が場所だけに周囲の船の船長が無線で話しているのが丸聞こえなのですが、

「餌では指3本クラスも上がるがルアーではシラガサイズばかり」

といういやーな情報ばかり耳に入ってきます。

 

 

実際アタリ自体が渋く、当たってもマジで細い!

ダメージを負ってリリースできない個体以外はすべてリリースしてるので

クーラーの中身が一向に増えていきません。

あれ?テーリングしたかな?と思って上げてきたら1本半くらいのタチだったりとか。

 

 

いつのまにか空が白みかけてきました。

マズメ時の入れ食いに期待しましたがそれもなし。

このままじゃまずいと思いかけたころにプチ入れ食いタイム突入。

 

枝豆ジグ 150g赤金

 

サイズは大きくても指3本と微妙ですが、アタリ自体は多く、落とすたびに

何らかの形でヒットしてきます。フォールでヒットさせるまでには至りませんでしたが、

フォールレバーでテンションを掛けながらジグを落としていくと

ところどころでタチがジグにちょっかいを出しているのが手に取るように判って楽しい。

 

そんなこんなで釣り終了まで残り1時間ほど。

サイズはちょっと不満だけど、そこそこ数が釣れたからいいかな…。などと

完全に終わったつもりでいたのですが、ここからまさかの良型の入れ食いタイム突入!

 

鏡牙セミロング150gパープル

 

これまでとは違い、釣れてくるタチが皆指3~4本の良型ばかり、

しかもタナが50~80mとさほど深くないのでここぞとばかりに数を伸ばしていきます。

私はずっと写真の鏡牙セミロングを使ってましたが、周囲のヒットジグを見る限り

ジグの形状や色にはそんなにこだわらなくても良いみたい。

先ほどまで釣れていたサイズとは違い、ぐいぐい引いて個体によっては

ドラグを出して抵抗したりするのでむちゃくちゃ楽しい。

タチウオ釣りはこうでなくっちゃ!

 

 

まだまだ釣れそうな感じでしたが、ここでタイムアップ。

良型ばかり釣れただけに後ろ髪を惹かれる思いでしたが、すでに日が高くなり

かなり暑くなっても来ていたのでこの辺が潮時でしょう。

 

下船後にタチの数を数えたところ、27でした。リリースを含めれば35は行ってたかな。

釣れない時間がそこそこ長かったのですが、最後に良い思いが出来て満足です。

 

あとグラップラープレミアム。今回はおろしたてということで、機能を使いこなすまでには

行きませんでしたが、フォールレバーを駆使すればいろいろと楽しい釣りが出来そうです。

ただこのリールはライトジギング向けで使用用途が限定されそうなので、

より大型魚向けに近々発売される(された?)フォールレバー搭載のオシアコンクエストCT

の存在も気になるところですね。物欲が膨らむばかり…。

 

使用タックル

game type LJ B631+カルカッタコンクエストTYPE JM

game type LJ B632+グラップラープレミアム150XG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス