F1 シンガポーGP2019参戦記録 2019.9.21〜23⑤ | BIGBANG TOUR 参戦記録
新型コロナウイルスに関する情報について

BIGBANG TOUR 参戦記録

BIGBANG TOUR参戦記録ですが、ほぼただの思い出です。
鍵アカにて綴っていた2012年ALIVEツアーからの参戦記録をグログにてUPしてみました。公開に耐えうる様に表現等を少し変えていますw
確かジヨペンでしたが、年度末にはテソンしか見えない事態に。

F1 シンガポーGP2019参戦記録 2019.9.21〜23⑤


がっぽーもついに3日目
あっと言う間すぎて、あと30年は滞在したいです(それは定住)



今日も早起き早足でお伝えします
食ったものと買ったものの話です

特にがっぽーの良さも伝えてないので、ただのマイメモです
気になる人は流し目で読んでみて下さい(読みにくい)




では早速、朝飯からおさらい
本日はバスに乗って朝飯食いにいきましょう

向かうはTiong bahru(チョンバル)にある
チョンバルベーカリー


ネーミングセンスはなくても、がっぽーに数店舗の店をもつ超おシャンティなベーカリーカフェです

ガッポーで1番(か2番か3番か)うまいクロワッサンがあるらしく、
死ぬまでに一度は食った方がいいらしいので、朝からわざわざバス乗っていきます(2駅ですけど)(歩け)


しかし、ここでちょっとした事件が発生


お金忘れました
(ちょっとではない)


シンドルを直入れ(危ない)してるポシェットを掛けてくるの忘れてました、、
一応、日本円とクレカの入った財布は持ってたので、
なんとかなる精神で強行します



お店により使えるクレカは限られるんですが、基本的にマスターカードが強いです
ガッポーいくときはマスター持ってた方が身のためです



早速、入店してみましょう

出来立てのパンやケーキがあなたをお出迎え

絶景すぎるショーケースに心奪われます
たぶん世界遺産登録されてるはずです




全種類を一口づつ食いたい衝動と戦って、
仕方なくキッシュも追加しときました(負けてる)

先にテーブルを確保してからの注文ですが、
そんなシステムは知らないのでテーブル番号を聞かれて、

あの辺(テラス)に座るとテキトーな事を言うと、
カフェオレを持ってくるスタッフを大変困らせます

必ず先にテーブルを確保しましょう


隅っこのカウンターにカトラリーやバターやジャム類があるので塗り放題です

では実食

2番テーブルでした

予想よりでかいクロワッサンと、予想通りの質量のキッシュ

クロワッサンは300層くらいあってサクサク
サクサクすぎて、こぼしてる量の方が多いくらいです(ちゃんと食え)
バター風味もしっかりしてるのでバターもいらないくらいでした(そもそもいらない)

ドンクのクロワッサンくらい美味しかったです(例えが庶民)

キッシュもうますぎて、これは一斤いけたかもしれません

一応、半分にカットしてもらいお持ち帰りできるようにしてもらったんですが、
難なく両方食い切りました、、


ちなみに本日の朝飯代は25S$かかりました
昨日のお粥が約10杯食えます

相変わらず食い物の物価が狂ってますが、、どちらを選ぶかはあなた次第(粥10杯はムリ)

帰る頃には、外まで行列できてたので、6時に起きて8時には行きましょう(仕度かかりすぎ)





帰りに近くのお餅やさん寄るつもりが、
さすがにクレカは使えなさそうなので諦めて帰ります(諦めとけ)


ホテルに戻り小休憩し
今度こそシンドル持って出かけます

世界遺産のあるオーキッドガーデンに行こうと思ったんですが、2日連続のマリーナ迷宮クエストでさすがに歩き疲れたので

本日はお買い物デー
ムスタファセンターへ行きましょう


リトルインディアにある24時間営業の
キング オブ カオスな大型スーパーマーケットです


インドのお菓子、インドのお茶、インドのカレー、インドのサリーなどなど、なんでも売ってます(インドやん)
もちろん、シンガポールのお土産も買えますのでご安心を

ばら撒き系土産のお菓子やコスメ、紅茶がとてもお求めやすい価格となっています
その代わり、ちょっと箱がヘコんでたり、たまに中身飛び出てるくらいは気にしないで下さい



チャイナタウンからはバスに乗って、15分か20分か25分くらい(曖昧)

わりと距離があるので、調子に乗ってバスの2階に乗ってみました

特に風景は普通です



ムスタファ近くのリトルインディア界隈で下車すると

もぅ、そこはインドです

右も左もインドです


ひとの服装も街並みも匂いも熱気も超インド(インド行ったことないけど)
妙にエネルギッシュで喧騒の町中はまるで別世界
おそらくですが、シティより平均気温が5度は高かいです


カレー風味のスパイシーないい香りがどこからともなくしていて、カレー好きには7/24マイヘブン
なんとかこの匂いを持ち帰りたくて、全身をくまなく空気に触れさせました



ムスタファまでの道のりは影が少なく
強烈な太陽光線が脳天だけでなく、全方位から攻めてくるので、日傘はもはや役立たず

着いた頃には干物か乾物になってます



では戦利品をご紹介


インドのチャイ

お手軽にインスタントで本場のチャイがいただけます(インスタントの時点で本場ではない)
甘さもそこそこ、なんかしらのスパイがたくさん入っててめちゃウマ、1ダース買えば良かったです

マドラーも付きの気遣いが嬉しいですが、如何せんインドクオリティ


グルグルしすぎるとこのように破損するのでご注意ください
破片を飲まないように慎重に飲みましょう



インドのお菓子


スパイスの効いた綿菓子をギュッと固めたやつです(伝われ)
見た目固そうですが、口に入れると繊維がふわっと溶けて甘さとスパイスが絶妙なバランス

新食感かつ新味覚でなかなか癖になる美味しさでした
一生に一度食べれて良かったです(また買えよ)
アマゾンでも売ってたので気になる方は買ってみて下さい



エジプトのバスタオル(インドちゃうんかい)

エジプトフェアという在庫一斉処分コーナーで発見
もちろんmade in エジプトの100%エジプト原産のタオルです
1枚だと13S $ですが、2枚で買うと破格の16S $
ただ、これ貰ったひとの無の表情が容易に想像できるので、自分用の1枚だけにしておきました、、



インドの紅茶セイロンティー(スリランカな)
フルーツフレーバーのアマダティとデルマの紅茶を購入
KALDYより若干安めに買えます
画像は特にありません



ばら撒き系土産のチョコやクッキーもありますが、お菓子はオーチャードの土産屋さんで試食して決めたいのでここではスルー(食いたいだけ)

物色しだしたら、キリがないので買うもの決めて行くのがベストです

ノープランでいくと、24時間くらいムスタファの館で彷徨うことになります



買い物もそこそこにランチへ

おシンガグルメというと、チキンライスやラクサや他にもなんかありますが(リサーチ甘い)

たぶんおシンガ名物って


カレーですよね?


カレーの美味さの安定感たるやですよ
いつどこで食べてもインドカレーのクオリティが半端ないです

インドカレーがシンガポール料理になる日も近い気がします(インドな)


ということで、手っ取り早くムスタファの屋上にあるカレーレストランへ行きます

18S $でカレーブッフェをいただきます

さすがインドマーケットのレストランだけあって、本気のカレーを提供しています

しかも夢の食い放題です




色とりどり様々なカレーのラインナップに心踊り、スパイスの無限の可能性を感じます

お気に入りはマトンのカレー
5回リピりました(羊に謝れ)

ただ、こちらのお店はエアコンが効いてないエリアに案内されると、側に設置された巨大扇風機だけが頼みとなります

なので風速17キロの扇風機の風がやってくると、サラダの葉っぱは飛ばされ、
テーブルの下は散り落ちた葉っぱに彩られていました(拾えて)



温室仕様のレストラン



カレーブッフェを堪能したところで、もうひとつお買い物

近くのパイナップルタルト屋さんへ向かいます
ムスタファからスキップで10分くらい
LE CAFEさん

お店着くとこんな感じです


店を

開けたいのか


閉めたいのか



分からない


いわゆる、おシンガあるあるですが
ローカルのお店の営業形態はだいたい店主の気分次第です(そんなことない)

わざわざ行って閉まっていても、くじけないメンタルをもって訪れましょう

おそらく開いてるであろう(希望的観測)お店に店主はおらず、店の奥をガン見して念じてたら、
奥からおばちゃんが出てきました(念力は通じます)


今日は3種類ほどのお菓子しか販売してないとのことでした、、

確かに
シャッター半分にするわな



それでもお目当てのパイナップルタルトはあったので即購入

崩れやすいので、絶対に逆さまにしてはならないと忠告を受けます

おばちゃんの言いつけを忠実に守り、機内持ち込みにして大切にお持ち帰りしましょう

おかげで粉末にならずに済みました

形状維持に成功

最初ちょっと不機嫌そうで怖かったんですが、、
帰りに際に、おまけでロールケーキ2つを奥の冷蔵庫から持ってきてくれました


おまけは超嬉しいかったんですが、


ロールケーキは


要冷蔵


常夏の国で冷蔵ものとかハードル高すぎる

全然お腹空いてないけど(そりゃな)
店前のベンチでとりあえず1つ食いました
何味か不明の緑色
例えるなら、ずんだ色のずんだ味
なので、ずんだで遜色はないです
(正体はパンダンリーフです)


朝から食い続けてるので、胃の消化を促すべく軽くリトルインディアの寺でも見物しようとしたんですが

殺人的な太陽光線で汗だく

ドブに5回落ちたくらいの状態
になります


全身から汗が噴き出し
体内の水分量が半分以下になり、脱水症状と熱中症と腹痛を併発しそうだったので、観光は即中断しました、、(腹痛は食いすぎ)



いったん、ホテルに戻ります、、
では、、