手作りコチュジャンのレシピ印刷はコチラ

絶品スンドゥブ鍋のレシピ印刷はコチラ


放送地域は以下です。


関東地方1都6県のテレビ朝日
山梨県のテレビ朝日
岩手朝日テレビ
北陸朝日放送
広島ホームテレビ
熊本朝日放送

……など

 

今回のハナタカ優越館では冬野菜が美味しいスンドゥブ鍋を作ります。味の決め手はコレ!手作りコチュジャン!

お弁当用のスープジャーがあれば簡単にコチュジャンが作れるんです。

それでは作っていきましょう!

【材料:4人分】

●牛肉切り落とし150g ●手作りコチュジャン 大さじ4 ●すりおろしにんにく 2片分 ●砂出しアサリ(などの魚介) 200g ●絹ごし豆腐 1パック(300g)●白菜 大2枚(300g) ●大根1/6本 200g ●白ネギ 1本 ●小松菜 2株 60g ●シイタケ 4個(100g)●玉子 4個 ●だし汁(煮干し10g、鰹節 5g、昆布 5g、塩 小さじ1、水800mℓ)●ごま油 大さじ1●鍋用インスタントラーメン 1人前 ●とろけるスライスチーズ 1枚

【手作りコチュジャン】(乾燥米麹 200g、水 300cc、粉唐辛子 30g、塩 45g)

 

1.米麹を袋のまま、両手でよくもんで、バラバラにほぐす。

2.鍋に米麹と水を入れて、弱火にして、よく混ぜながら、温度計で測り、65度まで温める。

3.温めておいたスープジャーに入れて、一晩置くと甘酒ができる。

4.鍋に甘酒、粉唐辛子、塩を入れ、65度を超えないように弱火で軽く煮詰めたら完成。

 

このコチュジャンを使ってスンドゥブ鍋を作ります。

 

5.だし汁は前日、麦茶ポットに、煮干し、鰹節、昆布、塩、水を入れて、冷蔵庫で一晩置く。コチュジャンと一緒に作っておきましょう。

6.アサリは塩水(海水程度)で砂出しをしておく。

7.牛肉はコチュジャンとすりおろしにんにくをまぶして常温で30分以上おく。

8.白菜はそぎ切り。大根は半月切り。白ネギは斜め切り。小松菜はざく切り。豆腐は4つ割。玉子殻を割っておく。

9.シイタケは軸を取り、軸は縦に割いて、鍋に入れると歯ごたえがいい。

10.材料が用意できたら、鍋に具材を入れていきますが、まだ、だし汁を入れてはいけません。

まず硬い野菜で「土台」を作ります。その時、鍋底に「立て」て敷き詰めましょう。立てると下からの火の通りが良くなります。

白菜の軸、大根、小松菜の軸、シイタケの軸、牛肉半分で鍋底に敷き詰める。

11.土台の上に、白菜、アサリ、シイタケ、小松菜、牛肉、白ネギ、豆腐を具ごとに並べ、だし汁を注いでから、真ん中に玉子を入れる。

12.フタをして強火で加熱、沸いたら弱火にして煮る。なるべく混ぜない。フタも開けないで、じっくり対流させて具の旨味を引き出す。

13.シメはプデチゲ風に。汁が濃いので、水を足して、薄めの汁にしてから、インスタントラーメンを入れて煮る。

14.ラーメンが煮えたら、器に取り分け、麺の上にチーズをのせてから、汁をかけると、チーズのとろけ感がちょうど良くなる。