この「難波屋おきた」は、江戸の美人6人を描いた絵画の中の1枚だそうです。
 おきたは浅草の水茶屋の看板娘で、歌麿の錦絵には、「当時三美人」(1793)など、しばしば描かれました。

運んでい茶碗には、難波屋の桐の紋が入っています。