一般社団法人 相馬報徳社

一般社団法人 相馬報徳社

 ~報徳仕法をいかした、ひとづくり ・ まちづくり~ 〈 至誠 / 勤労 / 分度 / 推譲 〉
地域の子供たちとのコミュニティを大切にして、震災復興支援の拠点として活動します。

〈〈 至誠 / 勤労 / 分度 / 推譲 〉〉


アムウェイハウス相馬  さとばたけ報徳センター


--------------------------------------------------------------------------

〈管理運営〉一般社団法人 相馬報徳社  〒976-0036 相馬市馬場野字山越89

開館時間 9:00~17:00 ご利用時間帯 9:00~21:00 tel/fax 0244-32-0624


mail sohoutoku@yahoo.co.jp
URL http://ameblo.jp/somahou/
 


〈案内地図〉 センター案内地図〈クリックしてください〉


【場所は、あべ歯科さんの東隣です。】







--------------------------------------------------------------------------


 相馬報徳社は、二宮尊徳の高弟である相馬中村藩士斎藤高行が明治の初めに設立し


た報徳仕法を実践する団体です。

 報徳仕法は、江戸時代末に相馬中村藩、小田原藩をはじめ、桜町領(真岡市二宮地


区)烏山藩、谷田部藩、日光神領等、天明・天保の大飢饉からの農村の復興に大きな


役割を果たしました。

 今回の大震災と原発事故により相馬中村藩領の大部分が避難生活を余儀なくされ、


現在もその状況に変わりはありません。

 相馬報徳社は、全国の報徳団体と日本アムウェイの協力を得て、地域の子供たちと


のコミュニティを大切にして、震災復興支援の拠点として活動しています。


--------------------------------------------------------------------------


〈利用料金〉 別途、利用申込書を記入してお申し込み下さい。

A プレイルーム1 (定員25人) ABC、各部屋、1室1H1,000円


B プレイルーム2 (定員25人)            


 キッチンルーム(調理室) (定員30人)


 キッズルーム  (親子同伴の場合無料です。)


〈施設レイアウト〉











テーマ:

24回目となる全国報徳サミット。小田原市大会。

交流懇親会には、小田原報徳実践会の田嶋名誉会長、小田原市加藤市長、小田原こころを届けるプロジェクトのみなさん、

報徳の森の高木社長、永井さん他、震災後大変お世話になっている小田原のみなさんにお越しいただき、

小田原と相馬の交流会を行いました。

今回のサミット、団長は相馬市の伊東康夫さん。写真右。
日光神領の仕法を支えた相馬中村藩士の伊東発身(ほつみ)のご子孫で私の親戚でもあります。

伊東さんのご先祖は、伊豆の伊東相馬氏と同じ桓武平氏、そして三浦族。
きっと金次郎さんと遠い親戚なんですね。。北条氏が秀吉に攻められた時に土着した一族なんで

しょう。。

『日本姓氏紋章総覧』(歴史読本別冊 1989年)によると、二宮という姓は「相模国余綾郡二宮邑

より起こる桓武平氏三浦族。また甲斐国八代郡小石和筋二ノ宮に起こる清和源氏武田氏族。

著名な二宮尊徳は、伊豆の名族、伊東氏一族の末。」とあります。

 

震災、そして、原発事故は大変な出来事でしたが、出会いとご縁に感謝です。


テーマ:

10月8日(土)、アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センターで、そうま国際交流イベント、

ハロウィーンパーティーを開催しました!

主催は、NPO法人相馬国際交流の会・一般財団法人日本アムウェイOne by One財団、

一般社団法人相馬報徳社が協力をしています。

 

地元の子供たちと外国人ボランティアのみなさんとの交流、楽しい時間を過ごしました。

 

みんな、思い思いの仮装をしています。

 

 

 


テーマ:

第24回全国報徳サミット小田原市大会が開催されます。
相馬からは、30名で参加します。

日時 平成30年10月13日(土)9:00~
場所 小田原市民会館

〈開催内容〉
 江戸時代後期の農政家で、荒廃に苦しむ多くの農村を復興に導いた二宮尊徳翁(二宮金次郎)。その尊徳翁にゆかりのある全国17の市町村から構成される全国報徳研究市町村協議会に加盟する自治体の代表が集い、「報徳の原点から見直す 未来へ向けたひとづくり・まちづくり」をテーマに、地方自治や地域振興などについて議論します。
 また、サミットに合わせて、市内では関連イベントが開催されます。


テーマ:

「Remember HOPE presents」
~そうま国際交流イベントハロウィーンパーティー~開催します!

ハロウィーンをとおして、アメリカの文化と、外国人ボランティアのみんなと生きた英語を楽しく学ぼう!

先着30名様、お気軽にご参加下さい!

 

日 時 10月8日(土)11:00~13:00
場 所 アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センター
 
費 用 おひとり500円(昼食代込)
主 催 NPO法人相馬国際交流の会
    一般財団法人日本アムウェイOne by One財団
協 力 一般社団法人相馬報徳社

 

 


テーマ:

PAKI De SAT(パキデサット)さんの、民謡ライブ、
9月29日(土)18:00~さとばたけ報徳センターで開催します。
◎お問合せ:080-5562‐3335(相馬報徳社:畠中)まで。

Paki(Vo.三味線)とSat(Per.タブラ)懐かしいのに新しい。三味線とインドの太鼓のコラボ。

日本人にとって懐かしく聞きやすい三味線民謡にお洒落なベースサウンドをプラス、どなたにも楽しんでいただける新しい音楽です。

軽快な三味線と心地よい歌声、安定感のあるパーカッション、思わず引き込まれるトークにも注目です。


テーマ:

8.22,23の両日、ソウマフューチャーラボが、アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センターで開催されました。

hactoさんのステージ、JAXA春山純一氏の講演「相馬から見える宇宙」、紙ヒコーキ博士丹波純氏による「紙ヒコーキづくり」などのイベント、スペシャルゲストのなすびさんにもお越しいただき、たくさんんの子供たちとお父さん・お母さんに参加いただきました。ありがとうございました。

 

 

 

 
 
 

テーマ:

ソウマフューチャーラボ  8/22(水)~23(木)10:00-17:00

科学が大好きな子供たち
  むかし宇宙を夢見たお父さん
    夏休み最後の自由研究にしよう!

アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センターで開催します!(参加費無料)全員に「ハイパーヨーヨー」をプレゼント!

《プログラム》どのプログラムも申込不要。年齢制限なし。
①世界一!?よく飛ぶ紙飛行機を作ろう!(紙飛行機博士:丹波淳)
②宇宙のプロによる講演会「相馬から見る宇宙」(JAXA:春山純一)
③手作りセンサーで見えない科学の世界を感じよう!(SAFECAST)
④大学生と一緒に科学を楽しく学んじゃおう!(福島大学)
⑤原発事故から今までの環境再生状況を知ろう!(環境再生プラザ)
★★スペシャルゲスト★★
  ・なすび(タレント)
  ・春山純一(JAXA)
  ・丹波淳(紙ヒコーキ博士)
  ・hacto(ミュージシャン)

[主催]一般財団法人日本アムウェイ財団
[共催]SAFECAST JAPAN
[後援]相馬市 相馬市教育委員会
[協力]環境再生プラザ 福島大学 一般社団法人相馬報徳社
[運営]復興支援センターMIRAI
[お問合せ]0244-26-9127


テーマ:

「アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センター」の施設視察・見学に関してのお願い

 

 

 「アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センター」の施設見学をご希望の際には事前に下記連絡先までお問い合わせの上、「施設見学希望」の旨をお申し出ください。

 

      電話番号:0244-32-0624

      相馬報徳社 担当:持館(モッタテ):火曜日、渡辺(ワタナベ):木曜日

 

l  平日: 2018年5月1日より、週2回 (基本 毎週 火、木)10:00-16:00 に施設の運営スタッフが常駐します。

     施設見学をご希望の際は、原則この時間帯でのご訪問をお願いします。

 

l  週末の見学をご希望の場合は事前(原則2週間前まで)のご連絡の上、現地運営スタッフと来館時間の調整をお願いします。(予定時間より到着が遅れる場合は施設訪問の受け入れが難しくなる場合がありますので、その点ご注意ください)

 

l  見学に際しては、施設が使用中の場合、室内の見学はご遠慮ください。

 

l 見学は一時間を限度とし、長時間の滞在、休憩等はご遠慮ください。  

 

 


テーマ:

震災から7年。広島のみなさんに支援をいただきスタートした紙芝居「東北まち物語100本化プロジェクト」。今日は、新地町の漁師の物語「いのちの次に大切なもの」の上映会をアムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センターで開催しました。

 

 
 
 

 


テーマ:

震災の影響で5年ほど中断し、継続が危ぶまれた江戸時代から続いている馬場野村の惣報恩講、今年も開催することができました。今年は隣村の百槻村、八幡村の親戚も加わり、25軒に増えました。今回の住職は延原様です。

西も東も分け隔てなく、交互にご住職をお招きして開催するのは、全国でもここだけではないでしょうか。
また、今年もお花の種をたくさんいただいたので、村の皆さんに紹介をし、お花いっぱいプロジェクトに取り組むこととしました。

 
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス