去る11/25㈯、星のまなざしセミナー 関口シュン先生の公開カウンセリングに学ぶ

無事に開催、終了いたしました。

 

企画チームメンバーのブログが次々にアップされております。

大女優?mahiさんのブログ

かにてんびんの生みの親?たかはしゆうこさんのブログ

われらが親分?テキパキチームを引っ張るあやちゃんのブログ

 

 

こちらを読めば、当日のことや、学び、気付きのエッセンスなどが

余すところなく伝わると思うのですが、私なりの視点からも報告をニコニコ
***

いいセッション、ワークショップ、セミナーだった~!と、心からいえる時、

具体的にはどんなことがおきていたのでしょうか?

 

私は、「気づきが自ら起きたときに癒しと成長が起きる」と感じています。

誰かに言われたことは、頭に入って、そのまますっと通り過ぎてしまうことも多いです。

自ら気づいたときは、「腑に落ちる」「目から鱗が落ちる」という表現がぴったり来ます。

 

気づくに至るとき、「きくこと」が重要なファクターになります。

そして、「きくこと」には3つの段階がある。

 

トピックスも盛りだくさんな一日でしたが、関口先生のお話で一番心に響いたことは

「3つのきく」でした。

「聞く」=一般的に聞く。なんとなく聞く。言葉だけの情報をぼんやり聞く。

「聴く」=身を入れて、特定のことを聴く。正確に聴こうとする。共感的に聴く

「訊く」=言葉、印象、表情などのもっと奥にあるその方の悲しみ、後悔、訴え、喜び、希望

     そしてその中にある輝きというものを、受け止めさせていただきたい。お訊ねしたい。と

     自分の側から、相手の心に出かけていくように。訪ねるように訊く 

 

気付き、癒し、成長が起きたとき、相手方のカウンセラー、ヒーラー、先生たちは、

きっとこんな風に「きく」を実践していたんでしょうね~。

私もたくさん体験してきた「気づき」「癒し」「成長」を、「3つのきく」で、還元しようと思います。

***

ここからは、企画チームとしての学びについて。

本当は、「ほしのまなびば」というワークショップと

リーダートレーニングを始めたところから説明しないといけないのですが、

ここでは割愛てへぺろ

 

打ち合わせもたくさんしましたが、毎回笑いが絶えなくてたのしかった-ラブ

「楽しかった-」←ここ重要なので30回くらい言っておきますW口笛

自分のできることをそれぞれが無理なく発揮しておりました。


実は企画チームに参加したのは、

「なんだか楽しそう、やってみたい!」という熱感覚のみ、でしたてへぺろ

この講座に対する意図と熱感覚があるかどうか?

その点だけは、自分の心に常に問いかけながら携わりました。

 

ちょっと話が飛びますが、占い師・霊能者・カウンセラーの言ったことより、

自分の意識の力のほうがはるかに強いんですよね。

そのことを再認識しました。

 

何が起きたらよいですか?

どうあれば、一番うれしいですか?

逆に、どんなことに一番困っていますか?

そんな問いを自分に向けると、意図が明確になり、意識の力が強まりますよ~。

 

まゆみん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD