日本経済が伸びない理由 | 夢が広がる0歳からのマルチリンガル育児~言語黄金期~ 山田日弓(ソレイユインターナショナルスクール学長)
新型コロナウイルスに関する情報について

夢が広がる0歳からのマルチリンガル育児~言語黄金期~ 山田日弓(ソレイユインターナショナルスクール学長)

0歳からグローバル教育"ソレイユインターナショナルスクール"学長山田日弓のブログ
東大卒、米国デューク大学、コロンビア大学留学、外資系勤務を経て、独立。世界で活躍する子供たちを育てるために活動中。

なるほどな記事があったのでご紹介します。

東洋経済ONLINE

伸びない理由は、生産性が低いからだ、ということですが、なんで生産性が低いままかというと

生産性が低い理由を分析せず、まとはずれな施策ばかりしているからだ、というわけですね。

生産性の高い国では、女性の登用率と有給休暇取得率が高い、だから、働き方改革すれば生産性があがる、って考えちゃったのが今の日本

だとしたら、論理ミスをおかしているし、要因分析が甘いと言わざるを得ないですね。

この論理力の低さ、分析力の低さが、日本人の致命的欠点だというのは、相当耳の痛い話です。

私は、これを改善するのは教育だと思います。子供のうちから、論理的思考の訓練をする、なぜだろう、を常に考えさせて、要因分析する。思考訓練を積めば、もちろん日本人でもできないということはありません。ただ、日本の従来の教育にはまさに抜け落ちていた部分といえるのではないでしょうか。ルールに従う、教えられたものをそのまま覚える、ではない学校教育をして欲しい。インターが目指しているグローバル教育は、ここを重視していると思います。