昔から大好きなブランド『ドリスヴァンノッテン』

思えば3年前のパリコレでは、なんとか会場に入れたものの、あまりの人ごみでほとんどモデルが見えず(涙)。そして、やっと今年3月のパリコレでは、プレスの方のご親切な対応により、無事にショーが見れたという……。まだサンジェルマンに「オンワード」というセレクトショップがあった時、『ドリスヴァンノッテン』のイエローのドレスを買うか買わないかで散々迷った挙げ句、記念にと買ったまま結局宝物になってしまい一回も袖を通していない! 今はセーヌ川沿いに大きな路面店ができたから、またパリに行った際はお買い物したいところプレゼント

日本でも過去に「レクレルール(大阪に昔あった)」や「伊勢丹」で何着か買ったけど、時がたっても着回せるっていうのも魅力です。



『ドリスヴァンノッテン』は、やっぱりその独特のオリエンタルな柄が大好き! 今回は「21世紀のインド」がデーマだそう。実物にため息、、。



この大きなペイズリー柄、リラックスしたムード、全部大好き! 



『ドリスヴァンノッテン』は絶対、どこをどうとってもエレガントに仕上がるのです! それはやっぱり最高級のテクニックを駆使しているから☆そしていつも革新的!



特にこのドレス! 相変わらず私の下手な写真のせいで、この芸術並みに素晴らしいドレスの良さを伝えきれないのが悔しい。。。このボリュームといいバランスといい、そしてやっぱり素材! 実物見たら驚きますよ、手が込みまくってるもん!!特にネックまわりのビーズ使い! コレクションでは照明がほの暗く、またなが~いキャットウォークをモデルが大行進していたので目で追うのに必死だったんだけど(汗)、こうやってひとあしお先に秋冬シーズンの美しい作品を近くで見れるなんてドキドキ
単純な私はそれだけで十分幸せでした☆