NHK あさイチで「実家の始末」の特集をしていました。

 
親が元気なうちは、介護になったら、動けなくなったら、認知症になったら・・・
「心配」とは思いながらも、なかなかイメージしずらいものです。
 
その話も親と話ずらいこともありますね。
 
 
 
私の母はある日突然出掛けた先で倒れて
そのまま手術、ほぼ寝たきり、・・となってしまいました。
 
その日は突然なんですよ。
 
お客様の多くは、親の身体を心配しつつも「言い出しにくい、」「言っても聞かない」
といってなかなか前に進まないうちに、認知症がひどくなり
いざとなった時に財産のそのほとんどが不動産で現金が少なく
困った~!!といってご相談にいらっしゃいます。
 
現在の日本では成年後見人制度があり、認知症など本人が財産管理できなくなると裁判所が指定した
後見人がそれ以降財産を守っていってくれます。
選任されるのは弁護士などが多いですね。
もちろん、ご家族のどなたかが後見人となることもできます。
財産に応じて弁護士が費用を裁判所て決められ、テレビで放送されていた方は
月々8万円、年間100万円近い費用が支払われているそうです。
 
その他に家族信託という方法もあります。
お持ちの財産によってどの方法で守るのがいいのか利用が別れるところですね。
 
 
 
が!!
 
その一方で、財産を守るべき弁護士が使い込みをする事件もあることも事実です。
誰を信じたらいいのやら・・・。また、不安になりますね。
 
また、ネットやテレビなどで聞きかじった情報で
安易に家族信託や成年後見を進めてしまい、新たな問題が起きてしまい困った~ということもあります。
 
士業は紛争に対する悩みを法律をもって解消してくれますが、
気持ちに寄り添い一緒に考えていくことはしません。
 
私は不安な事柄を一緒に考えていくことこそ重要だと思っています。
 
親の問題は
離婚を考えている、離婚してシングルマザーになった女性にとって
避けては通れない、とても重要な問題なのです。
 
もちろん、未来のことは誰にも分りません。
 
分からないリスクを最小に抑えていくのにおススメなのは
ファイナンシャルプランニングを立てること。
年代ごと、月ごと、人ごとに年齢を書き入れた表を作ります。
そこへ、それぞれが叶えたいライフイベントを書き込んでいきます。
お金が掛かるイベントには予想金額を記入します。
金融庁の「知るぽると」で無料でライフデザインが作れるので参考にしてください。
 
 
 
もっと簡単なものがいい~という方は
をご利用くださいね。
 
 
お金の流れがわかると、今何をすべきなのかが明確になります。
集めた情報はぜひ、数値化してくださいね。
 
 
お役に立ちましたら嬉しいです。
 
 
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
参加費無料のお茶会は11月28日(火)9:00~11:00
大船駅 スターバックスカフェです。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
 
 
**無料ダウンロード**

【無料ダウンロード】受験費用予算管理表(エクセル)をされるかたはこちら

【無料ダウンロード】未来への道が見える~ライフデザインシート~をされるかたはこちら

 

**各種講座** 

12/16 働いてるママ・働きたいママ必見! あなたにもできる!「子育てと仕事の両立」講座の参加申し込みはこちら

12/23 家計のプチ相談ができる あおぞらマネーマルシェの参加申し込みはこちら 

12/23 大人気!引寄せノート作るなら年内はこれで終了です! 第18回【ワークショップ】ビジョンノート作成会 (ホロスコープ付き)の参加申し込みはこちら 

 

AD