前回の記事です!

 

 

 

漠然とした

 

不安と

恐怖は

実態を

超えて

 

モンスター化して

私たちを

苦しめるのです。

妄想が

悪いように

膨らんでいくのです。

 

総合格闘家の

最強戦士

 

ヒクソン・グレイシーでも

試合前は

恐怖を

感じると言います。

 

恐怖を

克服するため

 

彼は

相手選手の

情報を集めます。

 

「人相が悪いな」

 

「危険な性格なのかな」

 

「子供が5人もいるのか」

 

インスタの画像で

「とても子煩悩そうだ」

 

親の介護もしている

「なんていい奴なんだ」

 

自分の

恐怖が

どこから

生まれたのかを

しっかり

理解して

相手のことも

知るから

 

恐怖が

なくなるそうです。

 

初めての

商談や

転職した時など

 

どんな人が

いるのか

 

どんな

対応されるのか

 

とても不安になります。

 

仮説を立てる

 

未来は

予測できないけれど

 

具体的に

3パターンぐらいの

仮説を

想像してみましょう。

 

”無視されるかもしれない”

 

”きつい発言をされるかもしれない”

 

”嫌味な人かもしれない”

 

すると

漠然としていた

恐怖が

小さくなり

何ができるか

何ができないのか

明確になってきます。

 

新しい上司とか

癖の強いお客様とかは

 

事前に

周りに

情報収集しておくことが

おすすめです。

 

意外に

その人の

良いところが

見えてきて

対面の

恐怖が

なくなります。

 

例えば

挨拶を

無視する人が

いたとします。

 

実は

 

この人は

極度の

人見知りなのかも

しれませんし

 

目の前のことに

集中するタイプ

かもしれませんし

 

耳が

遠いのかもしれません。

 

コロナや震災で

巨大な

不安と

恐怖に

襲われた人たちも

 

具体的に

売り上げが

50%落ちたら

こうなるのでは?

 

その場合の対策は

こうしよう!

 

緊急対策は

何をしよう?

 

さまざまな

ケースを

想定して

対策を考えて

乗り越えられたと聞きます。

 

漠然とした不安を

 

実態に

基づいた

対処可能な

希望に

是非とも変えていきましょう。

 

 

 

 

 

いつも読んでいただきまして

 

ありがとうございます😀

 

 

 

今日も

 

最高💖ハッピー🤗

 

 

幸せいっぱい

 

ありがとう🍊

 

ラッキー🤞ソロモン

 

 

とても良いものを紹介しています😃🌷