2011-04-18

Zhu Zhu Pets(ズーズーペット)・補足

テーマ:ベビー:一般
シロが一つ前の記事にしたZhu Zhu Pets(ズーズーペット)。


その後気になって調べてみると、第一希望のピンクちゃんは、Amazon. comで7.5ドルで売られていました。
むー、安いじゃん・・・。
(実際は、送料が別途5.47ドルかかります)

クリック Jilly Pink and White Zhu Zhu Pets Hamster Kids Toy


日本でははてなマークと、楽天でちょちょっと調べたらあっさり発見。




色にこだわらなければこんなにお安いものも。




日本でもヒット商品だったのかな音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-04-18

Zhu Zhu Pets(ズーズーペット)

テーマ:ベビー:一般

シロです。


2011年4月16日(土)。


UC Berkeleyの先輩宅でのBBQにお邪魔した際のこと。


ピンク色の小さい物体が、床を動き回り、それをkidsが追っていました。


Berkeleyのメモ帳


これが、床を動き回る物体。


「Zhu Zhu Pets」(ズーズーペット)。

2009年のクリスマス商戦に、驚異的に大ヒット 、したらしい。


このときはアメリカにいましたが、あまりにも授業が忙しく、また桃も小さかったため、気が付かなかった。


かわいい♪


Berkeleyのメモ帳


これがラベル。


Berkeleyのメモ帳

桃が喜んでいたので買ってあげよう。実際にはシロが気に入ってしまい、遊びたくなった。。


ということで、自宅近くにあるToys"R"Us(トイザラス)へ。

コーナーが設置されていました。


Berkeleyのメモ帳


いろいろなカラーバリエーションがありましたが、お目当てのピンクは、、無し。。

Berkeleyのメモ帳

このパンダ柄はまあ、許せるけど、かわいくない。


Berkeleyのメモ帳


うっ。なんだ、この色は!


Berkeleyのメモ帳

・・・。


Berkeleyのメモ帳


この子ならば愛せそう♪ということで、「$9.99」にて購入。


Berkeleyのメモ帳


・・・しかし、


空乃:「あー、ピンクが欲しかった。。あれかわいいのにぃ。」

シロ:「じゃあ、ターゲットに行ってみるか?」

空乃:「いく、いく!」


そして、ターゲットに待っていた現実。


Berkeleyのメモ帳


$5.00。



呆然とする空乃。


途方に暮れるシロ。


・・・けど、良く見ると、欲しいカラーバリエーションはありませんでした。

なぜか、基本、皆さんモヒカンを持っていらっしゃる。。。


Berkeleyのメモ帳


更に、あまりかわいくないハムスターは、$3.50で叩き売られていました。

Berkeleyのメモ帳

ハムスターを手に、以下がシロの仮説。


・販売チャネルとして競合するToys"R"UsとTargetにて、商品を分けて販売している。

・Toys"R"Usには売れ筋商品を、Targetにはそれ以外を供給。

・小売価格は強制できないので、商品の人気度を反映し、結果的に異なるプライシングになっている。


尚、このZhu Zhu Pets、ハムスターが動き回るレーシングセットなども売っています。


「ああ、たまごっち級にヒットした、かわいいミニ四駆なんだ。」


と理解し、なぜ自分が欲しくなったか理解できました。


たまごっちビジネスは大量の見込み生産に供なう過剰在庫で、結果的に破綻(特別損失60億円)。

息の長いビジネスをしていただきたいものです。


Cepia LLC


Cepia, LLC began in 2002 when a group of talented individuals led by a visionary veteran of the toy industry gathered together at a small office in Saint Louis to start a company from the ground up. After successful forays into consumer goods design and the sale of a proprietary trigger/pump device, Cepia settled into doing what they do best… making toys. Their first success was built from the ideations they’d mastered in consumer goods… color-changing LED lights. Putting these kid-friendly lights in a soft plush teddy bear – Glo-E was born.


Glo-E is about the magic of a child's wishes and dreams. Glo-e is a part of a wonderful bedtime ritual recognized by childhood development specialists and parents alike. More than a teddy bear, these color-changing light-up animal friends provide soft soothing light in a child's bedroom, provide a captivating rainbow of hues, and are so soft and huggable, children adore them. The Glo-e line of toys also has charming stories with beautiful illustrations dealing with how not to be afraid of the dark, getting rid of bad dreams, and adventures in magical lands, making friends, and helping.


This toyline set a high standard, whose bar was constantly raised continuing forward with each new item. Cepia became a recognized name, both in the US and internationally, as a toy company consistently developing and delivering unique toys. Cepia’s success came from its fast paced design-to-market capabilities, phenomenal in-house creativity, and the desire to consistently evolve – and to market fun, exciting, quality product.


The next round of magic began in August of 2009 when Cepia released a new toy into the marketplace. Its name? - ZhuZhu Pets™. It didn’t take long for these fun and furry hamsters to capture the hearts and imaginations of children all over the world. By Christmas, they were the must-have toy of the season. ZhuZhu Pets then went on to win the coveted TOTY (Toy of the Year) awards in 3 major categories: Toy of the Year, Girl’s Toy of the Year, and Innovative Toy of the Year. Now, with the addition of Kung Zhu™, ZhuZhu Princess™ ZhuZhu Babies™, and ZhuZhu Puppies™ the Zhu phenomenon continues to grow.


With the overwhelming success of ZhuZhu Pets, Cepia is moving forward and is making full-length feature films featuring ZhuZhu Pets and Kung Zhu warriors… and in 2011 is releasing a whole new line of toys – DaGeDar… supercharged ball bearings! Cepia is planning a season’s worth of television cartoon series for this line and is well on its way to adding “children’s entertainment company” to its list of achievements as well.


以上、シロでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。