売買が絡む測量だったんですが、隣地のまあまあ大きい木の枝が測量地側に出ていました。隣地の木の枝が出ている云々は測量とはあまり関係ないのですが、そんな中、隣地に挨拶と立会い依頼に行ったところ、

 

隣地「私の木の枝が出ているが、枝を切る気はない。(測量地の)買主に枝が出ているが一切文句は言わない、又は買主側で木の管理を行う旨の念書を書かせてくれ。そうしないと境界の立会いには応じない」

 

とのことでした。