1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-19 13:21:53

どちらがお望みですか?

テーマ:ブログ
仙台の生徒たちや、前回の小原芳美先生の生徒さんにも見せたことを、動画でお見せしましょう。

折り紙教室です(笑)

その1 

当たり前ですが…
端と端を揃えます。ピシッと!
そこから手順通り…焦らずゆっくりと。
(動画は倍速にしています!)




その2

端が合ってなくても折る作業続行。
途中、手順を間違えます。
とにかく「折れればいいや」で…終了。




完成品

左 その1 右 その2

{E3920E58-3743-4902-98D9-EC5144191837}

右側がなぜ、こんなにいびつになったか、わかりますか?

原因はどこにあると思いますか?

おわかりですよね。一番最初がズレていたら、もうアウトなんです。

そしてズレていたことを修正することなく、どんどん先に進むことしか考えず、手順を忘れ、いい加減に折った結果が…

これです。どう思いますか?

{3BFDE512-33AD-4EFE-8759-44CE5E9CB1A2}

私達バレエ教師は、子供だろうが、大人の生徒さんだろうが、こんないびつな姿にさせるために指導してるのではないんです。

だから最初の間違いを正し、なおかつ手順を間違えないように指導して、焦らずじっくりと取り組んでいくことを指導してるんです。

しかし、今の世の中…そんなに丁寧に物事に取り組みたくない風潮にあります。ちょっとのズレも指摘するものなら

「ちょっとくらい、おおめにみてよ」

となる。しかし、しかしですよ。

ちょっとのズレが、結果的にどうなりましたか?

これでもズレを「おおめにみる」必要があるのでしょうか?

ズレるのは人間だから仕方ない。私もズレます。

ズレたら軌道修正すればいいだけの話です。

出来れば初めからズレなければ苦労しませんよね。だから初めに習った先生が大事なんです。

習ったことにズレが生じていたとしても、早めに軌道修正すればよい。

しかし、ズレながら何度も何度も同じ紙で折り紙を折っていたらやぶけますよね。

ズレないで、きちんと「三角」の折り目が出来ていたら、あとは積み重ねていくだけで済む。

これが…バレエなんです!

色々な価値観があると思うので、私の意見が絶対ではないです。

しかし、私の価値観のなかに「いびつな折り鶴」を見て「綺麗ですね」と言える要素が、申し訳ないのですが、皆無なんです。

この辺をバレエを習う全ての方々が理解したら(もちろん私も含めて!)美しい折り鶴の如く、凛とした姿になれるのかな?と思います。

丁寧に、時間をかけて。

間違えても、失敗しても構わない。しかし絶対に間違えたまま、先に進まないで!

なぜなら最終目標は…こちらではないですか?

{3A5894A3-B97E-4134-9E72-D3989AAA00B6}


左右木健一
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-10-18 09:52:40

オープンクラス 11月予定日

テーマ:ブログ

本日18日(水)予定通り オープンクラス開催します。今月は20日(金)を残すのみとなりました。


{83282C9B-4B6C-4EB7-B713-100C3B491A2D}


11月 スケジュール

✴︎全クラス 左右木健一 指導


1日(水)8日(水)15日(水)

10日(金)17日(金)


10:45 - 12:00


バレエ経験一年以上でしたら、どなたでも参加できます(男性は要紹介者)


ビジター価格 ¥3000


皆さまのお越しをお待ちしております!


左右木健一・くみバレエスクール

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-10-16 22:55:00

実技試験課題

テーマ:ブログ
日本音楽高等学校のヴァリエーション実技試験。

昨年の二年生の課題曲「ライモンダ」を今年の二年生にも振付指導をすることになりました。

今日は振り写しの初日。最初の出だけで30分以上かかりました。残りの1時間でやっと振付の半分まで指導出来ました。

時間かかりすぎですか?いえいえ、まだまだ時間足りません!

試験科目ですから、発表会で一曲踊る、みたいな感覚ではないです。コンクールのヴァリエーション指導以上の指導を行います。

役の解釈をはじめ、歩く歩数、その歩いている時に必要な体幹、ポールドブラ、カウント、脚の運び方などなど…全部指導します。

そのベースは、私のバーレッスンです。ですから基本的な説明はさほど必要ないです。

「いつものアームスで、ね」

で通じます。しかし「いつものアームスで」が通じない場合は、そこからスタートしなくてはいけない。

二年生たちは昨年のちょうど今頃から私のバーレッスンを習い始めました。一年経過して、ようやく私の「言語」を理解してくれました。

時間…かかるんです。たかが一曲のヴァリエーションですら…

それを二年生は肌で感じたはずです。

日本音楽高等学校は写真NGなので、小原先生から頂いた写真で掲載していなかった写真を数点アップしながら…

まずは教師と生徒の信頼関係。これがないと無理です。

{5919DA63-B3FC-46EC-8618-DFB1BFB4399C}

聞く耳を持ってもらわない限り、次に進めない。

{688D7C1C-91A3-4F39-87FD-D6970BBC2719}

なぜなら、形が決まっているので…

{70886231-A751-4912-B6A9-50B790A7EE7B}

段階隔てていかないと…

{C0870292-A725-4845-BCDF-83509EEE79A3}

納得してもらうまで、見本を見せつつ、説明しつつ…

{7ADAAE79-43B6-47B8-849D-A1F5B49B855A}

その信頼関係が全て!

{9CEB370F-9D5E-44EE-BCAD-BED936C67786}

日音生、仙台の生徒以上に相当厳しく指導してきました。趣味で楽しく、ではなく、高等学校の「授業」ですから、生半可な気持ちで、私も指導しません。命がけです。

そんな二年生たちが、私の「ライモンダ」指導で

「いつものアームスで、ね」

で通じるまでに成長してくれた事が、本当に嬉しかったです!

指導を続けてきて、本当に良かったです!

左右木健一



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。