今日は朝から子供たちが自習にしていたり、くみ先生がお母さんと面談していたりなど、日曜日ではありましたが朝から賑やかなスタジオでした。

私は午後からバレエ初心者の男の子の個人指導。

まずは骨盤の位置や正しい腕の運び方をずっと指導していたのですが、今日はじめて「足指」について詳しく指導しました。


伸ばす感覚は、これからですね。


その後、私が評議員を務めるマレーシアの Asia Ballet Academy の子供たちを指導。

なんと未だにロックダウンだそうで、本当に可哀想です。なのでみんなが元気になるようなレッスンを指導しました。


その後、インドネシアの Marlupi Dance Academyのスカラシップ受賞者限定のバーチャルクラスを指導しました。


仙台の子供たちの動画全てを完璧に覚えて、今日のレッスンに挑んできました!さすが生徒数3000人を誇るアカデミーを代表する精鋭たち12名!



バレエを愛する子供たちを導いていく事が、私の使命と思わなくてはいけない、と最近切実に感じます。

私が発する言葉など、バレエ界には全く影響はないだろうし、政治力も全くないですし、バレエ団で働いているわけでもないし、目立つような活動は全然していませんし、仙台の中心部から離れた住宅地でひっそりと(笑)一匹狼で指導をしているだけだと思っていましたが

「左右木先生の指導でハッとする指導者や子供たちがいることは、自覚したほうがいいです」

と言われて以来、これからも仙台でひっそりと静かに目立たずに生きていくつもりですが(笑)ご縁のある方々や子供たちにはプラスになる情報を提供する義務を感じます。

ご縁を大事に…そして巡り会えた子供たちがバレエで元気になりますように!

左右木健一