コンクールの結果が良くないと

「こんなに頑張ったのに…なぜ?」

という思いになる方もいるでしょう。

そんな時、冷静に以下のことを読んでみてください。

準備はいいですか?

まず…

袖に待機している際、見切れないような場所に待機していましたか?(指導者の先生が審査員席から見えてしまった場合も、舞台マナーが減点になります)

舞台に出てくる一歩目から、心を込めて足を出せましたか?(しかし妙に足を強調させてニョキっと出すわけではなく、あくまで自然に)

その足を包み込むポアント(バレエシューズ)のリボン、紐、ゴムにほつれはなかったですか?底が真っ黒だったり、ポアントの先のサテンをきちんと処理していましたか?ポアントのリボンの結び目はきちんと処理できていましたか?

「板付 音」のキッカケにも関わらず、変にポーズで止まっていたりしていませんでしたか?(変に止まると、音響の方が音を出してしまいます。そのアクシデント、何回か目撃しました。これは音響さんが悪いのではなく、参加者の責任になります、なぜならポーズで止まってしまったら、音響さんは「板付した」と思うからです)

場合たりは大丈夫でしたか?へんな場所から踊り始めていませんでしたか?そして全般にわたり、舞台の空間の使い方は正しかったですか?

笑顔が自然でしたか?役の解釈に相応しい笑顔でしたか?鼻をすすったり、口を噛んだり、口をパカパカ開けていたり、目線を必要以上にお客様を見つめていたりしていなかったですか?(過剰な目線のアピールも、良いとは言えません)

ポジション、全てが正確だった、と言えますか?

ジャンプの着地、乱暴ではなかったですか?

ポーデブラは、正しい通り道でしたか?

顔の向きを定めるのに、目線は泳いでいなかったですか?

マイムのあるようなヴァリエーションでしたら、舞台上の登場人物が何人いて、どこにいて、どのような衣裳を着ていて、どれくらいの身長で、自分との関係性を考えた上で、手を出したり、マイムしていましたか?(登場人物がいない、と思われる場所に手は出さないです)

回転数、ジャンプの高さにこだわり、アライメント崩れていなかったですか?

途中で失敗して、顔をしかめて、諦めたりしていなかったですか?

チュチュや衣裳から糸がほつれていたりしていませんでしたか?

身体の8つの方向、毎回正しかったですか?

ターンアウトが「なんちゃってターンアウト」になってなかったですか?

小道具(扇子、タンバリン、弓など)が踊りの邪魔になっていなかったですか?

音に遅れたり、バランス取りすぎて音を外したり、音より早く動いたりしていなかったですか?

袖にはける際、気を抜いてダランとしてしまったのがお客様に見えていなかったですか?

さて…いかがでしょう?

「私はこの上記、全て完璧でした」

と、言えますか?

もし

「はい!全部完璧でした!」

と断言できるなら、プロのバレリーナになれています(笑)

プロのバレリーナが踊るヴァリエーションですから、子供が完璧に踊れるわけがないんです。

ですから

「未完成でも良い」
「失敗するのが(子供だから)当然」

と、いう考え方になれば

「こんなに頑張ったのに…」

とはならないはずです。

「頑張った」と「評価される」は直結しません。

シビアかも知れませんが、現実です。

「頑張る」のは誰でも頑張るし、努力もします。

しかし、世界バレエフェスティバルに出ているような大スターでさえ、万全を期して、どこの欠点も見当たることなく、舞台に挑んで、最高のパフォーマンスを見せているのに、心ないお客様から

「あのひと…嫌い!」

とか平気で言われるんです。ただ単に「自分の好みではない」というだけで!残酷だと思いませんか?

ですから…良い結果も、悪い結果も

目に見える結果や批評にこだわるのではなく、冷静に舞台で踊った内容を見直してみて(いまはDVDがあるから、いくらでもみれますね)

次のレッスンのときまでに、自分自身を高め、改善する…

そのための「コンクール」であって欲しいです。


表彰式などが終わったら、それで終了!

明日から、また終わりなき「バレエの道」を歩む。

ある意味(悪い言い方ですが)お祭り騒ぎが終了したら、現実に戻る。

この冷静さがある人が、バレエの世界に相応しい人だと思います。

左右木健一