<Q>

左右木先生おはようございます。

私は、〇〇スタジオ所属の中学2年生で、バレエ歴9年、コンクール歴2年、ポアントは小学5年から、レッスン週6回、身長166センチです。

〇〇スタジオで、5月と7月に左右木先生のレッスンを計4クラス受講しました。

コンクールに関する質問ではないのですが、私はそろそろ高校受験するか、留学する準備をするため、通信制にするか悩んでいます。私は将来、ヨーロッパのバレエ団で踊りたいと思っています。ですがまだレベルが追いついていないため教室を移籍し、レッスンを頑張っています。

高校1年から留学することを目指していて、今出来ることは、正しいレッスンを積むことだと思って、この選択をしました。
やる気はあります。このままレッスンをしていてプロになれる可能性はありますか?

やっておいた方がいいことや左右木先生が見てきたプロになった人などの特徴などあったらアドバイスお願いします。



<A>


コンクールに関係ない質問…ではありますが、コンクールにも通じますのでお答えしますね。

「このままレッスンをしていてプロになれる可能性はありますか?」

私は、占い師ではないですから断言出来ませんが(笑)可能性は0%でもなければ、100%でもない。真面目にレッスンしている子がプロになれなくて、いい加減にレッスンしている子がプロになる場合もある。

「運」も影響します。

しかし、その運を引き寄せるのも自分次第ですし

「チャンスはチャンスを与えても準備が整うひとに来る」

と、私は思っています。準備だけは万端に整えること…それに集中しましょう。

留学したいのであれば、もちろん会話は大丈夫ですよね?

行けばどうにかなる、という問題ではないですよ。英会話教室に通ってます、のレベルでもダメです。

よく「うちの子、英会話習ってるんです」

という親御さんの子供で、日常英会話すら怪しい子はたくさんいる話はよく聞きます。なぜか?

英語塾に通えばいい、みたいな考えでは留学した時困ります。英語を理解していたとしても、自分から言いたい事を日本語ですら言えない子が、英語で言えるわけがない。留学した日本人が真っ先に海外の先生に言われることは

「無表情、無口、無反応」

これは、英語塾以前の問題です。ですから日本語で良いので、自分が何をしたいかを毎日喋るようにしましょう。そしてそれを英語に訳して英語で言えるようにする。

例えば

「外反母趾が痛くて、トウセパレーターを入れてポアント履いたら、なんだかいつもより幅がきつくなっだ感じがするので、明日新しいポアントのフィッティングに隣町まで買いにいくつもりですが、私の足にフリードは合うと思いますか?いままでのブロックだと足の形がよく見えないから先生はフリードを勧めてくれましたが、買いにいくので、なにかアドバイスがあれば教えてください」

…を、英語(またはドイツ語、フランス語など、自分が留学する場所)で言えますか?

それを日本でも先生に聞けないなら、留学は無理ですから、なんでも先生に聞く訓練から始めましょう!

全日制を卒業してプロになれた子もいれば、通信制でプロになれた子もいます。

ただし「通信制にしておけば、ラク」

という考え方には、私は反対です。

通信制を選んでも良い人は

1 すでに年間留学が決まっている子
2 全日制高校にはバレエを本格的に始める以前から親御さんが行かせるつもりが全くなく、しかし高卒資格を取りたい子
3 バレエに対して県や市が全く理解してくれない閉鎖的な地域に住んでいて、全日制に入ったらバレエで学校を休んだり、留学も反対されるような子
4 全日制を卒業するステータスにこだわらない子
(自分の選択が不利になっても、人のせいにしない)

これに該当する子だ、と私は思っています。

あなたは、これに該当しますか?

しない場合は全日制に行くべきです。バレエの世界、そんなに甘くないてます。

私は全日制高校を卒業しました。ユニバーサルバレエ団に入れたのに、いったん帰国しなくてはいけなかった…通信制がまだ認知されていなかった時代です。

いまの皆さんが羨ましいです。通信制を選んで、自由にバレエできるなんて!

…さて、コンクールではないあなたの質問になぜ答えたか…

「このままレッスンをしていて…可能性は…」

という質問。

では、可能性がなければ、バレエ辞めますか?

可能性がなければ、コンクール出ませんか?

その可能性を測るのを、私のような大人に聞き、もし「可能性は薄い」と言われたら、諦めますか?

ちょっとだけ、厳しいことを言いますよ。

覚悟できてます?(笑)いきますよ。

「誰かに太鼓判おされたから」

という保険を頼りにしていて、もしそれがダメだった場合

「可能性がある、って言われたのに」

と、人のせいにしない覚悟が出来ていますか?

最近

「このコンクールなら、受賞できると言われたからエントリーしました」

みたいな話を聞きます。

占い師にでも「受賞できる」なんて言われましたか?もし受賞できなかったら、その占い師のせいにしますか?

雨の確率、10%と気象予報士さんが言ったから傘を持たなかったのに、土砂降りの場合

「気象予報士の嘘つき!」

とブチ切れる人と同じ。

最近、物事がうまくいかないと、自分の努力の不十分さや非を認めずに、他人のせいにする人が多いです。

誰でも人間ですし、過ちはあります。

しかし傷つきたくないから、予め誰かの言葉で「保険」をかけたい。

だからもし失敗した場合、自分の非を認めずに

「あの人が、私のこと大丈夫って言ったのに」

は…なしです!

もし通信制を選んでプロになれなくても、全日制を選んでプロになれなくても、いずれにしても、あなた自身の選択は、あなた(と、まだ未成年だから親御さん)が責任を負う覚悟が出来ていないといけません。

厳しいことかも知れませんが、これが世の中のルールです。

覚悟が出来ていれば、コンクールエントリーも、留学も、通信制も、アリです!

可能性を広げるのも、狭めるのも

「あなたの覚悟とやる気次第」

です!結論が決まってるなら、まっすぐ突き進んで下さい。しかし、あなたの決めた道を、誰かのせいにしないこと。約束してくださいね!

左右木健一