これまで知り合いの方からの質問に答えている感じのブログでしたが、夏のコンクールシーズン前に、ブログをお読み頂いております皆さまからの色々な質問を大募集します!

下記をクリックしたら、フォームサイトになります。



コンクールに関する内容(今までの記事やそれ以外で知りたいこと)などがございましたら、ぜひフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。



<Q>

コンクールは、内股やぽっちゃり体型だと減点になりますか?挑戦しないほうがいいですか?

<A>

どの程度の「内股」で、どの程度の「ぽっちゃり体型」か、によって回答が変わりますが…

まず「ターンアウト」について。

完璧に開いて、舞台に登場してきなさい!と、言うわけではない、と私個人は感じています。

9歳、10歳でターンアウトが完璧だったら、むしろ怖いです。

大事なことは日々積み重ねてきたターンアウトの練習をお客様の前で出来る限り披露して、内股に見えないようにする「努力」を続けてきたか、どうか…そこを私自身は審査しております。そしてその努力や気合いは、舞台上に二歩歩いてきただけですぐにわかります。歩くにもターンアウトは必要ですから。

最初から

「どうせ内股だから」

と言うのではなく、いかに努力をし続けてきたか。これが大事だと思います。

そして「体型」の問題…

確かにチュチュが似合う体型は「ある」といえばありますが…


これも審査員のメンバーが変わると基準が変わることがあるので、何とも言えないです。

ある先生は女性らしさが一切なくなるくらい痩せているのが好みの方もいれば、あまりに痩せすぎたら「女性に見えない」と逆に減点する先生もおられます。

私個人の意見ですが、自分の審査基準は「バランスの問題」だといつも思っています。

身長に対して、どの程度の筋肉が付いているか?
(付きすぎていないか、も含みます)

上半身と下半身のバランスは?
(鎖骨が客席からはっきり見えるくらい上半身が痩せているのに下半身が大きい、とか、その逆も)

ただ単に「痩せている」で、私は絶対に評価しません。何度も言いますが、私個人の考えです。審査員全員ではないので、参考程度に留めて下さいね。

コンクールは発表会ではないです。点数が付きますからテストと同じ。

ですから準備が出来ていない、と思われるようでしたら、無理矢理「挑戦」する必要はない、と思います。

小学生が何の準備もしないで、いきなり中学受験に挑むでしょうか?

それと同じで、日々のレッスンを積み重ねてきて、準備が整い、指導者の先生から

「そろそろ心身共に準備できてますね。挑戦してみたらどうですか?」

と言われて参加するのが理想的だと思います。

なぜなら、準備が整っていないのに、お子様をいきなりコンクール会場に連れていくのは、かなりの精神的負担を強いるからです。

準備が出来ていたら

「ここまで頑張れたんだから、挑戦しよう」

と前向きになれるし、結果が良くなくても

「あれだけ頑張った。けれどもまだまだ努力が足りなかったね。また頑張ろう」

と、なりますよね。

まずは日々のレッスンを積み重ねることからスタートしてみてくださいね。

週二回のレッスン、と書かれておりましたが、週二回ではヴァリエーションを一曲踊るには、レッスン回数は足りないかな?と思いますし、レッスン回数を増やして、それでもまだ「コンクールに出たい」という余力があれば、挑戦すると良いか、と思います。


左右木健一