バレエコア Bグループの皆さん


Aグループ同様、真剣!


やみくもに身体を動かすのではなく、本当に考えないといけないから、かなり子供たちは頭も使ったはずです。

その流れで、桜井先生のワガノワベースのクラス。

考えて、考えて


同じ注意を指摘されないように頑張るものの…


指摘されている内容は、バレエコアと変わらず、でした。


指導者がブレなければ、子供たちもブレない。

漠然と

「基本が大事」

とか、そういうレベルではなく

「この動きで使う身体の部分は?」
「どの部分を意識したらバランスとれる?」

をとにかく追求するクラスでした。


そんな先生方に対する感謝の気持ちを…


本当に嬉しい二日間!


ありがとうございました!


みんなで頑張って書いた様子。


お二人にはまた仙台にいらして頂きます!


バレエコアの続き、そして指導者WSの続き(これは絶対必要です!)継続していく必要があると思います。数日で何か得ようと思ってはいけない。

結局、資格マニアのように、あちこちのワークショップに出向いても、結果に結びつかないのは本人の意識不足。私も反省するところです。

今回、痛烈に感じたことは、やはり日本という国において、バレエが「教育」として根付いていない、という現実。

韓国は大学進学率100%と言われ、舞踊科に進むためにバレエ科のある中高一貫の学校の入試に挑む。

そして、その学校全てがワガノワメソッドで統一されているから、街中のお教室でいい加減に指導するわけにいかない…

従って、教師も徹底的にワガノワメソッドを勉強して、ワガノワメソッドに耐えられる身体作りを勉強するシステムが自然に発生していった…

日本は違います。

個々の先生方が、頑張って頑張って指導して…でもある一定の年齢に達したら、だいたい子供は塾に行き、塾からは

「バレエ辞めろ」

と言われ、学校からは

「学校生活とバレエ、どっちが大事なんだ」

と教師に脅され、親もバレエの世界がどのようなものか、国が教育機関として明確に指し示してくれないから不安がる…

そして、頑張って育てていった生徒たちは留学するために日本を離れる…

好きで日本を離れるわけではないです。

学校や塾から

「バレエを辞めて勉強に集中しろ!」

と、半ば脅されながら、ビクビクしながらコンクールで学校を休むことにも気を使い、本番前の舞台稽古で学校行事を休むことにも気を使い…大好きなバレエを後ろめたい気持ちで習うくらいなら、バレエが教育として国から認知されている国に移住せざるを得ない…

日本のバレエ教師がみんな感じているはずです。自分の生徒がかわいい。日本を離れて欲しくないけど、これ以上宿題や塾に追われて、仕方なく学校帰りの疲れた身体で練習させて、心身ボロボロにさせたくない…と。

だからこそ、バレエを「学問」として認知してもらわないといけない。

スポーツクラブやカルチャーサークルのバレエ、バレエをベースにしたジムでのエクササイズ、大人から始めるバレエ風体操、が悪い、とは言いません。

しかし、バレエなんだか、バレエではないんだか、の何とも言えない半端なところで活動をしていたら、世間の人は

「あ、バレエって、お気軽なんだね」
「だれでも指導できるんでしょ」
「片手間にでも指導できるんでしょ」

と、なる…バレエが認知されないのは、国が悪いのでもなく、システムが悪いわけでもなく、バレエに携わる指導者の本気度が世間に伝わっていないからだ、と痛烈に感じて反省します。

世間に認められない、ではなく

まずは

「勉強すること」

からスタートでしょ?と、今回お二人から教わった気がします。

先生方、ありがとうございました!

さて、本日ワークショップ3日目は、10:45からオープンクラスと個人指導、そしてスクールの通常クラスもワークショップとなっております。

個人指導以外、予約は不要です!お気軽にいらしてください。

明日の小尻健太先生コンテンポラリーWS(13歳以上)は空きがございます。ぜひいらして下さい!

詳細は こちら

ぜひいらして下さい!

左右木健一