「偏らない」

これは本当に大事だと思っています。

何を偏らないか?バレエを知らない方は意味不明ですね(笑)

コンクールで踊られるヴァリエーション、例えば回転などはほとんどが右回りです。男性は左回りが許されたりしますが、女性は敬遠されます。なぜならヴァリエーションはともかく、パ・ド・ドゥを組んだ場合、振付で全て左回り、というのは余程のことがない限りありません。だいたい主要な回転は右回りです。

と、言うことは、古典作品を踊っている限り、かなり片側だけに重心がかかる…偏るんです。

ですから、普段の基礎レッスンは右をやったら必ず左。時間がないときは省略しますが。

この基礎レッスンを怠り、毎日毎日ヴァリエーションの練習ばかりしていたら、どんなことになるか…もうお分かりですよね。


プロは毎朝キチンとレッスンします。

しかし、プロではない子供たちが毎日基礎レッスンもそこそこに、ヴァリエーションばかり練習していたら…

コンクールがあくまでも通過点であり、オプションである理由…おわかりになりますよね?

偏らないようにしないと、と思います。

左右木健一