審査員を務めていると、よく聞かれます。

{499C430B-043E-41A4-84AD-74D953F826C5}

「回ったり跳んだりしたほうが、コンクールでは有利なんですか?」

「地味な踊りよりも、派手な踊りのほうが良いですか?」

回答に困る質問です。

なぜなら回れない、跳べない、よりは回れて跳べたほうが良いですし、見栄えのしない見ていて眠くなる踊りより、アクセントがハッキリしている踊りのほうが良いかも知れない…

しかし、何よりも問題なのは

「このコンクールで賞をもらうために、路線を変えました」

みたいに、参加者や指導者のポリシーが崩れてしまうこと…

たぶんアンチコンクール派の先生方は、そのように流されることを避けるために

「コンクールには参加させません」

という理由があるかと思います。

昔も今も、コンクールは「お祭り」の要素は否定出来ません。

ドラマチックな展開があればあるほど、マスコミは飛びつくでしょうし、コンクールにスター的存在の参加者がいれば、客席は盛り上がりますし…

それは否定しません。

こんな例があります。

私がヴァルナ国際バレエコンクールに参加していた1994年。あるアメリカ人の男の子が、アイドル的存在となり、アナウンスされた瞬間客席は湧きました。しかしアイドル的存在ではあったにせよ、芸術家としてはどうか?と一部の人からは、盛り上がっている客席に疑問を抱いていました。

「数年後、彼はバレエ界にいないよ」

という、ある方の意見は命中。今ではあれだけ人気のあった彼はバレエ界にいません。

ここが、バレエの世界の怖いところなんです。

コンクールの表彰状は将来の「保証書」ではないです。

これは何回も、何年も、言い続けていても(そしてこんなに情報が公開されていても)バレエを知らない人には理解してもらえない部分があります。

もちろん、現役ダンサーのプロフィールに書いてある内容に、コンクール受賞歴が記載されていますから、全否定は出来ません。しかし将来の「保証書」ではないんです。

「保証書」にはなりませんが、一生涯、人々の印象から離れないことがあります。

例えばコンクール予選落ちしていた子が、プロとして活躍した場合…

もしくは子供の頃受賞してた子が、受験のブランクを隔てて復帰した場合…

「よく頑張ってバレエ続けてきたよね!コンクール時代の貴方は、みんな知ってたよ」

と…

「回って、跳んで、派手に、そして受賞」

以前に、人としてどう生きるか、という深い部分が、実はコンクールを通じて学んでいることを、もっと世間に認知して頂くことで、何かが大きく改善される気がします。

左右木健一