「何の為にコンクール参加するの?」

この目的意識が定まっている子と、そうではない子は、明らかに差がついてきます。

別に目的意識は何でも良いとは思います。

「何か表彰されたい」

でも、悪くはないと思います。私はその考え方はあまり賛同出来ませんが、人それぞれの価値観ですから全否定はしません。

しかし一番困るのが

「友達が賞をもらったから自分も」

というのには反対します。もしうちの生徒たちにそのような考えを持つ子がいたとしたら

「そういう考えなら、コンクール参加しないでください」

と、お断りします。

自分が心から望んでいるのなら、いいんです。

しかし「友達が…」は、ないと思います。

自分が欲しくもない物をクラスのみんなが持ってるから、わざわざ買いに行くのと同じ心理です。

欲しくもないものを手に入れたとして…それを大事にしますか?しないですよね?

{32DF80A1-C965-445E-8B4F-291A63EE67C0}

参加する動機は個人の自由ですから、別に何でも構わないと思います。

しかし、コンクールは結果が出ます。良くない結果が出るかも知れません。その時に人のせいにするのは止めたほうがいい。

「友達が出たから出たのに、予選落ちした」

(その友達は参加を強制しましたか?)

「先生に参加しろ、と言われたから参加したのに」

(嫌なら、初めから参加しません!と意思表示しましたか?参加すると最終的に結論出したのは誰ですか?)

「みんなは賞もらったのに自分はもらえなかった」

(「みんな」は貴方も含まれているか、そうではないかは、蓋をあけてみないとわかりません。その覚悟、出来ていましたか?)

全ては「みんなが」「誰かが」という他力本願から来る悲劇。

全部自分が納得したうえで参加したら、結果を素直に受け止められるはずです。

うちの生徒には

「ひとりで行動する勇気を持ちなさい」

と、よく指導しています。

なぜなら、自分の人生であり、他人の人生にあやかって生きていくわけにはいかないから。

日本国内で、誰でもコンクールに参加は出来るようになりましたが

「みんなが参加するから自分も…」

という考えではなく

「色々な覚悟は出来た。それでもいいから参加したい。なぜならこれは自分で決断したから」

そんな考えでエントリーした場合、絶対にバレエの神様は味方に付いてくれるはずです。

Part18 に続く

左右木健一