2017-11-15 10:23:07

Self Pity

テーマ:ブログ
facebookで発信されている佐藤愛さんの記事が痛烈、痛快でしたので、シェアさせていただきました。


私は幼少期から

「こんなに頑張っているのに、周りから認められなくてかわいそうよね」とか

「痛いの?大丈夫?無理しないでね」とか

「辛かったら、休めばいいわよ」とか

周囲に言われたことがあまりないまま、育ってきました。Self Pityになりたくても、なれない状況(笑)

バレエの世界を知らない一般の方々が、バレエ内で発生したSelf Pityは理解できない…愛さんの仰るとおりです。

私だって、スポーツの世界を知らないです。ですからそんな私がスポーツに挫折した人に対して

「こんなに頑張っているのに、理不尽な世界ですね」とか

「こんな無茶な練習させて、かわいそうに」とか言う権利も立場もない、と思います。

むしろ、そのような無責任な発言は控えた方が良い。

足の治療にしても同じです。患者さんが

「足が痛いから踊りたくない」

と言ってるのに、お医者さんが

「ダメだ!踊れ!」

なんて言うわけないですよね。

「そうか?痛いか?かわいそうに…休もうね」

というお医者さんの言葉はSelf Pityの人には天使の声ですよね。

「あ、バレエの世界で辛かったのに、その辛さをわかってくれる人がいたなんて」

と、なんだか感動してしまう…私もそんな時期もありました。人間ですから。

{51BA044A-5453-46D2-9092-4DF08C141843}

ユニバーサルバレエの日本公演…私が16歳の頃です。

女の子たちは毎日毎日リハーサル。私のような16歳の男性はクラスが終了したあと、1日ヒマな時がありました。そんなときも周囲は

「頑張っているのに、チャンスがなくてかわいそうね」とか変な同情は一切なかった。ないから、自分で解決するしかなかった。日本人の女の子たちは日本人だけでかたまり、英語でも韓国語でもコミュニケーションを取る必要がない。私みたいに男1人でポツン、の人間は、自分から

「お腹すいた」
「スーパーどこ?」
「リハーサル変更ある?」

と言わなければいけないシチュエーション。私が英語や韓国語を喋れるようになったのは

「誰も自分を助けてくれなくて…そんな僕ってかわいそう」

とか言うSelf Pityの罠にはまらなかったから。

変に同情してくれる人が周りにいなくて本当に良かった、と思います。

いまの世の中、辛いことがあって

「よしよし、頑張ったね!もう頑張らなくてもいいんだよ」

みたいなアドバイスをくれる人が「いい人」

しかし、その裏を読んでますか?

同じダンサー仲間なら

「ライバル減らすために、誉め殺ししておけ」

と、思っての同情でしょうし

みず知らずの他人なら

「苦しんでいる人に対してハッパかけたら、のちのち面倒だから、とりあえず同情しておこう」

という気持ちのほうが強い。どちらもSelf Pityを更に助長させる要因にしか過ぎない。

人間、辛い時にキツイことは言われたくない。私も人間ですから、同じ(笑)

しかし、愛さんのブログを読ませていただき、ハッとしました。

「こんな辛い気持ちで、辛いシチュエーションで頑張ってる自分って…かわいそうでしょう」

みたいなアピール…一切必要ないな、と。

そして、そのアピールをしたところで、周囲も環境も変わるわけがない。その場の同情こそはするけど…

色々な考え方がありますから「愛さんが正しい!」とは言えないのかも知れませんが、少なくとも、私自身がロジカルに冷静に考えたら

「納得!」

と腑に落ちました。皆さんも考えてみてくださいね。

今日という日が、ソープドラマの悲劇のヒロインにならないように。

考え方ひとつで、ハッピーエンドのヒーロー、ヒロインに、なれる…はず!

左右木健一


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Soki Ballet Schoolさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。