2017-11-08 09:54:10

プチ同窓会をキッカケに

テーマ:ブログ
日本音楽高等学校の授業後、facebookで再会した同級生たちと7年ぶりにプチ同窓会をしました!

{AAE3F3AE-A9C1-449E-B9C5-DE6911A0C0FE}

なんと5時間、笑いっぱなしでした!5時間中、2時間近く、バレエや姿勢の話を私が一方的に(笑)

{D2C4128B-7862-4FB4-ACF5-6898CB8D90C9}

キッカケは、1人の同級生から

「バレエの鑑賞法が、よくわからないから教えて」

と質問されたので、鑑賞法と共にヨーロッパの劇場の話をしました。

ヨーロッパでは商談の場として劇場を使う場面がよくあります。ですからバレエの「白鳥の湖」だろうがオペラの「トゥーランドット」を知らないと

「教養ない?」

と、馬鹿にされる。だからある程度の社会人なら勉強する必要がある。

日本は平日に劇場に通う習慣もなければ、芸術について仕事帰りに語り合うこともしない。文化はいつでも後回しに…これはどの国でも同じですが、韓国、香港、シンガポールですら、ダンサーたちは生活保証されているのに、日本は……

日本を回している極僅かな特権階級の方々の芸術に対する意識が海外とは違うから。仕方ないです…

また姿勢についても、話題になりました。

ザルツブルクに住んでいたときの老人たちの姿勢は、こんな感じだったので…

{CBD34E95-7B5F-43EA-ADD5-5F40210B520C}

背中を丸めた姿勢の悪い老人があまりいなかったので、日本に帰国したときは本当にビックリしました。とにかく姿勢が悪い。

あと数年したら50歳にもなる私と同級生たち。すでに話題は

「転倒した」
「物が見えづらくなった」

などなど。これはマズイよね?となり…
同級生たちに歩き方を伝授しました。正しいウォーキングか?と言われたら、そうではないかなあ?と思いますが、少なくともこうやって歩けば転ばないよ、と教えました。



色々な職種の同級生たちと話をしていて感じたこと…山ほどありました。

バレエの世界にいたら、姿勢が良いことも、肩こりがないのも当たり前…と思っていましたが、実は相当数の方が「何が正しい姿勢なの?」というのがわからないみたいで。

私のお役目…バレエ以外の世界にもあるのかな?と感じた1日でした。

左右木健一








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Soki Ballet Schoolさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。