怪我を乗り越えて

テーマ:
ゴールデンウィーク真っ只中の5月3日。

中島綾子さんと駿野さんの舞台を見に行きました。

{DC46AD00-8FE7-45DD-8E62-C6E950B8CFE6:01}

綾子さんのアキレス腱切断の話は、私共の舞台の告知の際にも触れましたが、本当にあれだけの大怪我、大手術、様々な困難を乗り越えての復帰…

私と同い年ということもあり、本当に涙が出るくらい、復帰に関しては嬉しく思っております。

バレエが好きだから、どんな困難も乗り越えていくことが出来る…嫌いならめげてしまうことでも、好きなら克服することが出来る…バレエにはそんな力があると思います。

健康で踊れてあたりまえ、は永遠ではない、ということは、健康な子供たちに懇々と説明したところで、納得してくれない。ならば健康でなくなり、踊れることが当たりまえでなくなったときに、どのような精神力でその困難を乗り越えていくことが出来るか…それを生徒たちも綾子さんの踊りを通じて、少し感じてくれていれば、と願います。

今朝は地震もありました。不穏な動きが世界中であります。朝、普通に目が覚めて、夜、普通に寝ることも、当たり前ではなく、有難い、と思わなくてはいけない。

まして自国の文化でもないバレエという芸術に携われるのは奇跡に近い…そう思いながら指導していきたい、と思います。

左右木健一