病院の裏話④~医療職の赤裸々な転職事情~ | 心にソフトな革命を

心にソフトな革命を

NLPを用いた過激派若手心理カウンセラー、メンタルブロック解除人こと山崎大和(やまざきやまと)のブログ



【大和のルーン占い適当解説】

ケン



●自分に対して
・・・前向きなエネルギーを表す
ルーンです。自己啓発的な意味合いの
強いルーンです。


●他人に対して
・・・「炎」や「明り」をも意味する
ルーンなので、先ずは自分が明りと
なって周囲を照らして行く位の
意気込みで良いと思います。


さて、今日のラッキーアイテムは・・・
苦無です☆彡


こんにちは!>(・ン・。)
貴方のハートにレボ★リューション!
メンタルブロック解除人の大和(やまと)です。


昨日に引き続いて、
僕の前職の振り返りシリーズです。


先ず先に断っておきますが、この
振り返りは飽くまで意識の構造に
対する振り返りにしたいと思います。


個人個人を道徳的なモノサシで
愚痴っぽく裁くと言うのでは無く、
人と人を取り巻く意識の構造の違いを
ややマクロな観点から、哲学的に
考察してみようと言う実験です。


しかし、世界の構造とか社会の
構造の真実を突き止めたい訳でも無く、
こう言う風に普遍的な真実の構造を
追求する哲学的立場を「構造主義」と
言いますが、どちらかと言うと、
僕らがともすると一般化して普遍的に
思ってしまいがちなものを改めて
分析して解体する為に追求してみようと
言う試みです。


一般的に「これこそが世の中の仕組みだ」
と思われているものを、改めて細かな
差異に着目して、「本当にそうかい?」と
疑問符を付けてその仕組みを解体しようと
言う哲学的立場は「ポスト構造主義」と
言います。


一応論理を進める上で、ある程度
断定しないと考察を展開できない所も
多々あるので、些か断定口調には
なりますけども、主目的としては、
世間の価値観やものの見方の枠組みの
解体であることをご理解して頂ければと
思います。


また、このシリーズでは普段の
フランクなテイストは抑え目で、
やや硬派な文体で行きますんで、
そこの所をよろしくどうぞ(*_ _)ノ



さて、今回初めて読む人もいると
思いますので、毎回前職について
軽く紹介しときますが、僕の
前職は急性期の総合病院に勤める、
ペースメーカ担当の臨床工学技士です。


前回と前々回は、僕の関係者であった
ペースメーカのメーカーの営業マンの
立場と意識について考察してみましたが、
今回は少し毛色を変えて、医療職に
おける転職観について述べてみたいと
思います。



と言うのは、転職と言うのは実は
結構道徳的なモノサシで裁かれやすい
テーマでもあるので、そこの意識の構造を
クローズアップしてみたいと思った訳です。



先ず、よく転職で言われたりするのは、


「嫌々辞めても辞め癖がついて、
次の転職先も上手く行かなかったりするよ」


と言うものです。


つまり、一つの所で長く続かないと
次でも長く続かないし、延いては
転職すると給与も下がりがちだし、
今後の人生余り良くないよ、と言う
アドバイスです。


で、この助言は実は前提にその人が、

サラリーマンである


と言う条件が隠れています。



しかしながら、資格職で特に
医療職となると、転職はまた違った
ニュアンスを伴って来るものです。



どのように違うのかと言うことを
これから一つ一つ丁寧に述べて
行きたいと思います。



先ず、世間一般の進学と進路に
ついてですが、大体高校を出たら
大学に入って、大学を出たら就活をして、
新卒でどこかの会社に就職して、
そこでできることなら長く働く、
と言うキャリアを選択するかと思います。



大学自体は割とそこそこいい所であれば
何でも良くて、入っても遊んだりして
モラトリアムを謳歌したりしますが、
大学を出る段階になればカッチリどこかの
会社に決めて、そこに残りの人生を
一気にベット(賭ける)すると言う
感じのキャリアプランです。



だからまぁ、大学受験もかなり
大事なライフステージっちゃ
ステージですが、ここ一番の勝負が
就職と言う段階になる筈です。


何故新卒の就職先で残りの人生を
全てベットしなければならないのかと
言いますと、どこの企業も大卒の
新卒採用の人材を大事にするからで
あり、もしその会社を途中で嫌に
なったとしても、そこからの
セカンドキャリアは選択肢が大分
限られて来ますし、入れたとしても
前回説いた外資系営業マンの
成果主義的なサバイバル人生に
入ったりする可能性があったり、
中途採用で入った者は出世街道から
外れるので高い給料が期待できなかったり
するからです。



これはひとえに、「大学新卒」と言う
一種のブランドをあてにしているから
起こる現象であって、別の見方をすれば、


手に職が無いから、大学新卒と言う
唯一のブランドにすがるしかない



と言うステータスでもある訳です。




で、これに対して手に職がある
資格職の場合ですと、そもそも余り
そこまで「新卒」と言うブランドに
対してこだわりが無かったりします。


何故なら、手に職があるので、
いざとなれば転職先を比較的容易に
見つけられるからです。



実はぶっちゃけ、僕が何故
臨床工学技士と言う技術職を
目指したのかと言うと、長く
続けられなかった時の為の保険を
かけておきたかったので、取りあえず
選んだ部分が大きいです(笑)



と言うのは、僕は高校こそ地元の
進学校に行きましたが、周囲が
大学先をどこにするかで必死な時に、
余り大学行きたいって言う願望が
無く、もっと言うと会社勤めしたいと
言うモチベーションがほとんど
無かったからです(笑)



だから、高校の勉強にしても、
そもそも「何でこれを自分が学ばなければ
いけないのか」って言う意義が
全然見つけられなくて、どうしても
勉強に魂が入らなかったです。



で、僕と同じような気持ちだった人も
世の中沢山いると思います。



そして、そう言う人も大体、親や教師から
言われたりして、何となくでもいいから
大学行って、取りあえず新卒で
どこかにベットすると言う選択を
選んだりすると思います。


でも僕の場合はそこの意識がちょっと
違くて、割と心のどこかで


何となくで就職してしまうのは
まずいかも知れない


って思ってました。



と言うのは、何となくでも
ベットはベットであって、もし
賭けを間違えたら、後で取り返すのが
大変だなと思ったからです。


要するに、大学新卒で一つの所に
ベットする自信が無かったので、
そんな小心者だから、大学に入ると
言う選択に二の足を踏んだのです。


だからそこの所の進路の意識の
違いで、親と対立して、ずっと
意見が合わない状態で、高卒後は
浪人と言う名目でスーパーでバイトとか
しながらど~しよっかな~~~って
うだうだ考えたりしてました。


一応高3の時に防衛大を受験してますが、
防衛大を選んだのは自己鍛錬ができると
言う自己啓発的な意義が見出せたのと、
防衛大は入った段階で公務員扱いで
その後の人生が保障されるので、そこの
所が大きかったです。

まぁ健康診断で落ちちゃいましたが。。。


で、色々悩んだ末に、親戚の助言も
あって、大学では無くて専門学校に
すれば手に職もつくと言うことで、
専門学校にフォーカスして、その中で
偶々目に付いて興味を持った
臨床工学技士を選択したと言う流れです。



僕の場合は非常にグダってますが(苦笑)、
大体同じように、大学行く
モチベーションも無いけれども、
人生に保険もかけておきたいって人が
結構専門学校に入って来たります。


また、大学新卒のベットに失敗して、
そこからのセカンドキャリアを
模索する為に、遅まきながら
専門学校に入ると言う人も割といます。


そして勿論、純粋に職人としてその
道を究めたくて入る人もいます。


そう言う意味で、専門学校と言うのは
年齢的にもモチベーション的にも
多様な人が入って来るものなのです。



例えば少し現実的なことを言いますと、
女性で看護師を目指す人が多いですが、
何故看護師を目指すのかと言いますと、
セカンドキャリアの構築がしやすいから
と言う理由が大分大きいのでは無いかと
思います。



何故なら、女性は結婚すると出産と
子育てと言う大変なライフステージが
待っています。


今でこそ産休制度とか大分整備されて
来てますけども、それでもやはり
働きながらと言うのは大変です。


なので結婚したら退職する女性が
結構な割合でいるのです。


そして、退職して出産後に少し
落ち着いて来たら、子供の養育費の為にも、
夫の稼ぎだけだと足りないから、
共働きせにゃならんと言うことに
なったりします。


しかし、その時には自分が
勤められる所はパート位しか
見つからなかったりするのです。


新卒でどんなにいい所に就職できても、
結婚して退職して出産後に働き口を
探したらパート位しかいいのが無い、
と言うのは結構あるあるです。



でも看護師の資格を持っていると、
そこの所の潰しが非常にきく訳です。


そう言う訳で、看護師を目指す女性が
多いのです。



だから最初っから、新卒先に骨を
埋めよう等と言う意識では無くて、
セカンドキャリアを意識した保険としての
選択なのです。


あ、勿論純粋に看護師になりたい人も
いますが、便宜的に脇に置いて
話してますんで悪しからず(*_ _)ノ




だから、そもそもそう言う感じで
医療資格を目指した人に対して、
退職すると言う時に、



「嫌々辞めても辞め癖がついて、
次の転職先も上手く行かなかったりするよ」


って言うのは、そもそも観点が
ズレていると言うことになります。



じゃあ僕は何で転職しないのかと
言うことにもなりますが、僕の場合は
そもそも「転職」では無くて「起業」で
あって、もし「起業」で本当に
上手く行かなくて、ドン詰まりにまで
いよいよ追い詰められて来たら、
その時に


じゃあ臨床工学技士としての転職を
改めて考慮しようか


と言う風に考えたりしている訳です。



また、起業を考えている人と
どこかに雇用してもらうことしか
考えてない人とでは、意識と言うか
センスが大分違います。


僕は割とホリエモンの、

「嫌な所何かさっさと辞めて好きなことで
生きりゃいいじゃん。何とかなるよ」

って言う生き方の方に共感するタイプで
あるので、そう言う人種に、


「嫌々辞めても辞め癖がついて、
次の転職先も上手く行かなかったりするよ」

みたいなことを言うのは、色々と
労働観がズレてる訳です。



大分長くなりましたので、今回は
ここまでです。




( ´∀`)ノ<参考に、どうぞ。


それでは


アデュー


心理カウンセラー


山崎大和でした。






P.S.

書いてみて思いましたが、
このシリーズは思ったより
長編化するかも知れないですね。




応援クリックしてくれると、
気が狂う程気持ちええんじゃ(*´Д`)↓

ブログランキングリンクバナー
心理学ランキングへ


◆僕を応援したい方は下記リンク先を紹介して下さい(・ン・。)
メンタルブロック解除人 山崎大和オフィシャルサイトまとめ


◆メルマガ始めました。その名も「ゼロスタ通信」
メルマガリンクバナー

◆ただ今アンケート実施中!

◆ただ今寄付金募集中!

◆メンタルブロック解除人 山崎大和オフィシャルサイト

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
僕の心理学のスタンスは以下の記事で解説しております↓

・NLPについて
・そろっとまとめに入りますm(_ _)m
・メンタルブロックって何やねん?
・寄り添い型、解決型
・精神科と心療内科の違い
・大和流NLP誕生記念日
・概念の網にかける
・痛みを無くすことが先では無い
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

◆僕の記事内容の紹介は許可なく行って頂いて構いません(*^ω^*)
その際はリンクを貼って頂けると有難いです。




――――――――――――――――――――――――――――
【今日の業務連絡】
名刺を整理してEvernoteに
取り込みました。