病院の裏話③~生き残りを賭けた外資系営業マンのサバイバル~ | 心にソフトな革命を

心にソフトな革命を

NLPを用いた過激派若手心理カウンセラー、メンタルブロック解除人こと山崎大和(やまざきやまと)のブログ



【大和のルーン占い適当解説】

アンスール



●自分に対して
・・・「情報」や「言葉」を意味します。
個人においては、内面の言語化や
情報収集、特に人伝てからの情報収集が
大事になります。

●他人に対して
・・・人との関わりに関しては、
ズバリ具体的な言葉で伝えあうことです。
決して忖度とかではありません。

さて、今日のラッキーアイテムは・・・
米沢牛です☆彡


こんにちは!>(・ン・。)
貴方のハートにレボ★リューション!
メンタルブロック解除人の大和(やまと)です。


一昨日と昨日に引き続いて、
今回も前職に対する振り返りと
組織的観点による考察のお話です。


先ず最初に断っておきますが、
これは前職に対してミクロ的即ち
個人的に振り返ると言うよりも、
なるべくマクロ的に振り返ろうと
するものです。


例えば経済においては、不況なのは
根性が足りないからもっと頑張れ!!
って言うのは、ミクロ経済的な観点です。


対して、マクロ経済的な観点では、
政府が通貨供給量を調整することで
有効需要を喚起しようとしたり、
金利とか公共事業とか構造改革とかで、
全体の構造を俯瞰して、どうするかを
考えるものです。


そしてミクロ経済の結論と
マクロ経済の結論は時に大きく
矛盾します。

矛盾するからと言って、どちらが
悪いのかと言うとそうでは無く、
観点が違うからそうなると言う
だけのことで、それをいいか悪いか
言うのはナンセンスと言うことです。


同様に、僕は組織的な観点から
僕を取り巻く関係者達の意識の構造を
考察しますが、それをミクロ的な
観点で、「そんなことを言うのは
人間的になってない」等と批判するのは
お門違いだと言うことです。


そのようについ思ってしまう恐れの
ある方は、早急にブラウザバックして
頂ければと思います。


ここから先は、この前置きを了解して
頂いた方のみ読んで下さい。


さて、僕の前職は急性期の総合病院に
勤める、ペースメーカ担当の
臨床工学技士です。


そして、病院におけるペースメーカ業務に
携わる存在には僕の他に、
ペースメーカのメーカーの営業マンと、
医療機器代理店の営業マンがいると
言うことを、これまで述べて来ました。



今回は昨日に引き続いて、もう少し
メーカーサイドの営業マンについての
考察を深めたいと思います。


昨日もお話した通り、ペースメーカーの
企業はアメリカに本社を持つ、
外資系企業です。



そこの外資系企業の営業マンが、
病院にちょこちょこ来て、
ペースメーカのフォロー業務に
深く携わっている訳です。



ではペースメーカ企業の営業マンは
医療スタッフなのかと言うと、
全くそんなことはありません。


もしかすると大学時代に多少医療とか
工学の片鱗は学んだ人もいるかも
知れませんが、基本的にその企業に
入るまでに、何等かの正規の医療の
勉強をして来た訳ではありません。



なので医療資格は持たず、無資格者です。

その証拠に、営業マンは院内では
スーツを着てペースメーカの検査業務を
行っています。

医療スタッフでは無いので白衣は
着ない訳です。


外部の者が病院側から委託されて、
準医療行為とも言えるお仕事に
携わっていると言うのが現実です。


でも、営業マンである以上、営業マンの
本質は「営業」と言うことになります。


病院から「ちょっとやってよ」って
言われてやる準医療行為と言うのは
飽くまで二次的なお仕事に過ぎないのです。



では営業マンは何を営業するのかと
言いますと、ズバリ「ペースメーカ」です。


不整脈患者を治療するデバイスである、
ペースメーカを商いして売り込むのが、
営業マンと言う身分の本質なのです。


でなければ営業マンが院内でやってる
業務は全部滅私奉公・ボランティア的な
ことになってしまいます。。。


勿論そんなことは無い訳で。


ペースメーカに馴染みの薄い人が
多いと思いますので、一応参考画像を
貼っときます。





これはメドトロのペースメーカです。
見て何となく分かると思いますが、
小さくて平べったくて薄いです。


これが体内に入って心臓に
正しいリズムの電気信号を送って
くれる訳です。


電池はリチウムイオン電池を
用いています。


最近ノーベル賞を受賞した吉野彰さんの
功績はリチウムイオン電池ですが、
リチウムイオン電池は医療業界においても
大いに役立っていると言うことです。


リチウムイオン電池は寿命が長く、
大体5~8年は持ちます。


つまり、患者に一度植え込めば、
その位の期間は大丈夫と言うことに
なります。


しかし5~8年後にはバッテリーが
尽きるので、それより少し早めの
時期に、ペースメーカ交換の為の
手術が必要になります。



ペースメーカ患者は非常に高齢の方が
多いので、高齢であれば、まぁ
不謹慎かも知れないですが、
ペースメーカよりも先に患者の寿命が
尽きるだろうと言うことで(苦笑)、
余り問題になりません。


でも若い患者の場合には、何回かの
交換手術が必要になりますので、
バッテリーがどれ位持つかは非常に
意識しなければなりません。


で、ペースメーカで電気信号を
発する為の電極を「リード」と言います。


交換の際はリードを残して、本体だけ
交換することになりますが、基本的に
メドトロのリードはメドトロの、
ボストンのリードはボストンの
ペースメーカに対応しており、
互換性はありません。



と言うことは、一度患者に
ペースメーカを植え込めば、
これから先交換する時には、
ずっと同じメーカーのデバイスを
交換しないといけないと言うことに
なります。


携帯みたいに、途中でドコモから
ソフトバンクに乗り換えるとかは
できない訳です。


なので、新しい患者に自分の会社の
デバイスが採用されるかどうかと
言うことは、ペースメーカの
営業マンが仕事上、かなり意識をする
大事なことと言うことになります。



ペースメーカは一つ普通に100万とか
しますので、乱暴にざっくりと
言っちゃうと、車ディーラーが車1台
売るのと似た感覚だと思われます。



その為にこそ、病院でのフォロー業務にも
携わって、病院や患者との信頼構築の
為に頑張る訳です。


これはマーケティングで言う所の、
「既存客のフォロー」と言うことに
なります。


そして、営業マンであると言うことは、
自然と、商品を購入する判断を下す
権利を持っている人、即ち「決裁者」と、
そうでない「非決裁者」を意識する筈です。


ペースメーカの営業マンにとっての
決裁者はズバリ医師です。


それ以外は誰であろうと非決裁者です。


患者は決裁者じゃないのか???



と言う疑問を持たれる方もいるかも
知れませんが、患者は医療のことは
分からないので、医師に治療については
委ねる筈で、医師の許可が無ければ
そのデバイスが採用されることも
無い訳ですので、結局お客様は
お医者様だと言うことです。



なので、当たり前ですが、
決裁者と非決裁者では営業マンの
態度はガラリと変わります。


医師についてはヨイショヨイショで、
それ以外は普通です。


それがいいか悪いかと言うよりも、
営業マンと言うのは仕事柄、
どうしてもそうなりがちだと言う訳です。


昔から「お客様は神様だ」とか
言われたりしますが、営業マンに
とっては医者こそが神様であり、
それ以外は普通の人間です(笑)


で、翻って前職の僕を含む医療スタッフは
どうかと言えば、医者は立場上、
上の立場には相違無いけれども、
決して神様ではありません。


同じ医療資格を持つ身である以上、
人間的にはイコールの存在であり、
指揮系統として立場が分かれている
だけのことです。

ましてやお客様ではありません。



なので、同じ院内で働いているとは
言え、営業マンと医療スタッフでは、
意識の持ちようが大分異なる訳です。



そして、ここからはちょっと
憶測ベースになってしまいますが、
外資系営業マンは普通の会社の
営業マンと比べ、成果主義の色合いが
濃いように思います。



実際、ペースメーカの営業マンと
お話すると、割と転職組が多かったり
します。


前職は全く関係の無い、清掃関係の
お仕事だったりと言った話も聞きます。


つまり、人生のキャリアアップで外資系に
辿り着いた人が存外いる訳で、
何故外資系と言う、一見敷居の高そうな
所への転職が可能だったかと言うと、
それは外資系が成果主義での評価を
徹底しているからだと思われる訳です。


つまり、福利とか老後とかは
日本企業程は手厚くできないけれども、
バリバリ働いて成果を挙げてくれれば、
インセンティブは弾むよ♪・・・って言う
ことを謳う会社だと言うことです。


で、多少の不安定さをトレードオフに
しつつも、バリバリ稼げる可能性に
賭ける上昇志向のある人が、
外資系企業への転職を決意し、
全く畑違いである医療のことも
OJTでガリガリ知識を吸収しつつ、
現場で立ち働いていると言う訳です。



医療スタッフが、

「安定の為に」

とか

「どうせ働くなら誰かの為に」

と思ってその仕事に就くのとは
大きく違います。


そして、営業マンである以上、
ペースメーカを売り込んで
行かないといけないので、一つの
病院だけでなく、複数の病院を
走り回っている訳です。


東京都内なら面積も狭いし
公共交通機関も発達しているので、
移動自体はそれ程苦にならないと
思いますが、地方で、特に県の面積の
広い所は大変です。


例えば僕は新潟の上越に住んでますが、
上越は新潟で下側の方で、真ん中に
ある長岡へは高速道路で1時間半は、
新潟市までは2時間超はかかります。


なので、地方のエリアを対象にしている、
医療系外資系の営業マンは、それだけ
体力的にも大変な筈で、それを
ものともせず走り回っていると言う
ことはそれだけガッツがあると
言うことでもあります。


だから彼らから見れば、一つの
病院に留まっている僕らは、
何だかのほほんと呑気に生きている
ように見えたとしても不思議では
ありません。


色んな病院を走り回り、決裁者である
お医者さんとの関係作りに頑張り、
病院からの要請で、医療スタッフが
行うべきだと思われる検査業務にも
携わる。


そしてその営業マンの最大の喜びは、
新規の患者に自分の会社のデバイスが
採用される=購入されることです。



なので、外資系にキャリアアップしたいと
言う人は、それだけのことを
是非覚悟して下さい(笑)


ペースメーカの営業マンとお話して
いると、海外旅行の為に連休を取るとか
言う話がさらっと出たりしますので、
上手く行けばそれだけの給与は
弾む筈です。


でも普段はガッツで荒野を走り回り、
サバイバルさながらに新たな獲物を
獲得する為に東奔西走します。



大分長くなりましたので、
今回はここまでにしたいと思います。




( ´∀`)ノ<参考に、どうぞ。


それでは


アデュー


心理カウンセラー


山崎大和でした。






P.S.

上念司さんの、
『経済で読み解く日本史』
シリーズにハマってます。

おもろいです。




応援クリックしてくれると、
気が狂う程気持ちええんじゃ(*´Д`)↓

ブログランキングリンクバナー
心理学ランキングへ


◆僕を応援したい方は下記リンク先を紹介して下さい(・ン・。)
メンタルブロック解除人 山崎大和オフィシャルサイトまとめ


◆メルマガ始めました。その名も「ゼロスタ通信」
メルマガリンクバナー

◆ただ今アンケート実施中!

◆ただ今寄付金募集中!

◆メンタルブロック解除人 山崎大和オフィシャルサイト

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
僕の心理学のスタンスは以下の記事で解説しております↓

・NLPについて
・そろっとまとめに入りますm(_ _)m
・メンタルブロックって何やねん?
・寄り添い型、解決型
・精神科と心療内科の違い
・大和流NLP誕生記念日
・概念の網にかける
・痛みを無くすことが先では無い
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

◆僕の記事内容の紹介は許可なく行って頂いて構いません(*^ω^*)
その際はリンクを貼って頂けると有難いです。




――――――――――――――――――――――――――――
【今日の業務連絡】
ツイッターで、1日の
フォロー数を10から30垢に
増やしました。

フォロワー数が増えて来ると
離脱者等の増減も激しくなって
来たので。