概念の網にかける | 心にソフトな革命を

心にソフトな革命を

NLPを用いた過激派若手心理カウンセラー、メンタルブロック解除人こと山崎大和(やまざきやまと)のブログ



【秋を感じさせる風景】

至る所でススキと、
黄色が特徴のセイタカアワダチソウを
見かけます。




何気にセイタカアワダチソウは
要注意外来生物に指定されてるみたいです。

僕の地元はかなり侵略
されまくってますねー。





こんにちは、
貴方のハートにレボ★リューション!
メンタルブロック解除人の大和(やまと)です。


僕は何か興味のあるものを
観察・鑑賞したりする時には、
細かな特徴の一つ一つに関連する
言葉を作ることが好きです。


例えばですけども、
皆さんは自動車の各部品・部位名について、
どの程度知っているでしょうか?


僕はパッと出て来るものと言えば、
ブレーキペダル、
アクセルペダル
ハンドル、
フロントガラス、
サイドミラー、
バックミラー、
シートベルト、
ワイパー、
タイヤ、
エンジン・・・
位ですかね。


後は映像は思い浮かぶけど
名前がよく分からなかったり、
正式名称なのか分からなかったり
します。


じゃあこの他にどんなものが
あるか調べてみた所、
これだけありました。


ボンネット、
ドアパネル、
サイドウィンカー、
フロントバンパー、
マッドフラップ、
リアフェンダー、
スカート、
ヘッドレスト、
ドアアームレスト、
ベンチレーター、
サイドステップ、
ルーフ、
メーターパネル、
オーディオコントロールパネル、
カウルトップ、
ドアロックノブ、
ドアインナーハンドル、
ドアアウターハンドル、
シフトレバー、
ドアウィンドウ・・・等々。


これらは外から見て分かる部品ですが、
内部構造に入ると、
また色々な部品名があります。


普段運転する上では
そこまで覚える必要は無いですが、
部品・部位名を知っておくことで、
それだけ細かな所に注意が向く
ようになります。


逆に名前の付け方が大雑把ですと、
その分曖昧に大雑把にしか
対象を捉えられなくなります。


これが単語の持つ効果何ですね。


なので人間は興味・関心のあるものには
多く名前を付け、関心の薄いものには
大まかにしか名前を付けません。


例えば、日本人は
草木や魚については豊富な名前を
知っています。


漢字(一字)になってる魚では
鮎(あゆ)、鰤(ぶり)、
鮭(さけ)、鱒(ます)、
鱈(たら)、鯉(こい)、
鯛(たい)、鯖(さば)、
鰹(かつお)、鮪(まぐろ)・・・等々。


漢字(一字)になってる木では
梅、松、竹、榊(さかき)、桜、
杉、欅(けやき)、桑、椚(くぬぎ)、
楠(くすのき)、桂、榎(えのき)、
柳、柊(ひいらぎ)、楡(にれ)・・・等々。


しかし、反面、日本語では
家畜や星についての名前が少ないです。


例えば日本語では牛といったら、
乳牛、畜牛、子牛、雄牛、雌牛・・・
位の名称しかありませんが、
これが英語になりますと、


cow(乳牛)
bull(去勢しない雄牛)、
ox(去勢した雄牛)、
calf(子牛)、
steer(去勢された雄の食肉用牛)、
bullock(去勢された雄の荷役用の牛)、
heifer(子を産んでいない若い雌牛)、
cattle(牛の総称)・・・

と沢山あります。


星と言うと日本語では
日とか月とか昴(すばる)位しか
思いつきませんが、英語では


スピカ(Spica)、アルタイル(Altair)、
ベガ(Vega)、シリウス(Sirius)、
アンタレス(Antares)、デネブ(Deneb)・・・

とカッコイイのが結構あります。


つまり、日本人は草木や魚については
生活に密着していて関心があったけど、
家畜や星についてはさほど関心が無かった
と言うことが単語の数から分かって来ます。



さて、よく僕は心理学に関連する言葉を
取り上げたり、自分で作ったりしてますけども、
これはそれで対象を分析してレッテルを
張りたいと言うよりは、兎に角名前を付けた
方が観察・考察しやすいから、
言葉遊びの感覚で名前を付けてると
言う感じです。


そう言えば、僕は最近気管支がゆるくて、
よくむせるので気を付けているのですけど、
どう言う時にむせやすいのか
注意したいのであれば、
ネットサーフィンしてる時に咳き込むことが
多ければとりあえず

「ネットサーフィン咳き込み症候群」

と言う単語を作ってしまえばいい訳です。


そうして、それから幾日か注意してみると、
実はリラックスしてる時にむせやすいと
分かった場合には、


「ネットサーフィン咳き込み症候群」



「リラックス時咳き込み症候群」

とでも改名しちゃえばいいんです。


結構専門用語ってこんな感じの
言葉遊びから生まれたものが
多いです。


このように、関心度の高い対象を
注意深く観察・考察する為に細かく
概念を付けていくことを、僕は
概念の網にかける」と呼んでます。


概念の網にかける時のポイントは、
徹底的に緻密にやることです。


徹底してやることで、
概念の適用自体がふさわしいかどうか
のチェックにもなるんです。


ここが中途半端で不徹底だと、
単なるレッテル貼りにしか
ならないことが多いです。



(´・ω・∩ <参考にどうぞ。



それでは


アデュー


心理カウンセラー


山崎大和でした。






P.S.

先程、みんなのうたで放送されてた
『月のワルツ』にハマってました。

みんなのうたって割と神曲が
ありますよね。

みんなのうた「月のワルツ」






◆メルマガ始めました。その名も「ゼロスタ通信」

◆ただ今アンケート実施中!

◆ただ今寄付金募集中!

◆メンタルブロック解除人 山崎大和オフィシャルサイト

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
僕の心理学のスタンスは以下の記事で解説しております↓

・NLPについて
・そろっとまとめに入りますm(_ _)m
・メンタルブロックって何やねん?
・寄り添い型、解決型
・精神科と心療内科の違い
・大和流NLP誕生記念日
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

◆僕の記事内容の紹介は許可なく行って頂いて構いません(*^ω^*)
 その際はリンクを貼って頂けると有難いです。