使命に生きていたワタシ


「命を使う」と書いて【使命】


宿命と云う
逃れられない受動的な生き方から

自らの命を使うと云う
能動的な生き方に変換してくれた使命 



私がこんな環境で生まれたのは
“使命”があったから 

私があんな辛い目に遭ったのは
“使命”を全うするため


使命に生きることで
どれだけ救われてきただろう


そして


使命のために
どれだけ自分を押さえつけてきただろう





覚醒してからは

もう使命はいらなくなった




使命という制限を外して
自由に生きたらいいよ


そう言われたような気がした。




そうか、そうなんだ


【使命に生きる】から


自由になったんだ。



  
使命で押さえつけていた自分を解放し
心は穏やかに自由になった。


 
一方で

使命で生きてきた

すべてを使命のために費やしてきた

私の人生のすべてだった

その私の感情が涙する。



こんなに頑張ってきたのに!

こんなにやってきたのに!

あんなに自分の感情を殺してまで
使命に生きてやってきたのに!



そんな感情が

組織に向かったり

身内に向かったり

自分自身に向かったり


出る先は人それぞれ




このやるせなさ
この行き場のない感情

マグマのようにフツフツと湧き上がる


もう無くなったと思っていたけど、
こんな感情がまだ私の中にあったんだ。




使命を胸に生き

使命を信じて

やってきたからこそ

開いた世界があったし

一つも無駄だった事なんてなくて



ただただ、

一生懸命に生きていた

その瞬間瞬間のワタシ





何を信じていたとか

どう行動してきたとか


そんな事以上に

私は必死に私の人生を生きていた。


そんな自分を誇りに思おうよ。





私の人生に

無駄だったことなんて一つもなくて

騙されたことなんて一つもなくて



ただただ


そこには


懸命に生きてきた証と


経験があるだけ。






ありがとう、ワタシ。



こんな想いも

こんな感情も

こんな経験も


私だから出来たんだ。




ありがとう。











このブログは創価学会2世として生まれ、
女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。

 

 

 

 

今日はウェブ上で

 

青年部総会?

 

が行われているらしいですね。

 

 

 

バリ活の親から

パソコンから視聴しようとしたけど

 

「音が出ない、どうすればいい?」

 

と電話がかかってきて知りましたキョロキョロ

 

 

 

私は非活だし

聖教新聞もとってないから

知る由もなく。。。

 

 

 

わたし 「何を視てるの?」

 

親  「ほら、青年部総会やってるやろ?」

 

わたし 「あぁ・・・」(そうなんだ、初耳~)

 

 

どう考えても総会のこと

わかってない風なわたしの反応笑い泣き

 

 

 

 

バリ活の両親と熱量の差を感じる、

 

同じような気持ちになったことがある

 

覚醒者の方、いらっしゃる?

 

 

 

 

私と同様に創価から覚醒しても

活動家の親や兄弟、

親戚、近所の学会員に

わざわざそれを宣言していない人も

結構な数いるでしょうし、

 

どう言葉を返そうか

どう伝えようか

 

モヤモヤするって人もいると思います。

 

 

 

その心中、深くお察しします。

 

 

 

〇言っても理解されない

 

〇逆に面倒なことになりそう

 

〇心配させる

 

〇説得に来られる

 

 

これは内部にいたことがないと

なかなか理解できない感覚ですもんね。

 

 

 

こんなモヤモヤする感情が湧いてきたら

 

 

信じている家族に

 

打ち明けている、黙っているに関わらず

 

私が心がけている方法を

 

参考までにお伝えします。

 

 

 

 

 

それは、

 

【問題視しすぎない】

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

その信仰を心から信じて

 

取り組んでいる人にとっては

 

それがすべてであり

 

その信仰を否定することは

 

その人の人生を否定することに

 

捉えられてしまうから

 

非常にデリケートな問題であることはわかります。

 

 

 

 

でもね、

 

あなたが

 

【これは問題だ!】

 

と捉えてみればみるほど、

 

相手にそれが伝わり

 

問題が問題を生むという

 

望んでいないサイクルに入ってしまうんです。

 

 

 

 

例えば私がもし、

 

親が創価に騙されているのが問題だ!

親が情報弱者なため真実を知らないのが問題だ!

親に覚醒したことが知られたら問題だ!

親に非活とバレたら問題だ!

 

とかとか、

 

私がそこにばかり思いを巡らし

心配してばかりの生活を送っていたら

 

すべてが【問題である】をベースに

物事を見て判断してしまい

 

焦りや不安から

 

きっと自ら【問題】を

 

引き起こしてしまうでしょうね。

 

 

 

 

だから私は、

 

親にとってはこの信心は

人生にとってものすごく大切にしていること

 

という認識でいますし、

 

その組織や信仰のルール上で

生きたいという親の自由も受けとめ、

 

 

そして私は覚醒して

そのルールではもう生きてない

 

 

 

その違いがあるだけの話で

それを問題視しすぎない様にしています。

 

 

 

 

 

そんな風に割り切って思えない!

 

って人もいるかもですが、

 

「それは問題だ!」という思考に

 

のまれればのまれるほど

 

悲しいかなどんどんその問題が

 

大きくなっていっちゃうんです。

 

 

 

 

 

それって嫌ですよね?

 

私はそれが嫌です。

 

 

 

だから、

 

「問題視しすぎない」

 

ってことが超重要だと思っていて、

 

 

 

 

私も今回みたいに

 

親にアレコレ言われそうな時にこそ、

 

 

親の生き方と

 

自分の生き方が違うことを

 

”問題視しない”

 

ように心がけていますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログやMeの考えに共感し

より本来の自分らしい人生を歩みたい方、

Meと繋がっていきたいと思われる方は

LINE公式にご登録ください~(^^)

↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

このブログは創価学会2世として生まれ、
女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。

 

 

 

 

 

大きな声で言いたい!

 

 

罰なんてない!

 

罰なんてない!

 

罰なんてない!

 

罰なんてない!

 

罰なんて

なーーーい!!!

 

 

 

 

 

 

「罰論」 や 「謗法」

学会ではお馴染みの言葉ですが、

 

一般家庭の人でも

おばあちゃんから

 

「〇〇したら罰が当たる」

と聞かせれてきた人もいると思う。

 

 

 

それって昔の子供を守る知恵

だったんじゃないかと思ってます。

 

ご先祖様を大事にしないと罰が当たるよ!

⇒家を守る文化=生き延びる知恵

 

あの池に近づいたら罰が当たるよ!

⇒溺れないよう子供の命を守るため

 

とかね。

 

 

 

 

 

恐怖心や不安を掻き立てることで

自分の命が守られることがある。

 

 

だから恐怖心そのものは

決して悪いものではないんだけど、

 

 

命を守るどころか

 

罰論で心がすり減って

 

怯えながら生きる人生ってどうなん?!

 

 

 

 

何度も言う、

 

罰なんてない!

 

 

 

もういい加減

 

罰に怯えて生きる生き方を

 

本気で変えてみませんか?

 

 

 

 

 

罰を作り出しているのは2つ!

 

 

①刷り込み

 

人間の脳は

「恐怖」や「不安」を避けようとします。

 

「罰が当たる」と何度も聞かされると

恐いのでそれを避けたい心理が働く。

 

そうすると

「罰が当たりたくないから」

という理由が最優先され、

 

本当はやりたくない事や

やらなくていい事をしてしまいます。

 

 

 

自分にとって不都合な事が起こると

「あれをしたから罰があったのかも」

現実と罰を結びつけます。

 

 

トラブル

病気や怪我

人間不信

家庭不和や離婚

不運や死別

 

一般的に【不幸】や【良くない事】

とされることが起こった時に

特にそう感じやすいです。

 

 

 

でもその【不幸】と思い込んでいる

その出来事の解釈を変えたら

人生にプラスでしかないギフトかもよ?

 

 

病気になった

⇒体を整え健康になるチャンスかも!

 

職場が嫌で苦しい

⇒本当にやりたい仕事に転職するチャンスかも!

 

夫が失業

⇒力を合わせて新しいパートナーシップを築くチャンスかも!

 

離婚

⇒新しい人生のスタートになるチャンスかも!

 

 

 

いわゆる【不幸】と感じる出来事。

 

それは、

 

何かしたからとか

ダメな事ではなく

 

自分の人生はもっとこうありたい!

という願いを知る機会になる。

 

 

不幸なんて誰も感じたくないのはわかる。

 

でもその出来事があったから

成長できたり、良くなっていく事がある。

 

 

 

 

「罰が当たったらどうしようガーン

 ↑ ↑ ↑

あなたの頭の中で

繰り返しエコーしている

この声こそが

罰を作り出しています。

 

 

 

そんな「頭の声」が聞こえてきたら

 

「大丈夫」

「大丈夫」

「大丈夫」

 

そう何度も何度も

自分に優しく言ってあげてください。

 

 

 

私も覚醒当初は

「罰が当たったらどうしようえーん

って思っていたけど

 

1年も経たぬうちに

「罰なんてないわ~照れ

ということがよくわかり、

 

3年経った今では

「罰当たるなら当たってもいいよん爆  笑

どうせそんなモノは私の世界にはないし口笛

となりましたww

 

 

 

 

 

②都合がいい人たちがいる

 

家族や周りの学会員さんたちが

罰が当たるからどうのこうのと

あなたに言い続けるのは、

 

罰論を信じ込み

あなたを心配しているからだけど、


 

もっと上のトップ指導者層にとっては

罰論があった方が

都合がいい人たちがいるんです。

 

 

 

理由は簡単で、

恐怖心や不安を煽ることで

人をコントロールしやすいくなるからです。

 

 

世の中のカラクリを知ると

学会組織だけでなく

結構この心理は多様されている

ことに気づきやすくなりますよ。

 

 

罰論に支配されて

コントロールされ続けたいですか?

 

 

 

 

 

何度でも言う、

 

罰なんてない!

 

 

 

罰論で心がすり減って

 

怯えながら生きるのをやめたいなら、

 

罰論にバイバイバイバイしちゃいましょー

 

 

 

 


 

このブログやMeの考えに共感し

より本来の自分らしい人生を歩みたい方、

Meと繋がっていきたいと思われる方は

LINE公式にご登録ください~(^^)

↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 


 

このブログは創価学会2世として生まれ、
女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。

 

 

 

 

 

親との関係で悩んでいる人は

世間を見渡せば珍しくはないけれど、

 

学会2世、3世になると

ベースは同じなんだけど

 

その苦しみの色合いが

世間のソレとは少し違ってくる。

 

 

 

 

同じ学会2世、3世でも

親子関係が良好な人はいいけれど、

 

私のように

自分だけ覚醒した人や

 

もともと活動してないけど

信心のことで親に対して

引っかかりを感じている人に向けて

 

今日のブログを書きたいと思います。

 

 

 

 

私はバリ活の両親のもと2世として生まれ

学会特有の言葉の数々を

幼い頃よりずっと聞かされて育ちました。

 


この信心は絶対

御本尊に祈れば何でも叶う

池田先生はすごい人

学会は正しい

広宣流布のため

罰が当たった・罰が当たるぞ

祈らないからそう(悪い結果)なった

ちゃんと勤行しなさい

お題目をあげなさい

会合に行きなさい

家庭訪問に来てくれているんだから出なさい

会合あるから早くごはん食べなさい

宿業がでた・それは宿業

などなど

 

 


子供は両親から

ものすごく影響を受けて育ちます。

 

 

親から刷り込まれたこれらの言葉が

私を呪いのように苦しめたこともあった。

 

 

勤行しなかったら悪い事が起こる滝汗

信心から離れたら不幸になるゲロー

 

 

そんな恐怖心を

小さい頃から植え付けられてきたんだからチーン

 

 


子ども側の気持ちとして

また心のことを学んできた者として

 

よくもまぁ、子供に悪影響のある言葉を

これだけ刷り込んできたよな~ショック

ってビックリするわ。

 





学会の庭育ちでは

あるあるな内容ですが、

 

上差しこんなこと言われて育ったんだ~

って一般家庭で育った人に話したら

絶対引かれるやつですよね汗

 

 

 

世間から見れば

 

「宗教に狂った親が

 子どもを洗脳をして…」

 

と非難されそうな内容かもしれない。

 

 

 

子ども側の気持ちも様々で

 

親のせいでと苦虫を噛む人

親の勝手と冷静に受けとめてる人

親ともめたくなくて組織に属する人

親を正当化したくて受け容れる人

親の期待に応えたくて頑張る人

親の言うままなんとなくな人


いろいろなタイプがいる。


家庭環境や親の考え方で接し方も異なる。



 

 

 

親が学会員であることでの

 

面倒くささや

やるせなさや

いがみ合い

不満

憂鬱さ

しがらみ

苦悩

 

いろんな感情が湧き起こることもあった。

 

 

 

 

 

でもここで立ち返って

一度考えて欲しいのは、

 

 


親はあなたに

苦しみを与えたくて

 

この信心を強要したんでしょうか?


教義を伝え続けてきたんでしょうか?


正しいと言い続けてきたんでしょうか?


祈り続けてきたんでしょうか?

 

 


きっと違いますよね。

 

 

 


親はあなたに

幸せになって欲しくて

 

信心を強要したり


教義を伝えてきたり


正しいと言い続けたり


祈り続けてきたはずですよね。

 

 

 




親から受けた呪縛の正体

 

それは実は、

 

すべて親からの「愛情」 

 

だったんですよ。
 

 

 

 

そこには我が子を思う

 

「愛情」しかなかった。

 

 

 

 

その愛情の形は

あなたにとって

 

苦しいものだったり

望む形でなかったり

押しつけだったり


時に呪いの言葉になったかもしれない。

 

 

 

 

でも本当の姿は


そこには「愛情」しかなかったんです。

 

 

 


苦しいのは

その愛情がもつれてしまったから。

 


親の愛情だとわかっているからこそ

本心を言えない人もいるでしょう。


 


 

からまった愛情の糸の

もつれを解くには、

 

 


親の人生は親のもの

 

あなたの人生はあなたのもの

 


 

それぞれの人生・生き方は

違うことをまず認識すること





それが「わかる」と


親子であっても


違う人間だと「分けられ」

 

もつれた糸は


解きやすくなっていきますよ。

 

 

 

 

 

 

このブログやMeの考えに共感し

より本来の自分らしい人生を歩みたい方、

Meと繋がっていきたいと思われる方は

LINE公式にご登録ください~(^^)

↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

このブログは創価学会2世として生まれ、
女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。

 

 




私のブログを読み


共感してくれる人がいれば

嫌いと感じる人もいて

どうでもいいと思う人もいる。

 

 


読む側が持っている

 

心の 「何か」 に反応して

 

判断している。




でもブログで出している

 

「私」だけが本当の「ワタシ」

 

でもないんですよ。

 

 

 


「私」の中には

いろんな「ワタシ」がいて、

 

ブログの私も本当のワタシ
家族といる私も本当のワタシ
友だちといる私も本当のワタシ
職場での私も本当のワタシ

組織にいた私も本当のワタシ

 

優しいワタシ

思いやりのあるワタシ

冗談を言うワタシ

 

ズルいワタシ

自己中なワタシ

暴言を吐くワタシ


 

人は意識・無意識に関わらず
 

相手や場面や環境によって


多様な自分を

 

出したり引っ込めたりしてる。



誰もが多重人格とも言える。


それは大人になるにつれ

社会で生きていく上で身につけてきた

ごく普通のことだと想像すればわかる。





だから私の一部を見て

すごく共感したとしても

 

違う面を見れば

そんな人だったのと驚いたり

 

期待通りでないと

違和感や不快に思う人もいるでしょうね。

 

 


逆に

すごく嫌いだと思っていた相手でも

違う一面を知ると共感に変わることもある。

 

 

 

某・会長を訝しげに見ている人も
大好きな趣味が同じであれば
その話においては意気投合して
楽しんで話せる相手かもしれない。


ネットでやり合った憎い相手が
同じ様な過去の苦しみを持っていて
その話を聞けばお互い涙しながら
親友のように仲良くなれるかもしれない。





共感し好意的にもなれば、


違いを知り拒絶したりする。



人間だからお互いの

好き・嫌いはあっていい。

 

 

 

だけど

 

「人にはそれぞれに多面性がある」

 

ことを認め合うことはできるよね。

 

 



相手に振り回されたと感じるソレは

 

実は自分の心の投影だと知ると

 

目の前の出来事が違った色に変わる。

 

 

 

許せない人がいれば

自分を許せないあなたがいる

 

負けたくない人がいれば

自分に負けたくないあなたがいる

 

他人に厳しい人がいれば

自分に厳しいあなたがいる

 

 

 


目に映る現実とは


出来事そのものより
 

その出来事を通じて
 

「何をどう感じたか」 
 

自分の心を投影して現れているから。

 

 

 

 


 

このブログやMeの考えに共感し

より本来の自分らしい人生を歩みたい方、

Meと繋がっていきたいと思われる方は

LINE公式にご登録ください~(^^)

↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 


 

このブログは創価学会2世として生まれ、
女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。

 

 

 
 
こんなブログを書いていると
「Meさんは客観的ですね」とか
たまに言われます。
 
 
客観的に物事を見ようとするのは
もともとの性格もあると思うけど、
 

冷静さを装って
実は私は”エンパス体質”みたいです。
 
 
 
 
これも心の事を学んで知ったんですが、
 
エンパスとは
共感性が高い人のこと
 
らしいです。
 
 
 
他人の感じている喜怒哀楽に
影響を受けやすい体質ということです。
 
 

空気を読んだり
気を配れたりと
良い面もありますが、
 

エンパス体質の人は

必要以上に気を張ったり
気を使うところがあるので

 
他人の感情をもらいやすく
疲れやすかったりします。
 
 
心当たりある方は、
もしかするとエンパス体質かも。
 
 
 

この共感能力が高いところは、
信心で捉えようと人のために
組織に仕えるリーダーには
もってこいの性質です。
 
 
人の気持ちに敏感な
エンパス体質の人は、
 
人に気を使う分、
そうでない人に比べて
エネルギーを非常に消耗しやすいです。
 
 

学会活動が激しくなるにつれ
忙しさのあまり
 
体力は奪われ
 
食べ物も粗末になり
 
睡眠も減る。
 
 
そんな生活していたら
普通の人でも気力不足に陥ります。
 
 
 
それを支えているのは
ただただ責任感だけ。
 
 
 
もしかしたら
エンパス体質かも?
と思ったあなた、
 
 
身体が疲れやすいこと
人と会うのが億劫なこと
連絡がしんどく感じること
 
 
それはあなたが相手の感情を
受けやすい体質だからかもしれません。
 
 
 
 
その体質とうまく付き合って
いくことが大切であって
 
それを
お題目が足りない
信心が足りない
責任感が足りない
 
などと思う必要はまったくないですからね。
 
 
安心してください。
 
自分に安心を与えてくださいね照れ
 
 
 
 
 

LINEグループを作りました。

依存ではなく自立した関係性、

信頼し合える仲間とつながっていきたい方、

一緒に心のトレーニングに励みたい方は

MeのLINE公式にご登録ください~(^^)

 

↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

 

このブログは創価学会2世として生まれ、
女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。

 

 




現状に不平不満や悩みがあって

そこから抜け出したい!
願いを叶えたい!


そう思うのは
人間なら当然ある感情ですよね。



その解決策を探して

宗教活動をがんばったり

良くなるらしいという
情報を得ては試したり

人に相談したり

何かを学ぼうとしたり



つまりそれは、

何かが”足りない”から
 
不平不満や悩みという
 
現実が変わらない

と思っての行動ではありませんか?



以前ブログ↓でも書きましたが


 
 
方法論ばかり追い求めるだけでは

逆に現実が変化しづらいこと

起こることがあるんですよね~。
(経験者語る)




そういう時は、
 
何かを足そうとする
 
マインドから一旦離れて

「やめること」に意識を向ける
 
のが、とても有効です。




当たり前と思っているけど

本当はやりたくないこと

本当は面倒くさいこと

本当は断りたいこと


それらを
やめてみてください。



現状の不平不満、悩み、不安と
直接関係のないことでOKなので、
 
今より幸せ時間を増やしたい人は

日々の生活の中で起こっている
小さなことからでいいので
ぜひ「やめる」をやってみてくださいニコニコ




私がこれをやり始めた時は
主に家事からスタートしました。
 
参考までに
「わたしがやめた事」を
書いてみますね。
 
値段で買う買わないを決めるのを止めた
100円の豆腐じゃなく
欲しいと思った120円の豆腐を買うなど。
数十円単位から徐々にww
 
ふきんを洗うのをやめた
使い捨てのものに変更
 
料理したくない日は作るのをやめた
外食か、お惣菜やカット野菜を利用して
作業時間を減らす
 
 
家事以外にも、
 
年賀状を出すのをやめた
会いたくない人に会うのをやめた
自分責めをやめた
などなど
 
学会活動については
覚醒してから全部やめましたね。
 
 

「やめる」ことをやると
損得、罪悪感、責任感、常識と
思っていたことを超える怖さが
必ず出てきますが、
 
それこそがあなたが思い込んでいる
制限や囚われを外すチャンスです!
 
 
この小さな積み重ねが
人生の方向を徐々に変化させていきます。




今より幸せになりたい人
今よりも心が平穏でありたい人は
 
何かを足すこと以上に

何をやめたら嬉しい?

そう自分に問いかけてみてください。


 
いきなりスパッとやめれなくても
3回に1回は断る、やめる
ところからでもOKです。
 
 
 
そして、
それをしなくていい方法を
考えてみてください。
 
 
 
何もわがまま勝手にやめたらいい
と言っているのではないです。
(念のため)
 
 
家族や相手がいる場合は
話し合ったり、
 
自分の本音をぶつけて
お互いを理解し合う努力も
時に必要だったりします。




頭は「悩むため」に使うより
 
「どうしたらやめれるか」
 
「どう伝えたら伝わるか」
 
「どうしたらより自分を幸せにできるか」
 
 
に使った方が、より自分の望む
 
幸せを感じる人生になっていきますよキラキラ
 
 
 
 

LINEグループを作りました。

依存ではなく自立した関係性、

信頼し合える仲間とつながっていきたい方、

一緒に心のトレーニングに励みたい方は

MeのLINE公式にご登録ください~(^^)

 

↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

 

このブログは創価学会2世として生まれ、
女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。






前回のブログで
「なぜ創価学会の活動では行き詰るのか?」
についての講座を設けることを告知しました。


その講座が有料であることに
一言いいたい方からメッセージがきました。


「創価のことでお金をもらうべきではない」
「人のためにと言うなら無料にすべき」
「この様な考えではすべての人を救えない」


そんな内容でした。



この方のように直接言ってこなくても
心の中でそう思っている方も
いらっしゃると思います。


いい機会ですので、
私がなぜ有料で行うのか
再度ここでお伝えしようと思います。




創価学会がらみで悩んでいる人を
サポートするのに有料がダメなら、

活動で鬱になった人を診る
心療内科医も無料

創価トラブルを解決するために
頼む弁護士も無料

すべて無料でやるべきという
道理も当てはまっちゃいますよ。


実際に宗教カウンセリングを
有料で行っている人は世の中にいます。



私に肩書がないから
違和感を感じるのでしょうか?

肩書が必要ならカウンセラーと
思っていただいて結構です。

ただ私自身がカウンセリングとコーチを
組み合わせた方法を行っているので
カウンセラーと一括りに表現することに
しっくりきていないだけです。




私のブログをよくお読みになっているなら
書いているのでわかると思いますが

「世のため人のため」や
「すべての人を救おう」なんて

書いてないし思ってもないし

聖人になろうなんて

これっぽっちも思っていません。




読む側が

私への勝手な期待と想像で


「人のため」

「救おうとしている」


と思い込みで読んでいるから
こういう解釈になるのです。




私の望みは
心豊かで

自分を生きる人たちに囲まれ、

笑顔で健康に過ごしたい
です。

 


せっかくの今回の人生を
自分の可能性を拓いて生きる人たちと
笑顔で応援しあって過ごしたい


だからそういう人を増やしたいし
その為に必要なサポートしたい


それ以上でもそれ以下でもないです。





なぜお金をいただく形を

とるのかについての理由ですが

上記した

私が本当に関わりたい人たちに
エネルギーを使いたいからです。


半覚醒~覚醒した人たちは
学会家族に囲まれた環境に
身を置いている人が多いです。

一人孤独で悩んでいます。
身バレ、顔ばれも怖い。

そんな不安を感じている人たちが
クローズドな環境で集える状況を
整えるのに有料化は必要だという
のが私の考えです。



具体的な理由は次の通りです。


【安心して参加できる環境を提供】

ネット上では様々な考えの人が存在します。

誰でも入れる無料の環境だと

こちらが意図しない

批判的な人や変わる気がない人が

集まる可能性が高くなります。


身バレの不安を取り除き
プライベートが守られる状態でないと
安心して相談し合う環境が作れません。

またお金のやり取りがある事で
私自身への守秘義務も発生し
参加者さんにより安心して参加いただけます。


(もちろん有料無料に関係なく

承諾なく個人情報は他言しませんが)

参加費があることでそれが城壁となり、
本気の人だけが集まりやすくなります。



【クレクレ・マインドの人を排除】

無料相談を行なってきましたが
極一部に相談もせず愚痴だけ吐いていく
人からエネルギーを奪おうとする
クレクレ・マインドの人がいました。

今回の方もそうでした。
私はその方の質問に無料で

ブログで回答しています。

私ができる範囲で私の時間と労力を使い
なにかヒントになればと回答しても
有料講座を出したとたんに

やり方を否定されました。


クレクレやかまってちゃん傾向として、
人から何かを無料でもらうこと
奪うことばかりに集中しているため、

そのマインドのままでは
自分の人生を変えていくことは難しいです。


お金への執着がある人は
「出ていく」お金にばかり着目し、

情報や相手の時間や労力など
「入っている」ことに着目しません。


人生の時間は有限です。
 

私の大切な時間は
自らの力で自分の人生を
より豊かに幸せに暮らしていきたいと
本気で思っている人に使いたいんです。




【自分にコミットするため】

コミットとは
「約束・責任・関る」の意味です。

「自分で自分を幸せにしていく」
そう、自分に約束するために
自分が自分のためにお金を支払うことに
意味があり本気度や取組む姿勢が変わります。

私はブログでワークを無料で

紹介していますが、この記事を読んだ
90%以上の人は実践していないでしょう。

その理由は、
人は無料で得られるものに
価値を感じにくいからです。


無料でもらったバッグと

お金を貯めて買ったバッグとでは

どちらを大事に使おうとしますか?

その心理と同じことが起こります。

これは実際にやった人にしか
わからないと思いますが
私自身も自分のためにお金と時間を
払ってきてそれを実感しています。




 *    *     * 


私のブログは自分の過去を整理したり

癒す目的で書き始めました。


それが誰かの心に響いたり

参考になるのであれば素直に嬉しいです。


そして少しでもお役に立てればと
これまで無料相談に回答したり
私が自分でお金を払い有料で得た情報も
ブログ内で無料でお伝えしています。


無料だけでいいわって方は

有料に申し込まなければいいだけです。


 

 

それでもモヤモヤする人に

ヒントをお伝えすると、


「無料ならいい人」

「お金をとるのは悪いこと」


その「考え」はどこからきましたか?

あなたの過去に経験した

「何か」を基準に判断していますよね?

その「何か」が私の有料講座を通じて


刺激され、解釈をし、


「そんなこと許せない、ダメなこと」


とレッテルを貼っているのです。




「お金」に執着や汚い物という
認識がある人にとっては

お金儲け、私腹をこやして

そんな目でしか私のことを捉えないでしょう。
 

 

 

 


私がどんな説明をしても
どんな意図を持ってそうしていても

「言い訳、キレイ事」

にしか捉えないでしょう。


そうとしか理解できない人も

いるとわかっています。



人の考えは人それぞれです。

その人の常識や認識を

私が決めることはできません。



バリ活とアンチがいくら言い争っても
決着つかない構図と同じです。

「これが自分の常識」
「これが本当の正義」

と各々が思っている色眼鏡で
各々の常識や正義を語るのですから。


私はそんな終わらない論議に

時間を費やすことはしません。




私はこれからも有料でも
カウンセリングやコーチンを行っていきます。

それが気に食わない人や
理解できない人は
私から離れてください。

 



考えが相容れない人の

ブログを読んだり注力するよりも

 

ご自分が共感できる人たちと

過ごす方が幸せですから。

 

 


ここでスッと私から離れられる人は

貴方らしい人生を選択できて

よかったねと心から思います。

 

 

ご自分の正当性を証明したくて

私を正そうとまだ言ってくる人は

クレクレさん、かまってちゃんです。

 

 

 

ごめんなさい、

私はもうクレクレさんやかまってちゃんに

時間を使う気は全くないです。

 

 

本当に一緒に過ごしたい人達にために

講座を申し込んでくださった方のために
これから自分のエネルギーを

精一杯注いでいきます!

 

 

それでも目に余る態度でこられた場合は

親戚の弁護士に相談してそれなりの

対応をさせて頂きますね。

 

 

 

 

そして、こういう事があったからこそ

私のもう一つの願いが浮上してきました。

(この点はクレクレさんに感謝だわ)

 

 

この先、学会組織で思い悩み

心を病んだり、経済苦になったり

サポートが必要な人たちが

どう考えも増えていく一方だと感じます。

 

 

先に覚醒した人たちの中で

そういう方たちをサポートしたい

と思われる方の中から

 

生業としてたくさんの

カウンセラーさんが誕生して欲しい!

 

そんな望みが強く湧いてきました。

 

 

 

 

世の中にカウンセラーは沢山います。

 

でも、この学会という特殊な環境を

理解して話せる人がどれほどいるでしょうか?

 

 

外部の人に説明し理解するのに

どれほど時間が必要でしょうか?

 

 

私も過去に心療内科やカウンセリングを

受けたことがある人間だからわかるんです。

 

 

 

それを思った時に、

相談する側からすれば

 

学会内部のことをよく知ってる上で

フラットな目を持って

カウンセリングを受けられることが

どれほど安心感を与えられるでしょう。

 

 

 

これから出会う

心ある共感者の方たちの中から

素敵なカウンセラーさんも

たくさん誕生するんだろうなぁ~

 

あー、未来が楽しみだ~照れ

 

 

 

 



友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

このブログは創価学会2世として生まれ、

女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり組織から離れ、
自分を生きることを選択した経緯を綴ります。

 
 
 
 
お盆休み中に
女子部時代の後輩と会ってきた。
 
 
彼女は私が非活になったことを知らない。
 
 
活動家の彼女と会うと
絶対に信心の話になるので
会うのを避けていたんだけど
 
 
悩みを聞いて欲しそうだったので
久しぶりに会うことにした。
 
 
 
 
 
彼女の近況や悩みを聞いていて
過去の私とすごくダブって映った。
 
 
女子部から訓練を受けて
どっぷり組織につかって活動し
 
基本まじめで
こうあるべきが強い。
 
 
信心とはこうだ
師匠はこう言われている
 
規則にはみ出ることを許せず
人に頼るのが苦手。
 
 
 
手に取るようにわかる
 
その「考え方」や「感覚」
 
過去の私もそうだったから。
 
 
 
 
 
逆に、彼女と話す中で、
 
私はこの数年かけて
 
自分の中の「制限」という名の鎖が
 
外れまくってることに改めて気がついた。
 
 
 
 
 
私は彼女と話す中、
 
学会の信心と
 
私が実践している潜在意識の
 
根本的な部分は同じことなんで
 
彼女に理解しやすい学会用語を使い
 
彼女の持つその「制限」を
 
ポンッポンッと
 
軽やかに外していった。
 
 
 
 
 
彼女の表情が
みるみる明るくなってきたのがわかった。
 
 
制限が外れると
心が軽くなるから当然のこと。
 
 
制限が外れれば外れるほど
本来の自分を生きやすくなる。
 
 
ただ、人は自分で積み上げてきた
「制限」には自ら気づくのは難しい。
 
 
なぜって
それが当然だという思い込みが強すぎて
その制限があることにすら気付かないから。
 
 
 
その「制限」をゆるめたり
その「制限」を持っていることに
本人が気づきさえすれば
 
意外と簡単に「制限」が外れて
一気に視界が明るくなることもある。
 
 
まずは
その「制限」を持っていることに気付く
ことが大事なんですよね。
 
 
 
 
 
最近こうして人と接して
 
その人の不要な制限を外して
 
本来の軽やかな姿になる瞬間に
 
立ち会えサポートできることが
 
嬉しくてたまらない。
 
 
 
ああ、楽しい、嬉しい照れ
 
 
 
 
 
なんかもっと制限をとっぱらって
心軽やかに自分の人生を歩みたい!
って望む人たちに伝えていきたいという
気持ちがムクムクと湧いてきているので
 
 
今月末あたりに
 
「なぜ創価学会の活動では行き詰るのか?」
 
をテーマに講義?レッスン?みたいな形で
「制限」をとっぱらう内容を伝える機会を
オンライン上で開催したいと考えてます。

 ※講座は終了しました。
 
 
幸せになれるはずの組織で
なぜ行き詰まりが起こりやすいのか。
 
また、覚醒してから
どうしていけばいいのか。
 
どうしたらより自分の人生を
軽やかに生きやすいものにしていけるのか。
 
 
私がどういう風にして
心のあり方を変化させてきたのか。
 
 
そんな内容をお伝えしようと思います。
 
 
Q&Aもお受けしようと思います。
 
 
※講座は終了しました。


友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

このブログは創価学会2世として生まれ、

女子部~婦人部でバリ活だった私(Me)が
非活になり引寄せの法則を学ぶようになった
経緯と今を綴ります。

 

 

 

 

 

 

 

今よりも

 

人生を好転させたいなら

 

誰にでも出来て

 

お金もかからない方法があります。

 

 

 

 

その方法とは日々、

 

【感謝を集める】

 

これだけです。

 

 

 

 

 

拍子抜けですか?

 

 

でもコレ、

 

本当に本当に本当に(しつこいww)

 

本当なんです!

 

 

 

 

 

引き寄せの法則や自己啓発を

学んだことがある人にとっては

 

「感謝ノートを書きましょう」

とか耳タコでしょうけどね。

 

 

一度やってみたことあるけど

効果が感じられなかった人も

 

その理由も合わせて

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

効果があった人と

 

効果がなかった人の違いは

 

何だと思いますか?

 

 

 

 

その人の性格や能力の違いなどではなく、

 

感謝する脳の神経回路が作れたかどうか

 

作れたとしても太く流れがいい状態か

 

によるんです。

 

 

 

 

脳のクセは

数回やったくらいでは変わりません。

 

なぜなら神経回路が作られるまで

ある程度の時間が必要だからです。

 

 

 

初めてボーリングをして

ストライクをだせますか?

 

初めて野球をして

ホームランを打てますか?

 

ビギナーズラックがあっても

連続・連発は難しいでしょう。

 

 

上手くなるには練習が必要です。




それと同じで

人生が好転する

感謝脳のクセ付けの練習

 

 

つまり

新しい神経回路が作られるまで

 

繰り返し作業

★習慣化

 

して定着させる必要があります。

 

 

 

 

 

私も引き寄せの法則を知り

実践をやり始めた頃に

感謝ノートをやってみた事があります。

 

 

最初はこんなこと書いて何になる?

こんなんで何が変わるの?

 

と思いながらも続けました。

 

 

 

 

そして続けていくうちに

何気ない生活の中で

 

すごく小さな事

当たり前と思っていた事

感謝という視点もなかった事に

 

たくさんの感謝する事柄があったんだ

ということに気づくようになりました。

 

 

 

それからというもの、

何気ない日常を送っているだけで

じんわり涙がでるくらい

幸せを感じることが多くなりましたし

 

 

覚醒当初では

信じられないくらい

 

心穏やかに暮らし

願いもどんどん叶って

運もよくなって

 

さらにもっと飛躍するであろう

未来しか感じられません。

 

 

 

これも毎日コツコツと

感謝を集め続けた結果、

 

そういう自分になれたし

現実が変わっていきました。

 

 


 

結局のところ、

 

信心して

願いが叶う人と、叶わない人

 

感謝して

人生が好転する人、しない人

 

 

その違いは、

 

 

⇒脳の神経回路を開拓できた人

 

⇒開拓する前にやめてしまった人

 

 

この差だけな気がします。

 

 

 


人生を好転させたい!と思う人は

 

【感謝を集める】

 

をぜひ習慣化させてみてくださいねニコニコ

 

 

 

 

 

LINEグループを作りました。

依存ではなく自立した関係性、

信頼し合える仲間とつながっていきたい方、

一緒に心のトレーニングに励みたい方は

MeのLINE公式にご登録ください~(^^)

 

↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

@682fhjcb

 

ランキングに参加しています。

 ポチっと応援いただけると嬉しいです↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ