不安な気持ちで仕事に向かう毎日になっています | 幸運体質の作り方 by孫将人

幸運体質の作り方 by孫将人

スピリチュアルで読み解く不幸な人の特徴と幸運体質の作り方


幸運体質の作り方 by孫将人

孫将人、過去コラム 2012年3月8日発表

★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★





前回の「欠乏感と無条件の愛」というテーマのお話で
喜びの声をいただきましたのでご紹介いたしますね。


■□■□■□■□■□
いつもありがとうございます。

「欠乏感と無条件の愛パート3」思考と魂の望みに
ついてとても分かり易い説明に感謝してます。

マインドは諸刃の刃で使いようで素晴らしくも破滅的にもなるんですね。
ハートはlove&Peaceのみなんですね。

前々回の<私から始まる幸せ>はこのフレーズを知っただけで
カチッとスイッチ押された気がしましたが

今回のマインドとハートの仕組みも実践以前に
そのワードを知った時点で既に自分の中で何かが始まった気配を感じます。

ありがとうございます。
■□■□■□■□■□



参考コラム

天からの前払いプレゼント  




> 私から始まる幸せ

はい、マインドの先延ばし戦略に

「あちらが先に実行したら、自分もやる」

というものがあります。


つまり

「ラッキーなことが起きてから、笑顔になる」

という部類です。


逆に

「笑顔だからこそラッキーなことが起きる」

ことも十分にあるのです。


LIKE ATTRACTS LIKE(類は友を呼ぶ)ですので

笑顔に含まれた幸せの雰囲気が、幸運を引き寄せるわけなんです。


マインドが主体ですと、「待っている」状態になります。

そうではなく、ハート(魂)を主体にして

自分から始まる幸せを作り出していくことで

さらにハッピー&ラッキーな人生を歩むことができるんですね。


始まりは常にハートからです。


マインドが考え出した「得しそうだから」
「儲かりそうだから」だけでは長く続かないものです。


ハート(魂)から出たものに
継続する喜びと豊かさが隠されています。。。




━━━━━━━━━
☆孫将人(そんまさと)コラム
前回のおさらい
━━━━━━━━━


海外在住の非常に感受性の強い
お嬢さんについての相談に対して

*************
○ 周りの小さな評価と自分自身の未熟さ
この2つににうんざりしているのかも。
○ 人より抜きん出た才能や容姿は天からの前払いプレゼント
○ 周りの評価に応えようとしなくてもよい
○ 自分にうんざりするのは「巧妙な逃げ方」
○ 天からのプレゼントとは、チャレンジでもある
*************

とお伝えしました。


人より容姿がキレイであったり
特別な才能(音楽などの芸能分野など)がある場合

自分自身の評価と周りの評価に
大きな隔たりが出てくることがあります。


そして、自分が表現したい世界をまだまだ表現しきれていないのに

未熟な状態であっても、手放しで周りから喜ばれると
余計に孤独感が増してしまうものです。


*************
これが自分嫌い、世間嫌いになる要因ですね。
*************


ただこれは、周りの評価に応えるという前提があるからなんです。


不理解な周りの人の評価に

応えようとするのではなく


もっと大きな視点

天の評価に応えようとしてみてください。


それが、生きること=チャレンジなんです。

━━━━━━━━━
☆孫将人(そんまさと)の
スピリチュアルQ&A
「ミスをなくそうとするのではなく。。。」
━━━━━━━━━

孫将人(そんまさと)のスピリチュアルQ&Aは
読者さんからの質問に孫将人がお応えするコーナーです。


http://enq-maker.com/flgMldN
↑で質問や取り上げてほしいテーマを受け付けています。

メルマガの頻度と比べ、質問がたくさん来ておりまして
全てのご質問にお答えできないことがありますが
できる範囲でお応えさせていただきますね。


■□■□■□■□■□
Q.今の仕事に就いて26年近くになります。

その時期によって仕事の内容は少しずつ違いますが、年数はベテランの域ですよね。
でも、自分には年数ほどの力が付いてきていないと痛感する日々なのです。

かえってだめになってきているんじゃないかと思うくらいです。

些細なミスをする度に

「やっぱりだめだ、この先人に迷惑をかけて仕事をしていくのは嫌だ」

と落ち込むことがよくあります。

そう思ってしまうとますます萎縮して、不安な気持ちで
仕事に向かう毎日になっています。

こんなとき、どう気持ちを整理して仕事や同僚に相対していけばいいのでしょうか。
■□■□■□■□■□


A.はい、ご質問ありがとうございます。

お仕事にも職人さんのような専門職があれば
こまごまとしたこともこなす一般職もあります。

職人さんはミスは許されない世界ですが

たとえ、職人さんであったとして
常に試行錯誤をしているものです。

また、パイロットも高度な専門職であり
人命を預かる仕事ですが、飛行機の設計では
ミスを前提に、飛行プログラムが組まれているといわれています。


*************
このようにどれほど年数を重ねた
ベテランであってもミスはしてしまいます。
*************

ですので、ミスをなくす取り組みも大切なんですが


ミスをした後の挽回の準備をすること

はさらに大切なんです。


つまり、仕事で心がけることは


ミスをしないことだけでなく

ミスをしても、致命的な状況にならないように

日ごろから、お客様や同僚に


*************
融通が利く(顔が利く)』ように意識してください。
*************


どんなことでも破綻は起こりえますので
ミスをしないように頑張るのではなく


ミスであったり、何かが破綻したときでも
致命的な状況にならないように準備しておくことも


『大切な仕事』

なんです。

『大切な仕事』とは


*************
お客様、取引先の人たち
同僚などと、日ごろから仲良くなっておくことです。
*************


そして、お互いが融通しあう状況を作っておくことです。

つまり、業務的な付き合いではなく
家族として、友として助け合う仲を作っていけばよいのです。


これは自分からそのような環境を作っていきましょう。


たとえば

業者さんに依頼していたもので、納期が遅れるようでしたら
単に非難するのではなく、間に合うようにこちらもお手伝い
できることは何かないかを聞いてみてください。


また、仕事以外でも相手が困っている
状況を聞いて解決してあげてみてください。



そのように仕事以外の付き合いを意識することで
自分がピンチになったときでも、融通が利くようになります。


これがとても大切なポイントなんですね。


そして、同僚や部下が何かミスをしても
あなたの顔」で円満に解決することもできるのですよ。


このように、大きな視点に立って
周りの人をお世話してあげるような意識で
お仕事に取り組んでみてくださいね。

☆─今回のポイント─☆
○ どんな職人さん、ベテランでもミスはしてしまうもの
○ ミスをすることを前提に仕事をする
○ ミスをしても致命傷にならないように準備しておく
○ 仕事だけの付き合いではなく、友達になることで
融通が利くようになる。仕事がスムーズに運ぶ
○ 「あなたの顔」で周りの人のミスもカバーできる
☆─────────☆


ということで、多少のミスをカバーできる縁を育んでみてくださいね。



★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★