そがリウマチ・整形外科のブログ
千葉市中央区の「そがリウマチ・整形外科」は蘇我駅東口から徒歩1分です。
整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科、関節外科の診療を中心に骨粗しょう症治療、予防接種を行っております。
  • 30Aug
    • 東京スポーツ&整形外科クリニック内覧会の画像

      東京スポーツ&整形外科クリニック内覧会

      東京スポーツ&整形外科クリニックの内覧会(東京、北池袋)に行って来ました。院長は菅谷啓之先生で、小生の千葉大学整形外科の同期です。菅谷先生は、日本肩関節学会の会長を歴任するなど、世界的にも有名なスーパードクターです。お祝いの花が、所狭しと並べられ、大変盛大な内覧会でした。東京読売巨人軍、ヤンキースの田中投手、巨人軍の菅野投手、テニスの伊達公子さんなどのトップアスリートからのお花が届いていました。菅谷先生の益々の活躍を期待しております。#スポーツ整形外科、肩関節、菅谷、北池袋、そがリウマチ・整形外科院長

  • 08Aug
    • ㊗️5周年と臨床化学分析装置の導入

      お陰様で、無事に開院5周年を迎えることができました。患者さんをはじめ、職員、関係各所の皆さんに感謝申し上げます。これを機に、当日検査結果がわかる臨床化学分析装置を導入しました。CRPや血算(白血球、赤血球、血小板など)は、以前から、5分で結果が出ましたが、これからは、肝機能、腎機能、コレステロール、カルシウムなどの検査結果も10分ほどで出ます。患者さんのための医療ができるよう、今後も頑張って行きます。

  • 26Jul
    • リウマチのリハビリテーション、運動療法

      リウマチの薬物治療の進歩は、目をみはるほどですが、リハビリテーション、特に運動療法は、患者さんの機能改善に役立つとの研究結果が出ています。実際、何人かの患者さんは、リウマチ薬物治療の効果で、長距離走を再開され、フルマラソンにも出続けています。当院では、リウマチのリハビリテーションに力を入れてやっており、現在、訓練士は6人体制です。普通の人と同じように、運動や、仕事も出来るよう、お手伝いできるよう頑張ります。

  • 04Jul
    • コロナ感染予防対策の強化の画像

      コロナ感染予防対策の強化

      新型コロナ感染予防のため、対策を強化しました。当院では感染対策として、スタッフの検温・手洗い・マスク着用の徹底。 診察、リハビリベットの使用後は、毎回アルコール消毒をしております。飛沫感染防止のためのパーティションの設置、換気の徹底など出来る限りの対策を行っております。皆様が安心して当院を受診出来る様に、スタッフ一同頑張っております。引き続き、検温・マスクの着用・手指アルコール消毒のご協力を宜しくお願い致します。

  • 04Jun
    • 新型コロナとリウマチの関係

      先日、新型コロナとリウマチ性疾患について、製薬会社主催のインターネット国際シンポジウムがありました。北アメリカ、ヨーロッパを中心に新型コロナに感染したリウマチ患者230人についての報告です。リウマチは糖尿病、肺疾患、高血圧などの心臓疾患、慢性腎疾患に比べて、コロナ肺炎の重症化は少ないようです。そして、生物学的製剤はほかの薬剤より安全と報告されました。あまり不安になる必要はありませんが、手洗い、マスク、不要不急な人との接触は避けるなど、感染対策はしっかりやりましょう。

  • 09Nov
    • クリスマスの画像

      クリスマス

      11月に入り、めっきり寒くなりました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?当院は、スタッフにより、可愛らしい飾り付けでクリスマス一色になりました。皆様、体調には、くれぐれもお気をつけください。

  • 07Nov
    • 足とスポーツ専門の先生の講義の画像

      足とスポーツ専門の先生の講義

      11月7日診療後に千葉大学整形外科貞升彩先生に、足の外科の講義をしてもらいました。実際の足、骨のモデルを使い、大変わかりやすく教えて頂きました。理学療法士、作業療法士、放射線技師、院長が参加しました。

  • 26Aug
    • 10000人突破の画像

      10000人突破

      2015年8月に開院以来、10000人目の患者さんが本日来院されました。患者さんには、記念品をお渡ししました。写真掲載に快く、ご承諾下さり、ありがとうございました。これからも、日々精進して参りたいと思います。今後とも、よろしくお願い致します。

  • 16Aug
    • 開院4周年

      おかげさまで、8月3日に開院4周年を迎えることが出来ました。ひとえに、患者さんをはじめ、関係各位の方々のご支援の賜物と、心から感謝しております。この場をお借りして、厚くお礼申し上げます。これからも、日々進歩する医療を提供できるよう、スタッフ一同、精進して参りますので、よろしくお願い致します。

  • 17Feb
    • 人工関節学会の画像

      人工関節学会

      第49回日本人工関節学会が2月15、16日京王プラザホテルで、開かれました。14日に、評議員会、会長招宴(上写真)、16日は座長(下写真)として、参加しました。リウマチの人工関節や感染対策のシンポジウムは興味深く聴かせて頂き、今後の治療に活かしていきたいと思います。

  • 23Aug
    • ロコモ講演会

      緑区保健センターで、ロコモ予防の講演をして来ました。最初に、参加者全員のロコモ度測定をしました。みなさん意識の高い参加者のためか、ロコモの方は少ない印象を感じました。引き続き、私(院長)が、ロコモの定義、なぜ、今、ロコモが注目されているか、ロコモの原因(整形外科的な疾患、変形性膝関節症、骨粗鬆症、腰の変形、リウマチ、筋力低下)、予防方法について講演しました。最後に、渡辺、水澤理学療法士が体操の指導をしました。緑区役所の皆さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。次回は、11月22日に、中央区保健センターで講演します。体操担当は水澤理学療法士です。乞うご期待!

  • 07Aug
    • 開院3周年

      皆様のお陰で、開院3周年を迎えることができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。これからも、リウマチ、整形外科の患者さんのために、職員一同精進して参ります。今後とも、御指導御鞭撻の程、よろしくお願い致します。

  • 05Aug
    • 2018臨床整形学会で、発表して来ました。の画像

      2018臨床整形学会で、発表して来ました。

      第31回日本臨床整形外科で発表して来ました。膝関節のセッションで、院長が人工膝関節の手術の工夫、渡辺理学療法士が人工膝関節術後患者の満足度調査について発表しました。学会は、鹿児島県で行われ、会場からは、桜島がきれいに見えました。

  • 02Jan
    • あけましておめでとうございます。の画像

      あけましておめでとうございます。

      明けましておめでとうございます。お陰様で、開院以来3年目を迎えることができました。昨年は、骨密度測定装置(1)、超音波検査機器(2)そして重心動揺計(3)を新しく購入しました。以前の骨密度測定機は、前腕で測るタイプでしたが、今回購入した測定機は、腰椎と大腿骨を計測する機械です。また、超音波検査機器も、以前のものより、高性能になりました。それにより、骨粗鬆症治療、リウマチ治療そしてリハビリテーション治療が、1ランク向上し、患者さんに、還元出来ると思います。職員一同、今年度も、頑張りますので宜しくお願い致します。(1)(2)(3)

  • 24Sep
    • 骨密度測定器が新しくなりました。

      9月22日より、骨密度測定器が新しくなりました。今までは、腕で骨密度を測っていましたが、腰椎(腰骨)と、大腿骨頸部(股関節)で測れるようになりました。骨粗鬆症による寝たきりを予防するために、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、放射線技師、事務と多職種でやっていきます。

  • 23Jul
    • 緑区保険医療センター

      7月20日緑区保険医療センターで、けがの予防と運動に適した身体作りの題名で院長が講演しました。講演後に、実際の運動指導をしました。渡辺、水澤理学療法士が、個別に参加者の指導につきました。アンケートの結果、講演会の内容理解について:大変よく理解できた (12人/16)本日の内容が今後の生活に:大いに役立つ・役立ちそうだ (全員)印象に残った内容:「予防の大切さ」「転倒しないためには」「バランスの良い食事」「筋肉や筋力は休み続けると回復に何倍もかかる」「実際の体操」「病気の内容」「理論に基づいた体操」「事故やけがに気を付ける事」「姿勢の大切さ」「ロコモ」「スクワット」「体の動かし方」「高齢化と運動」「人工関節の内容」「骨粗鬆症」「手術に向く人と向かない人がいる事」「サプリ効果がない」「食生活と運動」「関節リウマチ」でした。また。これからも医師の講演と理学療法士の実技を続けて欲しいとの声が、たくさん、聴かれました。

    • 日本臨床整形外科学会

      7月16日京王プラザホテルで開催された日本臨床整形外科学会にて発表しました。変形性ひざ関節症と人工ひざ関節患者の、ロコモ度について、発表しました。両者とも、ロコモ度が悪化しており、筋力訓練を中心とした、リハビリテーションが、大切なようです。大変示唆に富んだ質問もあり、今後、症例数を増やし、研究して行きます。

  • 16May
    • リウマチ友の会で講演しました。の画像

      リウマチ友の会で講演しました。

      5月14日、京葉銀行プラザでのリウマチ友の会千葉支部総会で、講演してきました。最初に、済生会習志野病院、アレルギー膠原病内科、渡辺先生が、リウマチとの上手な付き合い方について講演されました。その後、利便性の良いクリニックでのリウマチ治療との演題名で、講演しました。リウマチ治療は、近年、生物学的製剤の使用により劇的に進歩しました。当院でも、100人を超える患者さんが、その恩恵を受けています。一方で、関節破壊が止められない患者さんが、少なからずいます。そのため、リハビリテーション、手術はリウマチ治療において、未だに大切です。当院では、最先端の薬物療法だけでなく、リハビリテーション、手術を組み合わせて治療を行っていきます。乞うご期待ください。

  • 27Apr
    • 体操教室!

      5月より体操教室を月に4回行ないます。おかげさまで、大変好評のため、なかなか予約が取れなかった患者さんも、参加しやすくなると思います。乞うご期待下さい。

    • リウマチ学会に参加して来ました。

      4月20日から22日まで、福岡で開催された日本リウマチ学会に参加しました。今回の学会のテーマは飛躍でした。近年のリウマチ薬物療法の進歩は、眼を見張るものがあり、患者さんの治療は以前よりやりやすくなりました。しかし、まだ真の原因が解明されていず、治療は十分ではありません。さらなる飛躍が必要です。今回、学会に参加して、現在の最先端医療を行ないつつ、患者さん一人一人と向き合いながら、地道に診療をして行こうと、決意を新たにしました。