前の先生はこうだった、言われないために〈袖ケ浦市 ピアノ エレクトーン くらの音楽教室〉 | 袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

千葉県袖ヶ浦 木更津エリア ポピュラーピアノ
ソルフェージュ エレクトーン 個人レッスン
こどものピアノ エレクトーン 大人のピアノ随時生徒募集
いつからでも始められます 無料面談受付中

 

10月の体験スケジュールです

木曜日

 
10/10
19:00-
10/17
18:00-
19:00-
 
10/24
14:00-
15:00-
20:00-
 
お電話の場合はレッスン中で
出られないこともあります、
 
留守電にメッセージを残してください
または ラインからも問い合わせ可能
「公式Lineアカウント」
 

ご質問や問い合わせは

こちらからもできます

「レッスンカレンダーにも

すぐ飛べて便利」

 

レッスンについての問い合わせに

ご利用ください。

友だち追加

 

メールの場合はホームページからできます。

くらの音楽教室

 

自宅のレッスンではあまり

言われませんが

楽器店のレッスンではよく言われる言葉に

「前の先生は○○だった」

というものです

 

例えば以前の先生は

振り替えをしてくれた

とか

都合をつけてくれた

などです。

 

私はこの仕事で必要なことのひとつに

「公平性」だと

思っています。

 

誰かにだけ振り替えをする

誰かにだけレッスン時間を

オーバーする

 

それはもうしてはいけないことだと

思っていますので

えっ、と思うかもしれませんが

みな同じ条件でレッスンをしています。

 

仕上がらないから無料で補講をする

もしていませんし

試験に間に合わないから

無料でレッスンするもありません。

「前の先生はしてくれたのに」

と言われてもそれは前の先生との

御関係での話であって私には関係ありません。

 

発表会に間に合わないからとか

グレード試験に間に合わないから

練習してこないから

ということで悩んでいる先生も

おられるようですが

そもそもそんなことに

ならないように指導力を

高めていきましょう。