保育の中でのうたと音楽としてのうた〈袖ケ浦市 ピアノ エレクトーン くらの音楽教室〉 | 袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

千葉県袖ヶ浦 木更津エリア ポピュラーピアノ
ソルフェージュ エレクトーン 個人レッスン
こどものピアノ エレクトーン 大人のピアノ随時生徒募集
いつからでも始められます 無料面談受付中

 

9月の体験スケジュールです

全て木曜日

 
12日
13:00
14:00
 
19日
16:00
17:00
18:00
19:00
 
26日
13:00
14:00
 

ご質問や問い合わせは

こちらからもできます

レッスンカレンダーにも

すぐ飛べて便利です。

 

友だち追加

 

ホームページは

くらの音楽教室

 
保育科に通うことになった、
専門学校に行くことになったという方も
いらっしゃるかもしれません。
 
私の妹は保育士でした。
時々童謡や季節のうたを
家で練習しては
仕事にいっていたようです。
 
やはり「保育が目的」のうたと
音楽として正しいうたは
目的が違いますね。
 
ピアノやプロの方は
言葉の意味や
息継ぎ、ブレスの深さ及びタイミング
強弱、表情・・と
正しい音楽を表現すること
を求めると思いますが
保育士さんは音楽家ではありません。
 
動画を使ったり一本指で弾いたり
それが一番いい方法だとは思いませんが
それもありだと思います。
 
めだかの学校を私が
「そっーとのぞいて・・」を
そのように歌ったら
「そんなに抑揚付けなくていい」と
バッサリ言われました!!