先生、風邪治りましたか?<袖ヶ浦市  ピアノ エレクトーン くらの音楽教室> | 袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

千葉県袖ヶ浦 木更津エリア ポピュラーピアノ
ソルフェージュ エレクトーン 個人レッスン
こどものピアノ エレクトーン 大人のピアノ随時生徒募集
いつからでも始められます 無料面談受付中

小学生のころ、

健康観察で名前を呼ばれると

「はい元気です」と答えるのが

常套句になっていましたが今日は

レッスン行くと小学生の男の子にいきなり

「先生風邪治りましたか」と

ケアの言葉をかけられました。

 

家族にも言われたことのない

言葉・・・嬉しかったですよ。

 

 

レッスンをしていると色々

気が付く生徒さんがいます。

「ちょっと代わって」と言い私が

模範演奏をしていて楽譜の

めくりが必要な部分になると

さっ、と手を出してめくってくれる生徒さん

 

私が鉛筆で楽譜に書きこんでいると

「ちょっと待ってください」と言って

自分のペンケースから出して

自分でも書きこみを始める方。

やはり、こういう部分の気づきのある方は

成長著しいです。

 

どちらかというと

「親方の仕事は目で見て盗め」

というようよりは

ひとつづつ

「自分で鉛筆を用意して

自分で書きこんでごらん」ということの

方が多いと思います。

 

最近はひとつづつ言うようにしています。

パート譜は作って下さい

楽譜は見開きに作る

シャーペンはダメ鉛筆はBか2B

靴は履き替えるように、

長靴でピアノはだめ

などなど。

 

私の育った時代と違いますから

同じ価値観だと思ってはいけない、

言ってあげるほうが親切だったりします。

IMG_20170601_101115528.jpg